1 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)16:48:31.07ID:AdU9VQfG0
hajime_fujiwara3

モバマスSS

空想がちな肇ちゃんとプロデューサーとの純愛話です

書き溜めた文を分けて投稿しますので、よろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1448869710

広告

2 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)16:53:20.74ID:AdU9VQfG0
縁側で一人ぼんやりいる静かな夜

「起きてこないかな…?」


ぽつりと呟いても響かないなんて久しぶり。


縁側横の畳の部屋で寝ているプロデューサー

今は、大切な人。

──さんと実家で過ごす夜も何度目かな?

オフだからって──さんと一緒に実家へ来て、
当たり前のように上がって。

両親もおじいちゃんも──さんのこと、すっかり気に入ってた


たまに一人でお仕事へ行くこともあるけど、気付いたら──さんが見ている

真剣な表情で見守ってくれて安心するし、何より嬉しい。

終わって声掛けたら褒めてくれて。

たまに『ぼーっとしてた』『見とれてた』
なんて言って困る事もあったけど…。


──さんと会わないオフもあるけど、瑛梨華ちゃん悠貴ちゃんと買い物行ったりするし。

作務衣着て陶工する時はおじいちゃんがいて、釣りに行くのも一人じゃないし…


私が一人でいるのって本当に久しぶり………。
3 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)16:57:46.48ID:AdU9VQfG0
腕を枕にして寝転ぶけど、慣れない姿勢だからちょっと痛い

もう夜だし寝ればいいと思う

でも何だかもやもやとしてて………


このまま寝ちゃうのは惜しく思える…………


…すぅ………




暖かい………

毛布…? 枕…?

寝ちゃってたのかな?

ゆっくり目を開けて


毛布が掛かっていて、枕代わりの太もも

この温もりは、──さんだ…。
4 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:01:52.55ID:AdU9VQfG0
「いつから、居ましたか?」

「! 起きたのか

ほんの数分前だな。

目が覚めたら隣に肇いなくて、
目の前の縁側で横になってる肇がいたから急いで毛布をと…」

「やっぱり寝かけてたんだ。

ありがとうございます…♪」

優しくてきゅんとする…


「…一人で考え事?」

「そうですね。いつも誰かといるから、一人で思い更けてました」

「そっか…。肇はずっと誰かといるもんな」

髪に沿ってゆっくり頭を撫でてくれるのは嬉しいけど…
まだ慣れなくて恥ずかしい

「もう少しいるか…?」

「………。」コクリ

「………。」

一人で思い更けている時には無い暖かみ

私の気分を察してくれて、静かに寄り添ってくれる

この空気が、会話のない二人きりの時間が好き…。
5 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:06:52.01ID:AdU9VQfG0
さっきは気付かなかったけど、

実家の縁側で寝転ぶと、夜空はこんなに綺麗に見れるんだ

暗い夜空を眺めてると、星々に照らされてたあの日を思い出す…



大舞台に憧れ、そんなイメージを重ねるように歌い、踊り…。

いつかの夢では綺麗な空に華やかな衣装を纏い、夢でないような

いつか照らされた中でも一番輝きたい!そんな思いも抱き…。

撮影で桜に思い馳せていた時も

月光と夜桜の風情に負けないくらい美しく輝く…

強い決心を持つと自然と不安や緊張が無くなり

初めて立った大舞台
自分のイメージした姿に辿り着けたと思うと心が踊って…!

一方で新しいイメージや未知のときめきを感じて。

まだこの先にある、私にしか分からない色を と思い…。

再び夜空の下に舞い、あの星々に照らされた頃を思うと景色が違って見える

夜風に委ね、舞い躍る…不思議な感覚

色んなことを知ったからこそ見える、出来るんだと。

新たな大舞台

自分を磨いてばかりで気付かなかった大切さを、ファンの歓声で気付かされ

"肇"って大きな声援を聞いた時には、涙が出そうだった…


長い日々でも本当にあっという間

色々と充実して、アイドルを頑張って本当に良かった…。
6 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:13:42.74ID:AdU9VQfG0
だからかな?

──さんへの…

想いや気持ちがずっとあるのも…。


はぐれたくないから、でも手を繋いでと言う時には気持ちを隠して言い

両親にも──さんをちゃんと紹介したくて実家に招き

また来年も、再来年も…一緒に夜桜を見たい
初めて想いをぶつけ

おじいちゃんが──さんを認めてくれてすごく安堵して

ほんの少しの時間でも、二人きりになれたエレベーターの中

かわいい だなんて言われて、言葉に詰まったり

ペアカップ作ろうと気合い入れたら、形作り失敗しちゃって

ちょっと強引に誘って一緒に泥にまみれ

お仕事を忘れるくらい、温泉街を──さんと歩き回りはしゃいで…


このまま、本当の気持ちを仕舞っているのも良いかなって思ってた
7 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:17:05.85ID:AdU9VQfG0
けど、

もう迷いたくない。

私をずっと支えてくれた大切な…


ぎゅっ


「いててっ!」

「あっ…!ごめんなさい…」

──さんの太もも握りつねっちゃった…

「急にどしたんよ…

今のは痛いって……」

「思い更けてたら…その……」

「よっぽどの事なんか…。
別に思い詰めなくてもいいよ。

腫れたり皮剥けた訳じゃないし」

けろっとした顔で笑ってくれて。

やっぱり口に出さなきゃ…考えても進めない…!
8 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:20:56.54ID:AdU9VQfG0
「はぁ……ふーっ…」

「………?」

私の小さな深呼吸に反応して、──さんも一呼吸


「あの、一つ気付いたことがあるんです。

大切なことを。

話してもいいですか?」

「ああ。そのことで思い更けてたなら…

聞かせてほしいな。」

真剣な眼差し、でも少し微笑んで

私の話を聞いてくれるときは、いつもこの表情

今夜は、今までで一番素敵な表情をしてる

「ふふっ………。
9 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:24:27.47ID:AdU9VQfG0
『ひとつのものに集中すると、どうしても視野が狭くなります。

この視界の広さが、アイドルには必要なんですね、──さん』


都会の夜風に身を委ねたあの日…

私が言った言葉です。
覚えていますか?」


「んー……言ってた気がする…」

「ほ、ほら…!
二人で乗ったエレベーターでの事です!」

「…ああ確かに、

そんな感じの言ってたな…」


「………」ぷく

「ごめん…。」

「…ふふっ。

あの日の私も、ふくれた顔してましたね」

お互いくすりと笑っちゃった

「ええと、話を戻しますね…」

「よし、改めてな」

さっきと変わらず真剣な眼差しで見てくれて、
やっぱり──さんに委ねて良かったって思う…。
10 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:29:39.01ID:AdU9VQfG0
「それを知ったのは"あなたの"言葉からでした。

じゃあ、アイドル以外はどうなのでしょう?

陶芸においても、
釣りを嗜む時も、
通ずるものがありました。


備前焼だけでなく、色んな陶器を実際に見て触って…。

色んなところに行けたからこそ出会えた陶器も沢山あって

作り手の感覚や気持ちが直に伝わり、陶芸家として心に来るものがありました…!

初めて、"あなたと"釣りに行ったことも…

一人かおじいちゃんとしか行ったことなかったから、何だか新鮮で嬉しくて。

昔の自分では夢物語だった事が、気付けば手の届くところにある…

アイドルを通じて『ひとつのもの』を少しずつ、視野を広げることが出来ました。
11 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:31:55.50ID:AdU9VQfG0
でも。

そのアイドルも

『ひとつのもの』

かなって思うようにもなりました。

そう思うようになったきっかけ…」

両手で──さんの手を包むように…

ぎゅっ

と…


「"あなたを"…!

──さんを好きになったから…!」


少し驚いた顔だったけど、目を瞑り迷わず


唇を交わして
12 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:36:22.77ID:AdU9VQfG0
────



「ん…………はぁ…。」

大胆…すぎたかな?

押し倒しちゃった

──さんが床に手を付いて肘から顔と、ゆっくり倒れてる感覚はあった

…私を守ってくれるように。

目を開けると動揺し硬直してる──さん

こんなに息荒くするんだ…



ダッダッタッ

「何か落ちたんか?」

「!?」

あっ、実家だからおじいちゃんいるの忘れてた
13 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:41:57.77ID:AdU9VQfG0
「──さっ…!んっ」

咄嗟に──さんが私を抱きしめ唇を奪って隣の畳部屋に転がって…


ボフッ

布団に戻ったけど急な出来事で…!?

とっ、とにかく落ち着かないと…!

スタスタ

「………起きとるんか?」


「スゥ………」

「………。」ドキドキ



「………んんー…

玄関か…?」

スタスタ…



おじいちゃんが去っても、──さんに背を向けたまま

さっきのことで振り向けない。

寝ちゃった のかな………?
14 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:46:26.25ID:AdU9VQfG0
「…お互い様か。」

「! …ごめんなさい。」

反射的に言っちゃった…


「謝る必要ないよ…

肇からするなんて思いもしなかったから、その…な。」

「──さんも急なことで気構えられなかったし、お互い様ですよね…」

「それもあるけど…

さっき、肇が息ぴったり転がってくれて助かった

毛布と一緒にしがみ付いてくれて、畳の方に体重かけてな」

「床に当たったら響いちゃうと咄嗟にしただけですし。

畳へ体重かけた後は──さんに委ねてましたから…」

あんなことは初めてだったし、委ねた後は頭真っ白


「肇は…キスしたの怒ってる…?」

「そんなことありません。

でも…情に浸れなかったのが残念です」

「思い付きで動いたからな…

舌噛んだりしたら困るしああするしか」


「…ありがとうございます。」

「あ、あぁ……」
15 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:50:50.00ID:AdU9VQfG0
もう振り向いても大丈夫

──さんと改めて話してたら緊張しなくなったし

ゴロン

「ねぇ…。

さっきの続きですけど…」

「ああ、そうだったな

…続きを聞かせてほしい。」

「その続きは、まだ夢なんです。」

「夢?」

「はい…。

今までは、交互に手を引いて進んできた道なんです

でも、これからはお互いに手を取り合って進んでいきたい。

"あなたと"夢を見たい、叶えたいから…


これからも、一緒にいてもらえませんか?」


私がどんな笑顔に見えたのかは"あなたに"しか分からないけど、

一番の笑顔が出来たかな。
16 :◆h.MDySkgWA[saga]:2015/11/30(月)17:54:13.91ID:AdU9VQfG0
「肇がそうしたいなら…添い遂げるよ」

「ありがとう…ふふっ………」


面と向かって言えて、言われ

委ねるようにゆっくり目を瞑り

心は温かくなり、体は徐々に熱くなってきて


体が何か暖かいものに包まれる感覚


これは、

最初で最後の出来事

だから忘れないでいよう…



『私の夢は、あなたと夢をかなえること!

きっと、そうなんだって』


想いを重ねることが出来た今、


"あなたを"私の夢へ誘いましょう…………
元スレ:肇「最初で最後の出来事」http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1448869710/