1:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:30:05.94ID:KtuPs7Dz0


shuko_shiomi3

モバマスSS、オムニバス形式
よろしくお願いします

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1383485405

広告

2:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:33:12.48ID:KtuPs7Dz0


塩見周子「んー。いいけど?」

shuko_shiomi3

P「俺もちひろさんも、他の人達も出払っててな……」

周子「ふーん。大変だねー」

P「すまないな、せっかくこの後仕事がないってのに」

周子「別にいいよー?あ、そうだPさん、帰ってきたら時間ある?」

P「ん?俺は大丈夫だが」

周子「じゃあどこか連れてってよ!晩ご飯おごりでチャラにするよー?」

P「……あんまり高いところには行かないからな?」

周子「やったー!ありがと、Pさんっ♪」

P「はいはい。あ、電話とか来たら応対よろしくな」

周子「オッケーオッケー!あたしに任せて!」

P「おう、頼んだぞ。それじゃあ行ってくる」

周子「いってらっしゃーい♪」

3:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:34:17.93ID:KtuPs7Dz0


周子「んー。ヒマだなぁ」

周子「Pさんの机でも漁っちゃう?なーんて……」

ガタンッ

周子「……えっ?」

周子「今はあたし一人だよね、この事務所」

周子「確かこっちから……」

周子「誰もいないなぁ……あれっ?」

チラッ

??「あっ」

周子「あっ」

4:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:35:01.32ID:KtuPs7Dz0


周子「なーんだ、乃々ちゃんかー。びっくりしたよ」

森久保乃々「ご、ごめんなさい……もりくぼがいたら一人じゃないですよね、やっぱり帰ります」

nono_morikubo3-full

周子「えー、待ってよ乃々ちゃん!あたし一人じゃ退屈だよー」

乃々「えぇ……もりくぼがいても、きっと退屈ですよ……?」

周子「いいのいいの。ほら、こうして机の下に二人ってのも楽しいかもよ?」

乃々「あ……えっと、じゃあ……二人でも、いいです、けど」

周子「やった!あ、アメ食べる?」

乃々「え、えっと……その」

乃々「ありがとう、ございます……」

5:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:35:56.76ID:KtuPs7Dz0


周子「乃々ちゃんって、いっつもこうして机の下にいるの?」

乃々「い、いや、その……ここに住んでるわけじゃないですけど……」

乃々「……ここは、落ち着きますから」

周子「ふーん……あ、でもわかるかも。狭いところって落ち着くもんね」

乃々「はい、前のフェスの時から……ここは私のお気に入りですけど」

周子「へぇー。いいね、あたしもたまに入ろうかなぁ」

乃々「そ、その……二人は、ちょっとせまいですけど」

周子「えー、いいでしょ?たまにはあたしも隠れていたい時だってあるし」

乃々「えっと、それは……?」

周子「Pさんのプリン、食べちゃった時とか」

乃々「あ……前にプロデューサーさん、怒ってたのって……」

周子「うん。多分それ」

6:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:36:39.71ID:KtuPs7Dz0


周子「あれからわざわざ名前書いてるからねー」

乃々「そ、それでもたまに消えてるって言ってましたけど……」

周子「えっ?あたしじゃないよ?」

乃々「……か、神かくしですか……?」

周子「どうだろうねー。あたし以外の誰か、じゃないのかな?」

乃々「……ふしぎぃー、ですね……」

周子「うん。不思議だね。あ、でも面白いかも」

乃々「おもしろい、ですか……?」

周子「今度、Pさんの名前書いてプリン入れておこうよ。誰が持ってくのかここから見てみない?」

乃々「……面白そう、ですけど……もりくぼはちょっと遠慮したいですけど……」

周子「あははっ、いいよ別に。あたしも本気じゃないし」

8:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:37:44.21ID:KtuPs7Dz0


周子「……あれ、そういえば乃々ちゃんってレッスン、お休みだっけ」

乃々「あ、あぅ……」オロオロ

prrrr prrrr!

周子「あ、電話だ」

ガチャッ

周子「もしもし、こちら……」

P『もしもし、周子か?』

周子「あ、Pさん?しゅーこだよー」

P『今、事務所に乃々いないか?』

周子「え、乃々ちゃん?」

周子「……」チラッ

乃々(だ、駄目です……!!)バタバタ

周子「……♪」ニコッ

周子「……見てないけど、なんかあったの?」

9:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:38:50.50ID:KtuPs7Dz0


P『そうか……トレーナーさんから電話が来てな。乃々が来てないそうなんだ』

周子「へー、そうなんだ……。じゃあ、乃々ちゃんが来たらPさんに連絡するねー」

P『ああ、頼む。それと、今からでもいいからスタジオに向かうよう伝えてくれ』

周子「はーいっ」

ガチャッ

周子「……なーんだ、乃々ちゃん今日はサボりだったんだね」

乃々「……は、はい……」

周子「いいなぁ、たまにはあたしもサボりたいなぁー」

乃々「……え?」

10:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:39:42.04ID:KtuPs7Dz0


周子「いやー、だってさー。たまにはあるじゃん、そういう時」

周子「なんていうか、今日はレッスンしたくないっ!って感じの」

乃々「……は、はい。何だかわかりますけど……」

周子「例えば……この前なんて親から電話掛かってきてね?」

周子「『元気でやってるか、いつテレビ出るんだ』って言われてさー」

周子「テレビなんてまだまだなのに、とか思ったのよ」

乃々「……確かに、期待されるのは私も……むーりぃー、です」

周子「んー、あんまりあたしは気にしないんだけどね。たまにあるじゃん、何か引っかかる時とか」

乃々「……そう、ですね……」

11:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:40:47.41ID:KtuPs7Dz0


乃々「あ、あの……塩見さん……」

周子「んー?なあに?」

乃々「……あ、あぅ、やっぱり……い、いえ、その」

乃々「……実は今朝、親戚の人から電話が来て……」

12:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:41:33.42ID:KtuPs7Dz0


周子「なるほどねー。それで期待に押しつぶされそうになっちゃったのか」

乃々「は、はい……やっぱり、もりくぼにはアイドルは……」

周子「んー……乃々ちゃんはさ、アイドルやってて、楽しい?」

乃々「楽しい……ですか」

乃々「……最初は、嫌々でしたけど」

乃々「今は……逃げたら、きっと後悔するって思って……」

乃々「……もしかしたら、楽しい……のかも、しれません」

周子「そっか」

周子「もっと、気楽にやってみてもいいと思うのにな」

乃々「気楽に、ですか……?」

13:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:43:05.54ID:KtuPs7Dz0


周子「うん……アタシ自身がさ、まったく期待されてなかったからってのもあるけど」

周子「あんまり考えないほうが、楽しいよ?」

乃々「そうですか……?」

周子「うん。アタシは元々、実家追い出されたんだよね。就職も進学もしないでゴロゴロしてたらさ」

周子「そしたら、たまたまPさんに拾ってもらってアイドル始めたんだけどさー……」

周子「『アイドルなんてあんたにできるのか』って、ずーっと言われてたんだ」

乃々「……本当ですか……?」

周子「うん、ほんとほんと。ま、おかげで気楽にやれたんだけどね」

乃々「でも……塩見さんは、すごいです。そう言われてても、ずっとアイドルを続けてますから」

周子「そうかな?」

乃々「……もりくぼだったら、心が折れそうですけど」

14:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:46:37.63ID:KtuPs7Dz0


周子「んー……そこまで考えたことなかったなぁ。Pさんに拾ってもらったからにはがんばろーってのと……」

周子「アイドルやってて楽しいからかな?」

乃々「楽しいから……」

周子「そうだ、乃々ちゃん!乃々ちゃんには目標って、ある?」

乃々「……目標、ですか?」

周子「うん、目標。どんなことでもいいからさ!」

乃々「え、えぇと……」

周子「あたしは『てきとーに頑張る』かな。いっつも全力ダッシュは疲れるからねー」

乃々「私の、目標……」

15:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:47:43.28ID:KtuPs7Dz0


乃々「いつか、後悔しないでアイドル辞められるように……」

乃々「そ、それまで……無理しない程度には、頑張りますけど」

乃々「あうぅ、やっぱりこんなんじゃ、だめですよね……」

周子「いいねー。それだよ、それ!」

乃々「えっ……?」

周子「そんな感じで、がんばろーって思えるときに頑張ればいいんだよ」

乃々「し、塩見さん……」

周子「Pさんもしっかり乃々ちゃんのことを見てるから、きっと今日のことじゃ怒らないだろうし……」

周子「乃々ちゃんは乃々ちゃんらしく、でいいと思うよ」

乃々「そ、そうですか……」

周子「……あー、喉乾いたー!お茶でも淹れてくるから、ちょっと待っててねー」

乃々「そ、その……お茶くらいは、私が」

周子「大丈夫大丈夫、あたし和菓子屋の娘だからお茶くらい一通りできるよ!」

乃々「そ、そうですか……それじゃあ、お任せします、けど……」

16:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:48:45.92ID:KtuPs7Dz0


——給湯室

周子「ここからなら、聞こえないよね……」ピッ

prrrr prrrr……

P『もしもし』

周子「あ、Pさん?」

P『周子か、乃々は見つかったのか?』

周子「あー、そのことなんだけどね……」

P『……俺はいいけど、その……本気なのか?』

周子「うん。その方がそれっぽいし」

P『わかった、そう連絡しておくよ……ありがとな、周子』

周子「どういたしまして♪それじゃ、お仕事頑張ってねー」ピッ

周子「ん、お湯も沸いたー!」

17:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:50:17.12ID:KtuPs7Dz0


——事務室

乃々(塩見さん…いつも、飄々としてたけど……)

乃々(本当は、優しい人なんですね……)

周子「お待たせー。あ、お茶菓子がないや」

周子「Pさんの机……おおー、おせんべいが入ってる!少し貰おーっと♪」

乃々「えっ……それは、いいんですか……?」

周子「いーのいーの、たまに買い足してあげてるし」

乃々「で、でもそれって……」

周子「……ほら、乃々ちゃん口開けてっ!」ガッ

乃々「えー……ひゃぁっ!?」モゴッ

周子「へっへっへ……おせんべ食べたから、乃々ちゃんも同罪!」

乃々「うぅ……ずるいです……」パリパリ

周子「そんなこと言って、乃々ちゃんも食べてるじゃん」パリッ

乃々「し、証拠隠滅のため仕方なくですけど……」

18:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:51:04.43ID:KtuPs7Dz0


乃々(あれ……そういえば、何か忘れてるような……)

周子「んー?どしたの乃々ちゃん」

乃々「い、いえ、なんでも……」

ガチャッ

乃々「……あっ」

P「ただいまー……って、乃々、ここにいたのか」

乃々「あぁぁ……すっかり忘れてました……」ガクガク

周子「……♪」ニコッ

P「……はぁ」

19:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:51:59.99ID:KtuPs7Dz0


ポフッ

乃々「あ、あの、プロデューサーさ……ん……?」

P「乃々、あまり心配させないでくれよー?」ナデナデ

乃々「は、はい……」

P「別に、レッスンくらい休んだって仕方ないさ。何かあったんだろ?」

乃々「……そう、ですけど」

P「まあ、連絡はほしいけどな。今度からはせめて言ってくれ」

乃々「……言えば、帰ってもいいんですか?」

P「時と場合による」

乃々「あぅ……」

20:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:53:24.45ID:KtuPs7Dz0


周子「Pさん、ひとつ貸しだよ」

P「あー、はいはい。どこでもリクエストしろ」

周子「やったっ!ねぇ乃々ちゃん、晩ご飯何食べたい?」

乃々「え……わ、私もですか?」

P「あー……いいぞ。二人とも、好きなもの言え」

乃々「……ありがとう、ございます……」

周子「さっ、乃々ちゃんどこ行きたいー?」ギュッ

乃々「し、塩見さん……くるしいですけど……」

周子「むー……周子でいいよ、周子で!」

乃々「え、そ、その……」

乃々「……ありがとう、ございます。周子さん」

周子「……!」

周子「乃々ちゃーんっ!」ギュウウウ

乃々「あぅぅ……」

P「そろそろ決まったかー?」

21:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:54:18.95ID:KtuPs7Dz0


周子「あ、そうだった。乃々ちゃん、リクエストはー?」

乃々「えっと……じゃあ、プロデューサーさんにお任せしますけど……」

P「なんだよ、決まってなかったのか」

周子「まあまあ。それじゃあ今日は、Pさんのセンスにお任せーっ!」

乃々「そ、その……よろしくお願いします……ですけど」

P「はいはい。……あー、周子」

周子「んー?なあに?」

P「留守番、ありがとな」ポフッ

ナデナデ

周子「んっ。ど、どういたしまして……」カァァァ

乃々「……ふふっ」ニコッ

周子「あーっ!乃々ちゃんに笑われたーっ!!」

P「ほら、行くぞー」

22:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:55:35.92ID:KtuPs7Dz0


P「……乃々がいたのには驚いたけど、流石は周子だな」

P「次も事務所を空ける時は、誰かに留守番頼もうかな……」

周子「Pさんなにしてんのー?」

乃々「は、早く行きませんか‥…?」

P「ああ、すまんすまん」

P(……まあ、事務所を空けなきゃいけなくなった時に考えよう)

P「さあ、行くぞー」

周子「はーいっ♪」

乃々「……はい、ですけど」ニコッ

23:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)22:59:40.81ID:KtuPs7Dz0


周子編おわり。

では、次行きます。

24:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:01:27.77ID:KtuPs7Dz0


——映画館前

松永涼「……留守番?」

ryo_matsunaga

P『ああ。ちょっと忙しくてな、外に出てなきゃならなくなったんだ』

涼「……アタシはいいけど、鍵とか大丈夫なの?」

P『ああ、鍵は心配するな。事務所には一人いるから』

涼「ん?どういうこと、Pサン?」

P『あっ、ちょっとすまん……』

<ハイ、イマイキマスカラ……

P『そういうわけで、今から事務所に向かってくれないか?』

涼「なんかよく分かんないけど、いいよ」

P『すまないな、助かるよ。それじゃよろしくっ!』

ツーツーツー

涼「……?」

25:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:03:08.93ID:KtuPs7Dz0


白坂小梅「り、涼さん……どうしたの?」

koume_shirasaka

涼「Pサンが事務所で留守番してろってさ」

小梅「そう……あ、そっか」

涼「ん?どうしたの小梅?」

小梅「え、えっと……私も用事、思い出した……!」

涼「え?今日は用事が特にないから映画って言ってただろ」

小梅「そ、その……と、とっても大事な、用事なの……」

涼「ま、いっか。なんかあるんだろ?気を付けて行ってきなよ」

小梅「涼さん……!あ、ありがとう、ございます……行ってきます」

パタパタパタ……

涼「今日は何の日だっけな……?二人とも、何か隠してるし」

涼「ま、いいか。行ってみりゃ分かるしな」

26:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:04:33.04ID:KtuPs7Dz0


——事務所

ガチャッ

涼「お疲れ様ーっ」

シーン……

涼「あれ、誰もいない……」

涼「なわけないよな。鍵かかってなかったし」

涼「机の下……誰もいない」

涼「天井裏……いや、そんなわけないだろ」

涼「……?」

ガチャッ

??「あ……」

??「……お疲れ様、です」

27:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:06:01.31ID:KtuPs7Dz0


涼「なんだ、由愛だったんだ」

成宮由愛「はい……えっと、涼さんもお留守番……ですか?」

yume_narumiya2

涼「そんな感じ。Pサンに事務所で待っててくれって頼まれたんだ」

由愛「そう、ですか……」

涼「……」

由愛「……」

涼(か、会話が続かない……!)

涼(あー、初めて会った頃の小梅みたいだな……)

由愛「……」サラサラサラ……

涼「へぇ……絵、描いてんだ」

由愛「……っ!」ビクッ

28:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:07:32.72ID:KtuPs7Dz0


涼「あー、ゴメンゴメン。上手だなって思ってさ」

由愛「そうですか……?」

涼「うん。アタシはあんまり得意じゃないから、羨ましいな」

由愛「……ありがとう、ございます」

涼「えっと……事務所の風景?」

由愛「はい……今日の、記念です」

由愛「今日は……特別な日、ですから」

29:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:08:33.60ID:KtuPs7Dz0


涼「特別な日……」

由愛「はい……その、涼さん。今日は……」

由愛「私の、誕生日……なんです」

涼「へぇー……え?」

涼「誕生日?」

由愛「……はい」

涼「……その、誕生日おめでとう」

由愛「ありがとうございます……」

涼(あー、そういうことか。話が繋がった)

涼(Pサンや小梅は、由愛のために準備とか買い物に行ったんだな)

涼(……って、アタシはどうすればいいんだ!?プレゼントなんて何も……)

由愛「私の……誕生日、なのに……」

30:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:09:53.56ID:KtuPs7Dz0


由愛「みんな……今日は忙しそうで……」

涼(そりゃ、由愛のために準備に追われてるだろうからな……)

由愛「仕方ない、ですよね……」

涼「……大丈夫だよ、由愛」

涼「あのPサンが由愛の誕生日、忘れてるわけないだろ?」

涼「それに……皆がいなくたって、アタシがいるよ」

由愛「……!」パァァァ

由愛「ありがとうございます……!」

31:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:11:02.89ID:KtuPs7Dz0


由愛「……♪」サラサラサラ……

涼(さっきより手が進んでる。やっぱり、不安だったんだな)

由愛「……涼さん」

涼「ん?」

由愛「ありがとうございます……そして、ごめんなさい」

涼「……へっ?」

由愛「あ、あの……私、涼さんのこと……最初は、怖いなって思って……」

涼「あー……確かにな」

由愛「でも……優しくて、格好いいなって……」

由愛「えへへ……なんだか、あこがれです……」

涼「……アタシみたいなのを目指すなよ?由愛はもっと可愛い系っていうか……」

由愛「……それでも、です」

32:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:12:43.51ID:KtuPs7Dz0


由愛「本当に……最初は、みんながどんな人かわからなくて……」

由愛「でも、みんな優しくて……えへへ」

涼「そうだよな。アタシとか拓海とか、特に最初はとっつきにくいだろうし」

由愛「拓海さんも……優しい人、です」

由愛「私や、みんなのこと……いつも心配してくれて」

涼「アイツはしっかり見てるからな。由愛みたいな年下の子達が気になってんだ」

由愛「そうなんですか……?」

涼「ああ。それにアイツ、結構可愛いもの好きだぞ。猫とか」

由愛「確かに……雪美ちゃんと、一緒にいるの……よく見ます……」

涼「そうだ!どうやったら可愛くなれるか、拓海に聞いてみなよ。たくみんスマイルとかやってくれるんじゃないか?」

由愛「えっと、涼さんも……うさちゃんピース……ですか……?」

涼「……誰に聞いたの、それ」

由愛「千枝ちゃん……です」

33:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:16:14.69ID:KtuPs7Dz0


涼「あーもう、誰にも言うなって言ったのに……」

由愛「……でも、見てみたいです……うさちゃんピース……」

涼「えっ?」

由愛「……駄目、ですか……?」

涼「うーん……駄目じゃないけど、ちょっとな」

由愛「……じゃあ、誕生日のプレゼント……欲しいです」

涼「プレゼント?」

由愛「……涼さんの歌……聞きたいな」

由愛「涼さんの、好きな歌……です」

涼「……いいよ。歌でいいなら」

涼「アタシのライブ、見せてあげる」

34:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:17:07.24ID:KtuPs7Dz0


涼「……おっ、流石はPサンだ。オフボーカル音源いっぱい持ってる」

涼「よし、準備オッケー……って、どうしたの由愛」

由愛「えっと……記念に、残したくて」

由愛「スケッチ、いいですか……?」

涼「いいよ。好きに描いて」

由愛「……ありがとうございます」ニコッ

由愛「私も、オッケー……です」

涼「それじゃ……行くよっ——」

35:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:19:48.32ID:KtuPs7Dz0


パチパチパチ……

由愛「……ありがとう、ございます……っ!」グスッ

涼「わっ、泣くなよ!」

由愛「……本当に、本当に嬉しくて……!」ポロポロ

涼「あー、ほら。よしよし」ナデナデ

涼(うーん……慣れてないなぁ、やっぱり)

涼(由愛は小梅とはちょっと違うしな……でも、こういうのもたまにはいいか)

由愛「えへへ……本当に、ありがとうございます」

由愛「……今日は、私の一番の誕生日です……」

涼「……ありがとな。でも、まだ誕生日は終わってないだろ?」

由愛「……そうですね」

36:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:20:48.40ID:KtuPs7Dz0


由愛「あ……その、涼さん……これ」

涼「さっきの、歌ってる時のアタシ……」

涼「すごい……躍動感って言うのかな、本当に動いてるみたい」

由愛「ちゃんと……格好よく、彩色しますね……。それから、涼さんに渡します……」

涼「いいよ、別に。そこまでしなくても」

由愛「だ、駄目です……!ずっと、記念になるように……完成させますから」

涼「……そっか。じゃあアタシ、それまで待つよ」

由愛「……ありがとうございます。えへへ……」

37:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:22:05.61ID:KtuPs7Dz0


ガヤガヤガヤ……

涼「お……帰ってきたのか」

由愛「……っ!」

ガチャッ

P「ただいまーっ」

小梅「……た、ただいま……」

由愛「あっ……おかえりなさい、です」

涼「……遅いよ、Pサン」

P「色々あってな。でも、ばっちりだぞ」

小梅「えっと……由愛ちゃん、た、誕生日……おめでとう」

P「ああ、そうだそうだ。……誕生日おめでとう、由愛」

由愛「ありがとう、小梅ちゃん、Pさん……えへへ」

38:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:23:06.00ID:KtuPs7Dz0


P「今は涼と小梅しかいないが……ちゃんと皆呼んでるからな」

P「まだ会場の準備はしてないけど、すぐ始められるようにするからちょっと待っててくれ」

由愛「はいっ……!」

P「えっと、それじゃ……」ジーッ

涼「……ん?」

P「涼。由愛と待っててあげてくれ」

涼「へっ?アタシが?」

P「さあ、小梅。会場の準備するぞー」

小梅「はい……Pさんと、さ、三人で……がんばる」

P「それじゃ、あの子も手伝ってくれよー」

涼「……ん?」

由愛「……えっ?」

39:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:26:05.91ID:KtuPs7Dz0


P「準備出来たら、呼びに来るから。それまでもうしばらく待っててくれよ」

小梅「涼さん……こっちは、私達に任せて……」

涼「……わかったよ。さ、由愛。もう少し待ってような」

由愛「はいっ……!」

由愛「あ、涼さん……お願いが……」

涼「どうした、由愛?」

涼「いいよ、何でも言いな?」

由愛「……その、もっとプレゼント……欲しいなって……」

由愛「だから……アンコール、です……!」

涼「由愛……!」

涼「——おーし、それじゃあ……」

涼「アンコールにお答えしてッ——!!」

40:◆.FkqD6/oh.:2013/11/03(日)23:27:28.80ID:KtuPs7Dz0


涼編おわり。

こんな感じで、書いていきます。

51:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:36:30.14ID:Fu1+TBpr0


——事務所

木村夏樹「……留守番?」

natsuki_kimura

P「ちょっと頼む。周子と乃々迎えに行かなきゃならなくなった」

夏樹「周子と乃々?あいつら、どうしたんだよ」

P「マストレさんのスペシャルレッスンで疲れて動けなくなったらしい」

夏樹「あー、何日か前に周子が乃々をゲーセンに連れ回してレッスンサボらせたって話のやつか」

P「そうそう。それで今日、二人はスペシャルレッスンだったんだ。マストレさん、サボりに厳しいからなー」

夏樹「スペシャルレッスンってありゃ、アイドルが受けるレッスンじゃないよな」

P「だよな。俺も一回受けたが、数日動けなかったぞ」

夏樹「……なんで受けたんだよ、Pさん」

P「いや……受けるつもりなかったんだがな。運動不足だからって言われてそのまま……」

夏樹「……あー、確かに」

52:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:37:32.31ID:Fu1+TBpr0


P「まあ、そういうことだ。一旦事務所を空けるから、留守番頼む」

夏樹「おう、任せときな」

P「あ、来客来たら対応よろしくな。ちひろさんにマニュアル作ってもらってるから」

夏樹「オッケー。さ、早く行きなよPさん。周子や乃々が待ってるぜ?」

P「そうだな。それじゃ、頼んだぞ—」

バタンッ

夏樹「……周子も馬鹿だよな」

夏樹「そんなの嘘だって、トレーナーさん達も気付いてんだろ」

夏樹「あいつも、変な意地張るからなー」

53:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:38:03.74ID:Fu1+TBpr0


夏樹「しかし、暇だな……ギターでも弾いてようかな」

夏樹「……いや、やめとくか。電話とかに気付かなかったら嫌だし」

ガチャッ

ガチャッガチャッ

夏樹「ん?鍵は掛けてないはずだけどな……」

夏樹「今行きますよーっと」

ガチャッ

バキンッ

夏樹「……え?」

54:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:40:47.52ID:Fu1+TBpr0


??「あ、あの……私のせいですよね、ドアノブが折れちゃったのって……ご、ごめんなさい」

夏樹「いいんだほたる、気にすんなって。……確かに驚いたけどさ」

白菊ほたる「で、でも……」

hotaru_shiragiku2

夏樹「錆びてもろくなってたとか、そんなところだろ」

ほたる「……そ、そうですよね」

夏樹「ああ、きっとそうさ。……あー、そうだ。閉めたら開けられねぇし、張り紙貼っとくか」

ほたる「わ、私……紙とペン、持ってきますね!」

夏樹「おう、あとテープもな」

55:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:42:01.33ID:Fu1+TBpr0


夏樹「ってことで、ドアノブ壊れちまったからなんとかしてくれ。見た感じ、ノブだけ変えれば直ると思う」

P『そうか……わかった、帰りにホームセンターとかで探してくる。連絡ありがとな』

夏樹「いいっていいって。気を付けて帰って来いよー」

P『おう』

ガチャッ

夏樹「Pさんに頼んどいたから、これで大丈夫だろ」

ほたる「ありがとうございます……木村さん」

夏樹「おいおい、夏樹でいいよ夏樹で」

ほたる「はい……じ、じゃあ……夏樹さん」

夏樹「ああ。そっちのほうがしっくりくる」

56:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:43:30.64ID:Fu1+TBpr0


ほたる「……夏樹さん、コーヒーでも飲みますか?」

夏樹「ん、ああ。アタシがやろうか?」

ほたる「えっ、いや、でも……」

夏樹「ほたるは座ってなって。ちょっと待ってな」

夏樹「えーと、カップは……」ガチャッ

ヒュンッ

夏樹「わっ?!」

パリーン!!

ほたる「だ、大丈夫ですか!?」

57:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:45:42.86ID:Fu1+TBpr0


夏樹「あー……。アタシは大丈夫」

ほたる「や、やっぱり私の……」

夏樹「ほたるが怪我しなくてよかったよ」

ほたる「夏樹さん……」

夏樹「さあ、片付けようぜ?割れちまったもんは仕方ないしな」

ほたる「……は、はい」

ほたる「……」ショボン

夏樹「……ん」

ポフン

ほたる「……?」

夏樹「……大丈夫だっての」

ナデナデ……

58:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:46:55.42ID:Fu1+TBpr0


夏樹「なあ、ほたる」

夏樹「その……あんまり、自分を責めんなよ」

ほたる「え……?」

夏樹「今回のだって、偶然ドアノブが壊れたりカップが落ちてきただけだろ?」

夏樹「ほたるのせいじゃねぇよ」

ほたる「……」

夏樹「あー、ほら、もっと笑ってくれよ。怪我しなくてよかった、とかさ」

ほたる「夏樹さん……っ」グスッ

59:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:48:44.55ID:Fu1+TBpr0


夏樹「わっ、待て待て!泣くなってば!」

ほたる「だって、だって……」ポロポロ

ほたる「ずっと、私は皆さんに迷惑を賭けているんじゃないかって思って……」

夏樹(あー……。こういうの、慣れてねぇんだよな……)

ポンポンッ

ほたる「……?」

夏樹「大丈夫だ、ほたる」

夏樹「アタシ達は、どんなことがあったってほたるを嫌いになったりしないからな」

ナデナデ……

ほたる「夏樹さん……」

60:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:50:01.19ID:Fu1+TBpr0


ほたる「……ありがとうございます」

ほたる「やっぱり、夏樹さんは格好良くて……憧れです」ニコッ

夏樹「いやいや、そんなことないって」

ほたる「いいえ……夏樹さんは格好良くて、頼れるお姉さんですよ?」

夏樹「あー……そっか。ありがとな」

ほたる「……えへへ」

夏樹「あ、でもアタシみたいな感じは目指すなよ。いくら憧れでも、な」

夏樹「ほたるはやっぱり……拓海に教えてもらいなよ。たくみんスマイルとかさ」

ほたる「わ、私だと……ほたるんスマイル、ですか?」

夏樹「あ、それPさんが言いそうだな」

ほたる「……確かに、そうですね」クスクス

61:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:54:20.23ID:Fu1+TBpr0


ほたる「……でも、憧れてるのは本当です!」

ほたる「夏樹さんは、どんな時も自信を持っていて……格好いいですから」

夏樹「……格好いい、か」

夏樹「……アタシだって、自信のない時は多いよ」

夏樹「これでいいのかって、悩むことだってあるさ」

ほたる「夏樹さん……」

夏樹「だから、時々思うんだ」

夏樹「ほたるは、格好いいよな……ってな」

ほたる「え……?」

62:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)21:58:38.63ID:Fu1+TBpr0


夏樹「いつも、ほたるは不幸だって言ってるけどさ」

夏樹「その度に何度も、諦めずに前を向いてるだろ」

ほたる「……!」

夏樹「……だから思うんだ」

夏樹「ほたるは、ロックだなってさ」

ほたる「わ、私が……ロック、ですか?」

夏樹「ああ。ほたるはロックで格好いいって、アタシは思うよ」

63:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:00:50.54ID:Fu1+TBpr0


ほたる「……そんなことは、ありませんよ」

夏樹「ほたる……」

ほたる「……でも、格好いいって言ってもらえて、嬉しいです」

ほたる「ありがとうございます、夏樹さん」ニコッ

夏樹「……でも、ほたるに似合うのはかわいい系だからな。拓海に教えてもらえよ?」

ほたる「私も、ロックですか……!?」パァァァ

夏樹「あー……。それ、だりーの前では言うなよ。すぐにほたるの真似し始めるぞ」

ほたる「……でも、どうやって真似するんでしょう?」

夏樹「さあ?」

64:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:01:40.14ID:Fu1+TBpr0


ほたる「……そうだ。コーヒー、忘れたままでしたね」

夏樹「あ、そうだったな」

ほたる「じゃあ私が……」

夏樹「いいよ、アタシが」

ほたる「……」ジーッ

夏樹「……?」

ほたる「……!」ピコーン

ほたる「……二人で淹れましょう!」

夏樹「……ははっ」

夏樹「そうだな、二人でやるか!」

66:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:03:25.87ID:Fu1+TBpr0


ほたる「コーヒーは……あれっ、空っぽ……?」

夏樹「なんだ、切れてたのか?」

ほたる「やっぱり……」

ヒュンッ

ほたる「ひゃぁっ!?」

夏樹「危ないっ!」パシッ

夏樹「また何か落ちてきたぞ……ん?」

ほたる「あ……それ、茄子さんが当てたコーヒーです」

夏樹「……茄子さんが?」

67:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:04:58.10ID:Fu1+TBpr0


ほたる「はい……前に二人で近くの商店街に行ったら、福引をやっていて……」

夏樹「へぇ、それで当てたのか」

ほたる「はい。……私は、ポケットティッシュでしたけど」

夏樹「……茄子さんだったら、もっと高いやつが当たるんじゃ……」

ほたる「……あっ」

夏樹「……ああ」

ほたる「この日のため、ですかね」

夏樹「かもな」

ほたる「……ふふっ」

夏樹「……はははっ」

ほたる「なんだか、おかしいですね」クスッ

夏樹「ああ、全くだな」

68:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:06:05.07ID:Fu1+TBpr0


ほたる「今日は、とってもいい日です……」

ほたる「だって……こんなに、幸せな気分ですから!」ニコッ

夏樹「……そうかい」

夏樹「そう言ってくれると、アタシも嬉しいよ!」

ほたる「えへへ……夏樹さんって、優しいんですね」

夏樹「そうか?」

夏樹「あー……お節介ってのは、あるかもしれないな」

ほたる「ふふっ、やっぱりですね」

69:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:07:03.38ID:Fu1+TBpr0


——

P「ただいま……って、開いてる?」

P「あ、夏樹が言ってたのはこれか……一体どうなって折れたんだ?」

夏樹「ん、Pさんか。お帰りっ!」

ほたる「おかえりなさい、プロデューサーさん」

P「おう、ただいま。そんじゃ、さっそく直すか……」ガサガサ

ほたる「あのっ、プロデューサーさん!」

P「ん?」

ほたる「コーヒー、一緒に飲みませんか?」

夏樹「……少しくらい休んでからでもいいだろ?」

70:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:07:43.07ID:Fu1+TBpr0


P「……そうだな」

夏樹「ほら、そうと決まれば座った座った!」

ほたる「私達で淹れてきますから!」

P「おう。火傷とか気を付けろよ」

ほたる「ふふっ……今日は、大丈夫です」

ほたる「だって、夏樹さんがいますから!」ニコッ

P「……いつの間に、あんなに仲良くなったんだか」

P「なんだか微笑ましくて、いいな」クスッ

71:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:09:04.63ID:Fu1+TBpr0


夏樹編おわり。

では、次行きます。

73:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:17:04.96ID:Fu1+TBpr0


——事務所

中野有香「押……じゃない、はいっ!お任せください!」

yuka_nakano2

千川ちひろ「ごめんなさいね、有香ちゃん。アイドルに留守番なんて」

有香「いえいえ、Pさんもちひろさんも忙しそうですから、これくらい!!」

ちひろ「ふふっ、それじゃお任せしますね。ああ、電話やお客さんの対応もお願いできるかしら」

有香「大丈夫ですよ!」

ちひろ「ここにマニュアル置いてありますから。もし分からなくなったら、私かプロデューサーさんに連絡してくださいね」

有香「押忍っ……あ、はいっ!」

ちひろ「ふふっ、それでは行ってきますね」

バタンッ

74:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:19:56.11ID:Fu1+TBpr0


有香「……暇だなぁ」

有香「はっ!こんな時こそ型の練習を……あれっ?」

ニャー……

有香「猫……?どこから入ってきたのかな」

ピョンッ

有香「あっ、そこに乗っちゃ駄目です!!」バッ

ヒョイッ

有香「あれ……?あ、こっちに!」

ニャー……

75:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:25:08.50ID:Fu1+TBpr0


——事務所前

ブロロロロ……

バタン

佐城雪美「ん…………ありがとう……P……」

yukimi_sajo

P「すまないな。一緒にいてやれなくて」

雪美「大丈夫………離れても……私と…P……ずっと…一緒……」

P「そうか。なるべく早く戻ってくるから、事務所で留守番しててくれ」

雪美「………………わかった」

P「ああ、俺の机の引き出しにお菓子入ってるから、食べてていいよ」

雪美「………うん」

雪美「P………………頑張って」

P「ああ、行ってくる」

雪美「早く………帰ってきて……?」

P「頑張るよ」

76:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:26:49.51ID:Fu1+TBpr0


——事務所

雪美「………………」

ガチャッ

雪美「ただいま…………」

ニャー

有香「ああっ、待ってくださいっ!!」バタバタ

ピョンッ

雪美「………………………?」

77:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:29:34.89ID:Fu1+TBpr0


ニャー

トテトテトテトテ……

雪美「ペロ………ただいま……」ナデナデ

ニャー

有香「あ……おかえり、雪美ちゃん」

雪美「……ただいま…………有香」

有香「なんだ、雪美ちゃんのペロだったんですね」

雪美「うん…………ペロ……事務所…行きたいって……」

ニャー

雪美「ペロ……有香と…遊んでもらって……楽しかった……って」

有香「え……そんな、遊んでたっていうか、振り回されてたっていうか」

雪美「また遊んでほしいって……ペロ…言ってる」

有香「……じゃあ、また今度遊びましょう!」

ニャー

雪美「ふふっ…………」

78:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:32:12.43ID:Fu1+TBpr0


雪美「………お菓子」

有香「?」

雪美「P……お菓子………食べていいって」

有香「Pさんの机の引き出しに入ってるお菓子ですか?」

雪美「うん……」

有香「えっと……ここかな?」ガラッ

有香「……!」

雪美「……………凄い……!」

有香「八ツ橋と生八ツ橋と、あんこ入りの八ツ橋……というか、八ツ橋ばっかりですね」

79:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:33:57.93ID:Fu1+TBpr0


雪美「………八ツ橋…好き。……有香は…………?」

有香「あたしも好きですよ。じゃあ、この八ツ橋にしよっか」

雪美「……………………」モグモグ

有香(雪美ちゃん、あんまり話したことがなかったけど……)

雪美「………………?」ジーッ

有香(クールっていうか、無口な子……なのかな)

雪美「…………ん」スッ

有香「……?」

雪美「………ん」ヒョイッヒョイッ

有香「あ……。ありがと、雪美ちゃん」

パクッ

雪美「……………………ふふっ」ニコッ

80:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:39:59.88ID:Fu1+TBpr0


有香(うーん……どうしたら、もっと話せるのかな)ヒョイッ

雪美「…………………」パクッ

有香(そういえば拓海さんって、雪美ちゃんとよく一緒にいるなぁ……)ナデナデ

雪美「……………?」モグモグ

雪美「………………………有香?」

有香「……は、はいっ?」

雪美「…………だいじょうぶ」

雪美「私…有香といて…………………楽しい」ギュッ

有香「お、押忍っ」

81:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:40:50.67ID:Fu1+TBpr0


雪美「…………」

有香「…………」

雪美「……………………ゆきみんスマイル……」ニコッ

有香「!」

雪美「拓海に……教えてもらった……………どう?」

有香(か、かわいい……!!)

雪美「…………有香も……やる?」

有香「えっ?」

有香「えっと……」

雪美「……見たい…………!」ジーッ

82:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:42:58.72ID:Fu1+TBpr0


有香「え、えっと……」

雪美「………………………」キラキラ

有香(うぅ……雪美ちゃんの目がキラキラしてる……)

有香「…………………………押忍っ!!」

有香「…………ゆ、ゆかにゃんスマイル☆」ニコッ

雪美「…………!」パァァァ

有香「……っ」カァァァァ

雪美「素敵…………」パチパチパチ

83:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:44:43.94ID:Fu1+TBpr0


雪美「………………」

有香「………………」

雪美「……………………有香………こっち……」ポンポン

有香「……え?」

雪美「ソファ…座って?」

有香「う、うん……」スッ

チョコン

雪美「………これで…いい……」ニコッ

有香「えっ、あのっ……雪美ちゃん?」

雪美「……有香…………温かい」

有香「へ……?」

84:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:46:07.17ID:Fu1+TBpr0


雪美「私…………Pの膝……よく座る………」

雪美「有香……Pと…同じ…………温かい」

雪美「…………だから……………好き。Pも……有香も……」ニコッ

有香「雪美ちゃん……」

雪美「有香………悩んでた……………でも…大丈夫」

雪美「私……知ってる。……有香………優しい……」

有香「……!」

雪美「拓海も……みんな…そう。いつも……私達のこと…………見ててくれる………」

雪美「だから……………私……わかる。有香の………やさしさ…………」

85:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:47:16.60ID:Fu1+TBpr0


有香「……そんなこと、ないですよ」

有香「あたしは、やさしくも、強くも……」

ニャー

有香「……ペロ?」

スリスリ……

雪美「ふふっ…………ペロも…知ってるみたい………」

雪美「有香………特別。……だって…………ペロが……こんなに…嬉しそう………」

有香「え?」

雪美「ペロ…………あまり……懐かない…………私と…Pと…………」

雪美「……有香だけ。だから………………特別」

86:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:48:45.83ID:Fu1+TBpr0


有香「え……本当ですか?」

ニャー

雪美「うん………ペロも…言ってる………有香は…優しくて………落ち着くって……」

雪美「……だから…………もっと…自信持って…………?」

有香「雪美ちゃん……」

有香「……押忍っ!」

有香「……あっ、また癖で……」

雪美「ふふっ………また…いつもの…有香………」

87:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:49:49.52ID:Fu1+TBpr0


スッ

有香「?」

雪美「ん…………」ヒョイッ

有香「雪美ちゃん……?」

雪美「ん…………………」プルプル

雪美「…………………………届かない……」プルプル

有香「……あっ」

ヒョイッ

雪美「うん…………有香は……強くて…優しい…………」ナデナデ

有香(雪美ちゃんに撫でられるの……不思議と気持ちいい、かも……)

有香「えへへ……ありがと、雪美ちゃん」ナデナデ

雪美「………………ふふっ。……どういたしまして…………」ニコッ

88:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:51:41.31ID:Fu1+TBpr0


——

ガチャッ

P「ただいまー。有香、雪美、帰ってきたぞー」

シーン……

P「……あれ?」

ちひろ「どうしました、プロデューサーさん?有香ちゃんと雪美ちゃんがいるはずですけど」

P「のはずですが……ん?」

チラッ

P「……あっ」

ちひろ「なんですか、プロデューサーさん?」

P「しっ。静かにお願いします」

ちひろ「一体……あらあら」クスッ

89:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:53:34.15ID:Fu1+TBpr0


有香「ん…………」ムニャムニャ

雪美「すぅ……………」スヤスヤ

P「有香が面倒見ててくれたのか……」

ちひろ「……有香ちゃん、凄いですね。ペロが懐いているなんて」

P「ペロは素直な人に懐きますからね。俺みたいな」

ちひろ「またまた、プロデューサーさんったら」

P「やだなー、ちひろさん。ペロ、たまに俺の膝に乗ってきますよ?」

ちひろ「えっ……!?私は近づいたら逃げられるのに……!」

P「ははは。……とりあえず、毛布かけておきましょうか」

ちひろ「あ、待ってくださいプロデューサーさん。これは撮っておきましょう」カシャッ

P「俺にもください」

ちひろ「駄目です」

90:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:54:44.35ID:Fu1+TBpr0


P「にしても……いい姉妹ですね」

ちひろ「ええ。羨ましいくらいです」

P「他の子にも、その内留守番してもらおうかな……」

ちひろ「ですね。最近、私達だけじゃ手も回りませんし」

P「それに……留守番を任せたら、どういうわけか仲良くなっていますからね」

ちひろ「周子ちゃんに涼ちゃん、夏樹ちゃんに有香ちゃん……みんな、面倒見のいい子達ですから」

P「ええ。任せてよかったって、本当に思いますよ」

ちひろ「みんな、いいお姉さんですからね」

有香「うーん…………」スヤスヤ

雪美「ふふっ………………」スゥスゥ

P「……やっぱり写真」

ちひろ「絶対駄目です」

有香「………………えへへ」ムニャ

91:◆.FkqD6/oh.:2013/11/17(日)22:56:01.72ID:Fu1+TBpr0


有香編おわり。

二人分書けたらまた投下します。

99:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:16:40.34ID:y2X4e7b60


——女子寮

相葉夕美「え、私が?」

yumi_aiba4

P『ああ。本当は別の人に頼むはずだったんだが、急用が入ってな』

P『特に予定がなければ、少しの間任せたいんだが……いいかな』

夕美「うん、いいよっ!」

P『ありがとう、助かるよ。今度埋め合わせするから』

夕美「えー、気にしなくていいよPさん?」

P『そうか?』

夕美「うんっ!だってPさん最近忙しそうだし……」

P『あー、確かに最近、外回りばっかりだな……』

夕美「それだけPさんが頑張ってるんだから、それくらいお手伝いしないとね!」

P『おお……!ありがとな、夕美』

100:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:17:47.18ID:y2X4e7b60


夕美「あ、でも今事務所はだれもいないんだよね?」

P『今は俺しかいないし、今からだと夕美と入れ違いになるな……』

P『事務所の鍵、寮長さんから借りてくれ』

夕美「うん、分かったよ!」

P『お、そろそろ仕事だ。それじゃあ頼んだぞ』

夕美「いってらっしゃい、Pさん!」

P『ああ。……そうだ。新しい衣装と楽譜届いたから、確認してくれ。衣装は衣装室に置いてあるから』

P『じゃあ、また後でなー』

ツーツーツー

夕美「Pさんも大変だなぁ……よしっ!」

夕美「お留守番、頑張ろーっと!」

101:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:18:47.83ID:y2X4e7b60


——事務所

夕美「……流石に、閉まってるよね」

ガチャッ

夕美「お疲れ様です……って、誰もいないか」

夕美「えっと……あ、メモだ」

『電話、来客の対応はマニュアルを読んでくださいね。分からなかったらすぐ連絡を! 千川ちひろ』

夕美「へぇー……ちひろさん、細かいなぁ」ペラッ

夕美「あ、そうだ!衣装確認しなきゃね!」

102:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:19:46.21ID:y2X4e7b60


——衣装室

ガチャッ

夕美「えっと、衣装は……これかな?」

夕美「んっ……着れたけど、これは……」モジモジ

夕美「で、でもっ、Pさんが選んでくれたのかな?」

夕美「えへへ……妖精さんみたい!」

ガチャッ

夕美「……え?」

103:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:21:16.11ID:y2X4e7b60


夕美「あれっ……?今この事務所、私一人だよね……?」ゾクッ

夕美「いま、事務室の方から音が……」

夕美「……よしっ!調べてみよう!」

——事務室

ガチャッ

夕美「……………あれっ?」

夕美「誰もいないのかなっ……?」

ベリベリベリッ

夕美「えっ?」

??「えへぇー……いただきますー……」

夕美「……あっ!!」

夕美「ま、待って!!」

104:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:22:36.59ID:y2X4e7b60


————

夕美「えっと……こずえちゃんは仮眠室で寝てたんだね?」

遊佐こずえ「そうー……こずえ、おひるねしてたのー」

kozue_yusa3

夕美「それで、さっき起きて事務室に来たんだよね」

こずえ「うんー……」

夕美「冷蔵庫を開けたらプリンがあったの?」

こずえ「そうなのぉー……」

夕美「お家と勘違いしたのかな……」

夕美「あ……ちょっとプリン、見せてねっ」

ピラッ

夕美「あっ……名前書いてある!」

こずえ「あれぇー……?ぷろでゅーさーの…ぷりんだー……?」

105:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:24:46.51ID:y2X4e7b60


夕美「という訳で……ごめんねっ、Pさん!あ、こずえちゃんに替わるね」

こずえ「ごめんなさいー……ぷろでゅーさー……」

P『……仕方ないよ。また買えばいいし、こずえもあんまり気にするなよ?』

こずえ「うんー……」

P『三人分買ってくるから、いい子で待ってろよ?あと、開けちゃったプリンは食べていいからな』

こずえ「わかったぁー……」

P『それじゃ、留守番頼んだぞー』

ガチャンッ

こずえ「ぷりんー……たべるのー……」

夕美「……あれっ?」

106:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:25:44.53ID:y2X4e7b60


夕美「こずえちゃん……事務所でプリン食べたの、今日が初めてかなっ?」

こずえ「ううん……にかいめだよー……」

夕美「あー……周子ちゃんが言ってた、消えるプリンの犯人ってもしかして……」

こずえ「ふぁぁ……?」

夕美「こずえちゃんだったのかな?」

こずえ「んー……よくわかんない……」

夕美「……まあいっか。今度Pさんにプリン買ってきてあげよう!」

こずえ「こずえも……いっしょにいくー……」

夕美「あははっ。それじゃ、今度一緒に買いに行こっか!」

107:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:26:26.74ID:y2X4e7b60


こずえ「んー……」パクッ

こずえ「えへへー……」ニコッ

夕美(こずえちゃん……こうやって話すのは初めてだけど)

夕美(すごくふわふわしてるんだね……)

こずえ「おねーちゃん……?」

夕美「……あっ、えっと、何かなっ?」

こずえ「たべるー……?」スッ

夕美「あ、うんっ!」

パクッ

夕美(……不思議な子だなぁ)

108:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:27:09.24ID:y2X4e7b60


こずえ「おねーちゃん……ようせいさん、なのー……?」

夕美「えっ?」

夕美「……あっ、そういえば衣装のままだった!」

こずえ「こずえといっしょ……」

夕美「一緒?」

こずえ「こずえもー……ようせいさん、なのー」

夕美「えっと……妖精さんの衣装を着てたんだよねっ?」

こずえ「……そうだっけー?」

夕美(本物の妖精さんって言われても、私信じちゃうかも……)

109:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:28:42.92ID:y2X4e7b60


夕美「あ、そういえば、楽譜も届いたんだったね」

こずえ「がくふ……?おねーちゃんうたうのー……?」

夕美「うん。次のライブの曲だよっ」

夕美「えっと……あ、これかな?CDもあるし……」

夕美「こずえちゃん、ここで聞いてもいい?」

こずえ「いいよぉー……おうた、すきー……」

夕美「それじゃ、再生っと!」

夕美「うーん……アップテンポで難しそうな曲だね」

こずえ「……♪」

夕美「こずえちゃん……何だか楽しそう」

110:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:31:22.44ID:y2X4e7b60


夕美「♪〜♪〜」

夕美「……うーん。なんだか違うような気がするなぁ」

こずえ「……」ジーッ

こずえ「♪〜♪〜」

こずえ「……こうだよぉー……」

夕美「えっ!?」

夕美「こずえちゃん……覚えちゃったの?」

こずえ「うんー……きいたら、おぼえちゃったのー……」

111:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:32:07.21ID:y2X4e7b60


こずえ「おねーちゃん……もういっかい、うたってぇー……?」

夕美「う、うんっ」

夕美「♪〜♪〜」

こずえ「えっとねぇー……こうだよー……」

こずえ「♪〜♪〜」

夕美「おおーっ、すごいよこずえちゃん!」

こずえ「えへへぇー……こずえ、すごいのー……?」

夕美「うんっ、私驚いたよっ!……そうだ、ここのメロディも教えてほしいな!」

こずえ「……どうやってよむのー……?」

夕美「?」

こずえ「がくふ、わかんないー……」

夕美「……えっ?」

112:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:33:31.19ID:y2X4e7b60


夕美「えっとね、こずえちゃん」

夕美「♪〜♪〜」

夕美「この次のところを教えてほしいなっ」

こずえ「わかったよー……」

こずえ「♪〜♪〜」

夕美(本当にすごい……楽譜は読めないみたいだけど、一度聞いたら覚えちゃったなんて……)

こずえ「おねーちゃん……わかったぁー……?」

夕美「うん、わかったよ!もう大丈夫っ!」

夕美「♪〜♪〜」

こずえ「おねーちゃん、じょうずなのー」

夕美「や、やったっ!」

こずえ「こずえ……ほめるのー……ぱちぱちぱち」パチパチ

夕美「ありがとっ、こずえちゃん!」ギュッ

113:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:34:53.04ID:y2X4e7b60


夕美「こずえちゃんは、歌うのが好きなんだねっ!」

こずえ「うんー……うたうのすきー」

夕美「こずえちゃんは、アイドル楽しい?」

こずえ「……んー……よくわかんない」

夕美「えっ?」

こずえ「でもー……こずえがうたったら、ぷろでゅーさー……わらうー……」

こずえ「みんなー……わらうのー……」

夕美「こずえちゃん……」

こずえ「だからー……こずえ、うたうのすきー」ニコッ

夕美「……そうなんだ」

夕美「私と同じだねっ!」

114:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:37:33.57ID:y2X4e7b60


こずえ「おねーちゃんも……おんなじなのー……?」

夕美「うんっ!私も、皆が笑ってくれるから……アイドルって楽しいなって、思うんだ!」

夕美「だから……私は、みんなのために歌うの!」

こずえ「……」

こずえ「よくわかんないー……でも……」

こずえ「もっと、あいどる……おしえてー……?」

夕美「……!」

夕美「うんっ!」

115:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:38:41.19ID:y2X4e7b60


————

こずえ「ふぁぁ……」ポケーッ

夕美「あれ、こずえちゃん眠いのかな?」

こずえ「うんー……おねーちゃんも……おひるね、するぅー……?」

夕美「……えっと、この服じゃちょっと……」

こずえ「……んー……」パタンッ

夕美「あっ、こ、こずえちゃんっ!?」

こずえ「………………すぅー」

夕美「あー……膝の上で寝ちゃった……どうしようかなぁ」

夕美「……えへへ。ごめんね、Pさんっ」

116:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:41:26.25ID:y2X4e7b60


こずえ「んー…………」スヤスヤ

夕美「Pさんまだかな……」ナデナデ

夕美「……」ジーッ

夕美「こずえちゃん、くせっ毛だなぁ」

夕美「あ、そういえば……!」

スッ……

夕美「……うん、似合ってるね!」

夕美「うーん……何だか私も眠くなってきちゃったかな……」ウトウト……

117:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:42:22.52ID:y2X4e7b60


————

ガチャッ

P「ただいまー」

こずえ「ふぁぁ……おかえりぃー……」

P「あれ、夕美は?」

こずえ「おねーちゃん……ねてるのー……」

P「ん?」

夕美「すぅ…………」

P「あー、衣装のまま寝て……」

こずえ「おこっちゃだめー」

P「……え?」

こずえ「おこっちゃだめー……」

P「わかったわかった」

118:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:43:13.74ID:y2X4e7b60


P「プリンは冷蔵庫でいいか……」

こずえ「…………」ジーッ

P「あれ、プリン食べたよな?」

こずえ「ぷろでゅーさー……いじわるなのー……?」

P「こらこら、そうじゃないって」

こずえ「…………?」

P「……あれ、髪留め……」

こずえ「……えへへー」

P「たんぽぽか……似合ってるな」

P「夕美がくれたのか?」

こずえ「んー……よくわかんない……」

こずえ「でも……こずえ、これすきー……」

P「だってさ、夕美」

夕美「…………えへへ」ムニャ

P「留守番ありがとな、二人とも」

119:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:44:49.71ID:y2X4e7b60


夕美編おわり。

では、次行きます。

120:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:54:05.66ID:y2X4e7b60


八神マキノ「留守番?」

makino_yagami

P「ああ、暫くの間頼みたいんだが」

マキノ「何故私が?」

P「いや……事務所空けられないのと、丁度予定空いてたのがマキノだったから」

マキノ「私に予定があるか考えなかったの?」

P「……あ、確かに」

マキノ「……度し難いな」

P「すまない……。何か予定、入ってたか?」

マキノ「……いえ、丁度空いていたわ」

P「だったら頼んでも!」

マキノ「……いいけれど」

121:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:55:45.36ID:y2X4e7b60


マキノ「全く……貴方もプロデューサーなら、スケジュール管理くらいしっかりしなさい」

P「面目ない」

マキノ「アイドルに留守番を任せる事務所なんて存在するの?」

P「……ここに」

マキノ「私のオフまで潰して……理解し難いわ」ジーッ

P「わ、悪かった。悪かったから、その目はやめてくれ」

マキノ「……仕方ないわね。これも仕事、か」

P「いや、そういう訳じゃないけど……」

マキノ「留守番を任せるということは、電話や来客の応対も必要でしょう?」

マキノ「不本意だけれど……いいわ。貴方は早く自分の仕事に行きなさい」

122:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)22:56:37.17ID:y2X4e7b60


P「ああ……すまないな。それじゃ、頼んだぞ」

バタンッ

マキノ「……度し難いな、本当に」

マキノ「けれど……」ガラッ

マキノ「……八ツ橋?」

マキノ「ああ、仕事の書類はこっちの引き出しだったわね」ガラッ

マキノ「ふむ。やはり、私達の仕事のためなのか……」バサッ

マキノ「……全く、論理的じゃないわね。一人の力量など、たかが知れているでしょうに」

123:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:00:15.10ID:y2X4e7b60


ガチャッ

マキノ「……あら?」

??「——闇に飲まれよ!(お疲れ様です!)」

マキノ「お帰りなさい、神崎さん」

神崎蘭子「む、忍びし者か(あ、マキノさん!)」

ranko_kanzaki

マキノ「……?」

蘭子「ククク……魂の研鑽によって、また我は力を得たり!(今日はレッスン、調子が良かったんですよー!)」

マキノ「……」

蘭子「……如何した、忍びし者よ?(あれ、マキノさん?)」

マキノ「……神崎さん」

マキノ「その……忍びし者とは、私の事でいいのかしら」

124:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:01:56.68ID:y2X4e7b60


蘭子「い、如何にも(そ、そうですが……)」

マキノ「……解せないわ」

蘭子「!!」

マキノ「確かに諜報活動が趣味だとはプロフィールに書いたけれど……忍びし者では浜口さんと被ってしまうわ」

マキノ「それに、ビルに潜入したり要人を暗殺したり尾行するイメージばかりが先行しているけれど」

マキノ「実態はそうでもないの。もっと活動は地味なものよ」

蘭子「……!」

マキノ「しかし、一番分からないのは……その言葉遣いね」

蘭子「えっ……?」

125:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:04:11.01ID:y2X4e7b60


マキノ「会話とは言葉によるコミュニケーションなのだから、相手に伝わらない話し方では会話にならないわ」

マキノ「神崎さんのその話し方では、言葉の真意を理解できる人でなければ会話とは呼べな……」

蘭子「……っ」グスッ

マキノ「……」

マキノ(そう言えば……)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

P「どうした、マキノ。みんなと話さなくていいのか?」

マキノ「……コミュニケーションは必要となった時に取ればいいわ。わざわざ慣れ合うこともないでしょう?」

P「ははは、今に見てなって。後悔する時が来るぞ?」

126:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:06:40.80ID:y2X4e7b60


マキノ「どういうことかしら?」

P「マキノが考えてるほど、この事務所は理詰めじゃないってことさ」

マキノ「……?」

P「いつも俺に言うだろ、論理的じゃないとか利口じゃないやり方だって」

P「この事務所にはそういうのがいっぱい溢れてるからな。面白いぞ?」

マキノ「……そう。気には留めておくわ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

マキノ「……」

マキノ「……いえ、それが貴方の会話なのね」

蘭子「……え?」

マキノ「論理的ではないけれど……そこに需要があるのか、それとも……か」

127:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:07:33.08ID:y2X4e7b60


蘭子「い、如何様な判決を……?(ど、どういうことですか……?)」

マキノ「貴方の会話を否定したことは謝るわ。……ごめんなさい」

蘭子「わ……解れば宜しい!(そんな、いいんですよっ!)」

蘭子「我が紡ぎし言霊は、地上の民には届かぬ詩よ……(私の言葉がみんなに上手く伝わらないのは、わかってますから……)」

マキノ「……」

マキノ「ごめんなさい、神崎さん。ちょっと待ってて。解読機の準備を……」

蘭子「わ、我が言霊は世界に解き放たれしものなり!叡智の結晶など不要!(あ、暗号じゃないですよ!?解読しなくていいですから!)」

マキノ「……そうなの?」

蘭子「如何にも!(そうですってば!)」

128:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:10:59.53ID:y2X4e7b60


蘭子「くっ……我が魂の波紋が乱れる……(なんだか噛み合わないなぁ……)」

マキノ「ふむ……。となると、私が神崎さんを理解する必要があるのね」

蘭子「……我が真名は、蘭子なり(……蘭子、です)」

マキノ「……?」

蘭子「神崎さんじゃ……いやです」

マキノ「……ええ、蘭子さん」

マキノ「……そうね、諜報活動だから……スパイとか密偵とか、そのあたりかしら?」

蘭子「!」

蘭子「えっと、えっと……!」

蘭子「ククク、フハハハ……潜みし密偵よ、今宵は地の盟約を果さん!!(えへへ……ありがとうございます、マキノさんっ!)」

マキノ「……エニグマの方が、解読できそうね」

129:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:11:48.73ID:y2X4e7b60


——

蘭子「♪〜〜」サラサラサラ……

マキノ「蘭子さん、コーヒーは飲める?」コトッ

蘭子「……この世の闇が如き、漆黒の悪魔よ……!(に、苦手です……!)」

マキノ「えっと……苦手なのかしら」

蘭子「如何にも……その闇に我が体は蝕まれ、壮絶なる苦しみに焼かれるのだ……(そうなんです……苦いの、駄目なんですよー……)」

マキノ「……苦手なのね。砂糖は自分で調節してくれるかしら」

蘭子「ほう……悪魔が力を我が身に宿すも宿命か……悪くないわ(頑張ってみます!えへへ、ありがとうございます♪)」

マキノ「……」ゴクッ

蘭子「……密偵よ?(……マキノさん?)」

マキノ「……なんでもないわ」サラサラサラ……

蘭子「悪魔にその身を焼かれたか?(マキノさんも苦手なんですか?)」

マキノ「……」グルグル……

130:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:14:52.96ID:y2X4e7b60


マキノ「……そういえば、何を描いているの?」

蘭子「こ、これは見ちゃ……え、えっと……」

マキノ「?」

蘭子「……で、でも……マキノさん、なら……」

蘭子「……これは世界を描きし紙片なり!(これ、事務所の絵です!)」

マキノ「えっと……ふむ。事務所の絵かしら」

蘭子「如何にも!我が友、小さき司祭の描きし世界に、我が魂も共鳴するのだ!(そうです!由愛ちゃんが事務所の絵を飾ってたので、私も描いてるんです!)」

マキノ「……小さき司祭?」

蘭子「そこに鎮座せし世界の写し絵よ!(そこに飾ってありますよ!)」

マキノ「……ああ、成宮さんのことか」

マキノ「それで、蘭子さんも絵を書いているのね。ふむ」

131:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:15:33.91ID:y2X4e7b60


マキノ「……」ジーッ

蘭子「……♪」サラサラサラ……

マキノ「……」チラッ

マキノ「……ふむ」

蘭子「……む、密偵よ?(あれ、マキノさん?)」

マキノ「ただの練習よ」サラサラサラ……

蘭子「おお!汝も時を切り取る力を秘めし者か……!(マキノさんも絵を描くんですね!)」

マキノ「えっと……時を切り取る?」

マキノ「……ああ、絵のことね」

蘭子「ククク……我が力に染められてきたな……!(えへへ……私の言葉、なんだか分かってもらえた気がします!)」

132:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:16:37.05ID:y2X4e7b60


マキノ「成宮さんほどではないけれど、ある程度は描けるわ」

マキノ「例えば……」サラサラサラ……

蘭子「むっ……これは我が力の具現化か!(あっ、私の似顔絵ですね!)」

マキノ「そうよ。他にも……」サラサラサラ……

蘭子「おお、我が友の姿……!(プロデューサーの似顔絵……!)」

マキノ「……こんなものかしら」

蘭子「ま、まさか密偵がこのような力を持とうとは……!(すごいですっ!マキノさん、上手ですねー!)」

マキノ「人から情報を聞き出す時の手段のひとつよ」

マキノ「相手の話から人の顔を割り出すことも、時には必要でしょう?」

蘭子「ククク……そなたこそがやはり、真の密偵であったか……!(マキノさんって、本当に諜報活動できるんですね!)」

マキノ「……なんだか、馬鹿にされた気がするわ」

133:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:18:30.80ID:y2X4e7b60


——

P「あー、今日も何とかなったな……」

P「マキノには感謝だな。無理言って頼んだんだし」

ガヤガヤ……

P「ん?」

ガチャッ

蘭子「えっと、次は……!」ワクワク

マキノ「……蘭子さん、貴方は描かないの?」

蘭子「我が友の力を得て、更なる研鑽と致そう!(もっとマキノさんの絵、見たいです!)」

マキノ「えっと……」

蘭子「そ、その……もっと、描いてほしいです!」

マキノ「……ええ、分かったわ」

134:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:20:08.45ID:y2X4e7b60


P「へぇー……絵、上手いな」

マキノ「あら、お帰りなさい」

蘭子「我が友か!闇に飲まれよ!(プロデューサー、お疲れ様ですっ!)」

P「おう、ただいま」

P「それで……これ全部、マキノが描いたのか」

マキノ「ええ。似顔絵くらいならこれくらいは普通よ」

蘭子「ククク……これが力を開放せし密偵の姿よ!(マキノさん、凄いんですよー!)」

P「そうだな。こんな特技があったなんて、俺もビックリだよ」

マキノ「……貴方、蘭子さんの言葉が解読できるの?」

P「ん、当たり前だろ」

マキノ「……やはり、貴方は興味深いわね」

P「?」

135:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:20:51.65ID:y2X4e7b60


P「しかし、すごいな。俺は絵は描けないからなぁ……」

蘭子「……!」

蘭子「み、密偵よ!今こそ洗礼の時!」

マキノ「……?」

蘭子「我らが力を、我が友にも授けようではないか!」

マキノ「……ああ。絵の書き方を教えてあげよう、ということね」

蘭子「!」パァァァ

マキノ「なるほど。今なら蘭子さんの言葉、理解できそうだわ」ニコッ

P「ははは。マキノ、今いい顔してるぞ」

マキノ「……気のせいよ」

マキノ「貴方の言葉は、不思議ね。誰かれ構わず人をその気にさせ、動かし、笑顔にさせる……」

マキノ「全く……解せないな」

マキノ「……ふふっ」

136:◆.FkqD6/oh.:2013/12/15(日)23:21:47.95ID:y2X4e7b60


マキノ編おわり。

次回投下でラストの予定です。

142:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:04:06.90ID:hKsj13pB0


橘ありす「私がですか?」

arisu_tachibana-full

P「ああ。すぐに誰かが帰ってきてくれると思うんだが……」

P「それまでは一人で待っててもらうことになるな」

ありす「……そうですか」

P「不安か?」

ありす「いえ、そういうわけではありませんが」

P「そうか。それじゃあ任せたいんだが……」

ありす「……分かりました」

P「ありがとな、ありす」

ありす「……あの、Pさん」

P「ん?」

ありす「その……いえ。気を付けてくださいね」

143:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:05:21.62ID:hKsj13pB0


P「ははは、そうだな。……それじゃ、行ってきます」

ありす「……はい」

P「留守番の埋め合わせはちゃんとするから、いい子で待ってろよー」

ありす「行ってらっしゃい、Pさん」

バタンッ

ガチャッ

ありす「……」

ありす「本でも、読んでようかな」

144:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:06:23.17ID:hKsj13pB0


ありす「……」ペラッ

ありす(……今は、事務所に私一人だけ……)ペラッ

ありす(なんだか寂しいような気がします)

ありす「……」ペラッ

ガチャッ!

ありす「!」

ガチャッガチャッ!!

ありす「あ……Pさん、鍵を掛けていったんですね」

145:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:08:00.71ID:hKsj13pB0


ありす「えっと、インターホンは……」ピッ

ありす「……」

カチャンッ

ありす「……どうぞ」ガチャッ

??「もーっ、何で事務所鍵かかってるん?マジビックリなんだけど!」

??「って、ありすちゃんじゃん!ただまー☆」

ありす「……お疲れ様です、藤本さん」

藤本里奈「おつにゃんっ☆」

rina_fujimoto


146:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:09:59.97ID:hKsj13pB0


ありす「……」ペラッ

里奈「……んー」ソワソワ

ありす「……」ジーッ

里奈「ねーねー、ありちーかまちょー」グイグイ

ありす「……何かご用ですか。それとありちーってなんですか」

里奈「ありすちゃんだからありちー!かわぽよでしょ?」

ありす「べ、別にかわいくなんて……」

里奈「もー、ありちーかたぽよ!まぢカタいんですけど!」

ありす(固いのにぽよ……?)

里奈「そんで、さっきから気になってる系だけど、何読んでるんー?」

ありす「これですか?この前発売されたミステリ小説ですけど……」

里奈「ちょっと見せちょー☆」ヒョイッ

ありす「あっ!ちょ、ちょっと藤本さん!」

147:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:11:30.25ID:hKsj13pB0


里奈「むむむ……」ジーッ

里奈「なにこれ!チョー難しいんですけど!」

ありす「そうですか?私は読みやすいと思ってたんですが……」

里奈「アタシ小説とかマジダメな系だからさー、読んでもさっぱりわからんぽよなんだよねー」

ありす「……」

里奈「あ、ごめんねありちー!勝手に借りちゃった!」

ありす「い、いえ……いいですよ。本も破れてないですし」

里奈「えーっと、えーと……あっ、差し入れ買ってきたからこれで許してー!」

ありす「そんな……大丈夫ですから」

里奈「えー?でもでも……じゃーんっ☆」

148:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:12:13.75ID:hKsj13pB0


——

ありす「……」モグモグ……

里奈「ねー、どしたのありちー?」ニコニコ

ありす「いえ……コンビニのケーキも、悪くないなと思っただけです」

里奈「でもありちー、テンションアガってない?」

ありす「別に……ただ、イチゴのケーキだったからですよ」

里奈「やっぱりありちー、イチゴ好きだよねー☆」

ありす「……はい。どういうわけか、この前の料理番組では不評でしたが」

里奈「……あー」

ありす「何がいけなかったのでしょうか……」

里奈「えっと、アタシバカだからよくわかんないけどー、ありちーが良かったならオッケーぢゃない?」

ありす「……ですよね。そうですよね」

149:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:13:12.91ID:hKsj13pB0


ありす「えへへ……はっ!」

ありす「えっと……ありがとうございました、藤本さん」

里奈「んー、その藤本さんってなんか気になる系ー」

ありす「年も離れていますから、敬語でないと……」

里奈「だからありちー、カタいんだってば!ほらほら、もっとぽよぽよしなきゃ!」ムニッ

ありす「ひゃぁっ!?」

里奈「おおー、ありちーぽよぽよ!てゆーかぷよぷよ?」ムニムニ

ありす「や、やめてくだひゃい!」グイー

里奈「あははっ、ありちーいい顔してる!マジヤバ!」

ありす「え……?」

里奈「あ……えっと、そうじゃなくて……ありちー笑顔になったなーって」

里奈「だからもっと笑ちょー、って感じ!」

ありす「もっと、笑ったほうが……いいのかな」

里奈「うんうん!ありちー笑うとマジかわだもん♪」

150:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:14:17.18ID:hKsj13pB0


ありす「……笑顔、ですか」

里奈「うんっ!そーだ、たくみんに聞いたらいいかも!」

ありす「向井さんですか?」

里奈「そうそう!たくみんスマーイル☆みたいな!」

ありす「……えっと、私が目指してるのはそういう方じゃなくて……」

ありす「あっ、いえ、その……向井さんを馬鹿にしている訳ではありませんけど」

里奈「んー……だったらほたるんや由愛っちに聞くといいかも?」

ありす「ほたるさんや、由愛さんですか?」

里奈「そーそー!事務所にいる時とか、よくにこーって練習しててきゃわわだよ!」

里奈「アタシも一緒にやるぽよーってみんなでやってるしー♪」

ありす「……そうだったんですか」

151:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:15:37.47ID:hKsj13pB0


里奈「うんうん。ほたるんや由愛っちも、一生懸命でむっちゃかわいーし☆」

里奈「ありちーも教えてもらうといいかも!」

ありす「そうですね……」

里奈「あれっ、ありちーはそこまで仲良くなかった系?」

ありす「いえ、そうではないですが……あまりお話したことがなかったな、って」

里奈「ふーん……そんじゃー、今度ありちーも一緒に練習しちゃお!」

ありす「わ、私もですか?」

里奈「もち!ほらほら、ありちースマーイル☆」ムニー

ありす「ひゃぁっ!?ら、らからやめてくだひゃいってば!!」グイー

里奈「あははっ、ありちーきゃわわ☆」

152:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:16:45.69ID:hKsj13pB0


ありす「……」ムスー

里奈「あ、ありちー?」

ありす「……なんですか」ムスー

里奈「えっと……マジゴメン、ありちー」

ありす「……いいですけど」

里奈「マジ!?やったっ、ありがとありちー☆」ギュッ

ありす「きゃぁっ!?だ、だからいきなりは……!」

prrrr! prrrr!

ありす「あ……電話」

ありす「……私が出ます」

里奈「えっ、ありちー……」

里奈「……!」ピコーン

153:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:17:33.27ID:hKsj13pB0


ササッ

ありす「っ!?」

里奈「アタシにまかせてっ☆」

ありす「……ふ、藤本さん?」

ガチャッ

里奈「——はい、こちらシンデレラガールズプロダクションでございます」

ありす「えっ!?」

里奈「……はい、申し訳ありませんが、生憎Pは席を外しております……はい」サラサラ……

里奈「かしこまりました」ニコッ

ガチャッ

ありす「……」ポカーン

里奈「……どーよありちー、見なおした?」ビシッ

154:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:18:16.63ID:hKsj13pB0


ありす「……いつもの調子で応対するかと思いました」

里奈「えー?そんなことしたらプロデューサーに迷惑かけちゃうっしょ」

里奈「アタシバカだし、アレコレ考えて動けにゃいけど……」

里奈「プロデューサーにスカウトされてお世話になったからには、アタシだって出来ることはちゃんとやりたい系なの!」

ありす「そうだったんですか……」

里奈「ちひろさんがこれ読んどけーって言ってたし、ひままーな時に見てたの」

里奈「難しくてよく分かんなかったところもあったけど……」

ありす「……あれ?」

里奈「で、どーよどーよ?、見なおした?ねーねーありちー」ユサユサ

ありす「……はい。今までは怖い方かと思っていましたが……ちゃんと、考えているんですね」

ありす「私、藤本さんのことを誤解していたんだと思います」

里奈「んー……そーなの?」

155:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:19:42.77ID:hKsj13pB0


里奈「アタシこんなチャラい見た目だし、怖がられてるかなーってのはなんとなく知ってたよ」

里奈「ほたるんや由愛っちも最初はアタシ見てびくーってしてたし」

ありす「……私も、そうでした」

里奈「決めつけは良くないっしょ、って思うけど……しゃーないよね」

里奈「でも……ほたるんも由愛っちも、一緒に練習するぽよーたらいいよって言ってくれたし」

里奈「アタシはこのままでいよー、って思うわけよ」

ありす「このまま、ですか?」

里奈「そう!プロデューサーだって、こんなアタシをスカウトして、こんなアタシのままアイドルにしちゃったし」

里奈「アタシバカだから……このままでいいのかーとか、難しいことよくわかんないけど」

里奈「このまま頑張る方が楽しそーだから、アタシらしくやるのっ☆」

ありす「……里奈さん」

156:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:20:41.26ID:hKsj13pB0


ありす「……貴方は、馬鹿なんかじゃないですよ」

ありす「ずっとずっと、色々なことを考えてて……凄いです」

里奈「……ありちー!えいっ☆」ギュッ

ありす「な、なんですか里奈さん……?」

里奈「あははっ、やっと名前で呼んでくれたしー♪」

ありす「あ……本当ですね」

里奈「ありちーきゃわわ☆妹になろ!」

ありす「い、妹ですか?」

里奈「うんっ☆まいまいにゆきみん、ほたるんに由愛っちに……ありちー!」

ありす「……大家族ですね」

157:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:21:34.46ID:hKsj13pB0


ありす「……でも」

ありす「私は、今の私から、変わりたいんです」

里奈「えー、変わっちゃう系?」

ありす「はい……もっと、素直な私になりたいんです」

ありす「もっと、今より勇気を出して……変わってみたいんです」

ありす「こうして、里奈さんともっと、話してみたいって思ったように」

ありす「もっともっと……変わりたいんです」

里奈「……ねー、ありちー」

ありす「何ですか?」

里奈「うん……だいじょーぶだよ、ありちー」

158:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:22:30.81ID:hKsj13pB0


里奈「ありちーはもう、変われたと思うし!」

ありす「そう、ですか……?」

里奈「そうったらそうなの!マジだよ、マジ!」

ありす「そうですか……えへへ」

里奈「!」キュンッ

里奈「ありちーマジかわ☆お持ち帰りしよー☆」ギュウッ

ありす「……もう、里奈さんったら……」エヘヘ

159:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:23:27.25ID:hKsj13pB0


——

ガチャッ

P「ただいまー」

里奈「あ、プロデューサーだ!おっつにゃーん☆」

ありす「お疲れ様です、Pさん」

P「おっ、里奈も留守番してくれてたんだ。ありがとな」

里奈「いーのいーの!ありちーともっと仲良くなれたし、マジ嬉しー☆」

P「そうか……流石だな、里奈」

里奈「あははっ、アタシだって、やる時はやるしっ♪」

ありす「……あの、Pさん」

P「ん、どうしたありす?」

ありす「えっと、その……」

里奈「……♪」ニコッ

ありす「……よしっ」ボソッ

160:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:24:21.45ID:hKsj13pB0


ありす「……お仕事が終わった後、時間はありますか?」

P「ああ、あるけど……」

ありす「Pさんと、ご飯を食べに行きたいな、なんて……ダメですか」

P「飯か?いいぞ」

ありす「ほ、本当ですか……!それじゃあ、三人で一緒に行きましょう!」

里奈「……三人?」

ありす「里奈さんももちろん、一緒ですよ?」

里奈「……もち、オッケーだし!プロデューサーのおごり、楽しみーっ☆」

P「いいけど……リクエストはあるか?」

ありす「……もちろん」

ありす「デザートは、イチゴパフェが食べたいです」ニコッ

161:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:25:05.39ID:hKsj13pB0


里奈編おわり。

では、次行きます。

162:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:30:22.18ID:hKsj13pB0


向井拓海「留守番だろ?」

takumi_mukai

P「あれ、言ってたっけ?」

拓海「涼や夏樹、里奈から話聞いてるっての。また事務所空けなきゃいけねぇんだろ?」

P「そうだな。で、頼もうと思ってたんだが……」

拓海「わかってんな?」ニヤッ

P「……飯か」ハァ

拓海「おっ、流石Pだな!」

P「何言ってんだよ、そんなに短い付き合いでもないだろ」

P「それに……もう大体予想がついてたからな」ボソッ

拓海「ん?」

P「いや、なんでもない」

163:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:31:20.53ID:hKsj13pB0


P「ああ、電話対応とか頼むぞ」

拓海「おう、任せとけ。里奈と勉強したからな、ばっちりだぜ」

P「だよなぁ……あの里奈が受話器取ったんだもんな」

拓海「アタシも耳疑ったけどよ……ありすが言ってんだから、信じるしかねぇだろ」

P「そうだな。ちゃんと電話のメモもあったんだし」

拓海「いつもの口調じゃねぇってんだから、ちひろさんのマニュアルを相当読んだんだろうな」

P「拓海も気を付けろよ?受話器取って『おう』とか言ったらダメだからな」

拓海「そんなヘマしねぇっての。ほら、急ぎじゃねぇのかよ」

P「ああ……それじゃあ頼んだぞ。行ってくる」

拓海「おう。任せとけ」

バタンッ

164:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:32:04.73ID:hKsj13pB0


拓海「しかし……そろそろ休めってもんだよな」

拓海「アイツ、その内倒れちまうんじゃねぇか?」

拓海「って言っても、アタシに何が出来るか分かんねぇもんな……」

拓海「こんな書類見たって分かんねぇし……あ、和久井の姉御に聞いてみるのもアリだな」ガサガサ

ガチャッ

拓海「ん?」

??「ただいま、Pさ……あれ?」

拓海「おう、裕美か。お疲れ」

関裕美「お、お疲れ様です……拓海さん」

hiromi_seki2


165:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:34:47.03ID:hKsj13pB0


裕美「……」

拓海「……」

裕美(え、えっと……)

拓海「ん?どうした、裕美?」

裕美「い、いえ……」

拓海「そうか?何か具合悪そうな顔してんぞ?」

裕美「そうですか?」

拓海「何かあったら言えよ?」

裕美「はい……えっと、ありがとうございます」

166:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:35:58.57ID:hKsj13pB0


拓海「何か面白ぇもんは……っと」ガサゴソ

拓海「……おいおい、すげぇスケジュールだな……これアイツ一人で管理してんのかよ」ペラッ

裕美「拓海さん、何してるの?」キョトン

拓海「ん、これか?Pのスケジュール帳だ」

裕美「ええっ、勝手に見ちゃダメじゃ……?」

拓海「そうは言ってもな……ほら、アイツ一人でなんでもかんでもやっちまうだろ?」

拓海「ぶっ倒れられても困るし、アタシ達にもなんか手伝えねぇのかって思ってな」

裕美「拓海さん……」

拓海「ま、アタシに出来る事ったらこうやって事務所で待ってたり、単車で送り迎えやるくらいしかねぇけどな」

裕美「それでも……凄いと思うな」

拓海「そうか?」

167:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:36:51.61ID:hKsj13pB0


拓海「後は……この前のアレか」

裕美「アレって?」

拓海「何か知らねぇけどよ、最近年少の子達がアタシにたくみんスマイル教えろってせがんでくんだよ」

裕美「た、たくみんスマイル……」

拓海「最初に雪美ちゃんが聞いてきたから教えたんだけどよ……」

拓海「由愛にほたるに、ありすまで教えろって言ってきて困ってんだよ」

裕美「拓海さん、教えてあげたの?」

拓海「……裕美、考えてみろよ。由愛やほたる、ありすまでキラキラした目でこっち見て」

拓海「『たくみんスマイル教えてくださいっ!』って聞いてくんだぞ」

拓海「断れるか?」

裕美「……難しいね」

拓海「だろ?」

168:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:37:54.05ID:hKsj13pB0


裕美「でも……私も笑顔、教えてほしいな」

拓海「んだよ、裕美もかよ」

裕美「うん。やっぱりまだ……不安だって、思うから」

拓海「バニーの衣装の時は、ちゃんと笑えてただろ。あんな感じでやりゃいいんだよ」

裕美「あ、あの時は……晴ちゃんがいたから」

裕美「私もお姉さんだから、頑張らなきゃって思ったんだけど……」

拓海「おいおい……なあ、裕美」

拓海「もっと胸張って、自信持てっての」

拓海「やるって腹に括りゃそれで十分だろ?」

裕美「もっと、胸を張る?」

裕美「……」ジーッ

拓海「……なんだよ?」

裕美「うーん……」

拓海「おいおい、今度は何悩んでんだよ……?」

169:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:38:58.95ID:hKsj13pB0


拓海「だーっ、とにかくだ!」

拓海「もっと自分に自信持てってんだよ!ちゃんとこれまで、頑張ってきたんだろうが!」

裕美「は、はいっ!」

拓海「あー……やっぱこういうことは慣れてねぇんだよな……」ポリポリ

裕美「そうかなぁ……拓海さん、そういうの得意そうだと思うよ?」

裕美「ほら……前に子猫さんを拾った時とか」

拓海「うっ……!」

裕美「だから、みんなのことも……放っておけないのかなって」

拓海「……うるせぇ。アタシはこれが正しいって思ってやってるだけだっての」

裕美「やっぱり拓海さん、優しいお姉さんだなって、思うけどね」

170:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:40:04.46ID:hKsj13pB0


拓海「これも全部Pのせいなんだよな……あの野郎、あん時騙したのは忘れねぇぞ」

裕美「だ、騙したの……?」

拓海「ただのグラビア撮影だって言われてアイツに付いて行ったらフリフリの衣装置いてあってな……」

拓海「……成り行きでアイドルになったはいいけどよ、アタシの仕事がなんかおかしいんだよな」

拓海「涼や夏樹みてぇな格好いい衣装の仕事が来なくて、きらりみてぇなかわいい衣装の仕事ばっかり来るのはおかしいだろ」

裕美「でも……拓海さん似合ってたと思うな」

拓海「そ、そうか?」

裕美「うん。バレンタインの時とか、とっても可愛くて似合ってたよ!」

拓海「お、おう……」ズーン

裕美「あ……ご、ごめんなさい、拓海さん」

拓海「いや、いいんだ。嫌な訳じゃねぇし、それに……アイツが取ってきた仕事なんだから、筋通さねぇとな」

171:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:40:46.94ID:hKsj13pB0


拓海「言い忘れたとか言ってフリフリの衣装着せたりすっけど」

拓海「ちゃんとアタシ達の事見て、心配してくれてっからな……」

拓海「アイツがアタシに似合うって思って仕事を取ってきてんだから、答えねぇ道理はねぇだろ?」

裕美「……ふふっ」

拓海「んだよ。おかしいかよ?」

裕美「拓海さんらしいな、って思ったの」

拓海「アタシらしい?」

裕美「うん。どこまでも真っ直ぐで、かっこいいな、って」

裕美「だから、みんな拓海さんのことが好きなんだよ!」

拓海「裕美……」

172:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:42:31.74ID:hKsj13pB0


裕美「……って、その……なんだかごめんなさい」

裕美「拓海さんがどう思ってるのか、知らないで……」

拓海「いいっての別に。気にすんなって」

拓海「……昔、アタシが特攻隊長だったって知ってるか?」

裕美「う、うん。聞いたことあるけど……」

拓海「ま、特攻隊長っても本当に特攻してた訳でもねーんだけどな。サブリーダーみてぇなもんさ」

拓海「元々はな……ダチ守るために、トップだった奴と二人でチーム作っただけだったんだよ」

拓海「そうでもしねぇと、ただ単車転がしてるだけで目ェ付けられてボコボコにされてたからな」

173:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:44:45.10ID:hKsj13pB0


拓海「……だからよ。誰かが困ってんのとか、悩んでんのとかが、そん時とダブって見えんだよな」

拓海「アタシもあんま頭よくねぇから、いい方法なのかなんて分かんねぇけど」

拓海「見捨てらんねぇから助けるだけだ。それが真っ直ぐなのかは、アタシは知らねぇよ」

裕美「……やっぱり、拓海さんは優しいお姉さんだよ」

拓海「だから、違うっての……」

拓海「……おい、裕美」

裕美「えっ?」

拓海「ほら。鏡見てみろ」スッ

裕美「あ……」

拓海「もう、大丈夫だろ」

拓海「いい笑顔、出来るようになったじゃねぇか」

裕美「……うん」エヘヘ

174:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:45:19.71ID:hKsj13pB0


——

ガチャッ

P「ただいまー」

拓海「おう、お疲れさん」

裕美「お疲れ様、Pさん!」

P「おう、裕美もお疲れ様」

P「で……飯だろ?」

拓海「ああ、だけどよ……P、体は大丈夫なのかよ」

P「……大丈夫か、拓海?熱でもあるのか」

拓海「なんでアタシが心配したら心配されなきゃなんねぇんだよ!?」

P「いや、すまんな……珍しいこともあるもんだなと思って、つい」

裕美「……それはひどいと思うな、Pさん」

P「げっ、裕美まで……はいはい、俺が悪かったよ」

175:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:46:47.84ID:hKsj13pB0


P「まあ、俺については心配しなくていいぞ。何せ、ようやく外回りばかりせずに済みそうだからな」

拓海「ってことは、決まったのか?」

P「ああ。スポンサーもついたし、ブッキングしてた所とも折り合い付いたし」

P「これでようやく、事務所総出のライブが出来る!」

裕美「えっ、ほ、本当……!?」

P「ああ。みんなには事務所空けちまって迷惑かけたけど……」

P「その分俺もちひろさんも頑張ったからな。お前たちのおかげだよ」ナデナデ

裕美「あっ……そ、そう、かな……?」カァァァ

拓海「おいおい、アタシには感謝の言葉もねぇのかよ」

P「撫でてほしいんならそう言えよ」

拓海「……うるせぇ、そういうガラじゃねぇっての」

裕美「……!」

176:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:47:33.32ID:hKsj13pB0


裕美「……わ、私が拓海さんを撫でればいいのかな?」

拓海「おい待て!どうしてそうなるんだよ!?」

P「おっ、これは面白いな」

拓海「テメェも見てねぇで助けろっての!」

P「何言ってんだ、子供達に大人気のたくみせんせーが逃げるのか?」

拓海「ぐっ……!」

拓海「……テメェ、覚悟しろよ。今日のメシで財布空にしてやっからな」

P「ははは、それで裕美に撫でられる拓海が見れるんなら安いもんさ」ケラケラ

拓海「……チッ。裕美、今日は寿司と焼肉、どっちがいいか考えとけ」

裕美「う、うん……えっと、それじゃあ」

裕美「いつもありがとう、拓海さん!」ナデナデ

拓海「……おう。こっちこそ、ありがとな」カァァァ

177:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:49:35.39ID:hKsj13pB0


拓海編おわり。

おまけありますので、もう少しだけお付き合いください。

178:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:50:40.29ID:hKsj13pB0


————

周子「……ってことがあってさー。いやー、乃々ちゃんがかわいくてかわいくて!」

夕美「私もこずえちゃんと留守番してたよ!こずえちゃん、かわいかったなー」

??「ふむふむ……事務所で留守番すると、後輩の子と仲良くなれるチャンスなんですね!」

夕美「拓海ちゃんや里奈ちゃんも留守番してたって聞いたけど、みんなのお悩み相談してたって聞いたよ!」

周子「あたしもそんな感じだったなー。乃々ちゃんが悩んでたから、適当でいいんだよって教えてあげたし」

??「いいなぁ、羨ましいですっ!」

安部菜々「ナナも誰かと一緒にお留守番したいんですよ!」

nana_abe4-full

菜々「ナナも皆さんみたいに、頼れるお姉さんになりたいなーって思うんですっ!」

周子「えっ、菜々……さんはもう、十分にお姉さんじゃないの?」

夕美「でも菜々ちゃん、私達より年下だもんね!」

周子「う、うん……ソウダネナナサン」

菜々「周子ちゃんっ、どうして棒読みなんですかぁ〜っ!?」

179:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:51:23.33ID:hKsj13pB0


夕美「でも、最近Pさんは外回りを減らしたって聞いたよ?」

周子「うんうん。あれじゃいつ倒れてもおかしくなかったからねー」

菜々「そ、そうですか……」

周子「でもゼロってことはないだろうし、Pさんに聞いてみたらいいんじゃない?」

菜々「!」

夕美「そうだね!ほら菜々ちゃん、まずは聞きにいってみたら?」

菜々「そうですねっ!善は急げ、行ってきまーすっ!」

菜々「二人とも、ありがとうございましたっ♪」ペコリ

スタスタ……

180:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:52:06.81ID:hKsj13pB0


周子「なーんか、菜々さんだとなぁ……」

夕美「どうしたの、周子ちゃん?」

周子「……年少組とか、後輩ってよりも、って感じ?」

夕美「?」

——事務所

菜々「ということで、Pさんのスケジュールを教えてください!」

P「おう、いいぞ……というかこれから事務所空けなきゃいけないんだが」

菜々「えっ、早速ですか?!」

P「ああ、すまないな……用事だったら上手くオフ合わせるけど……」

菜々「……いえ、それでしたら!」

181:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:52:50.23ID:hKsj13pB0


P「留守番?……確かに今から、出なきゃならないけど……いいのか?」

菜々「はい!皆さんみたいに、事務所でお留守番してみたいなーって……」

P「それでいいなら、いいけど……じゃ、頼んだぞ」

菜々「はいっ!ナナにお任せですっ♪」

菜々「さーて、誰と一緒に留守番なのかな……♪」ワクワク

ガチャッ

菜々「あっ!お帰りなさいませ……」

菜々「……」

182:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:55:00.05ID:hKsj13pB0


——

P「ただいまー……って、なんで事務所酒臭いんですか」

片桐早苗「あーっ、P君おかえりー!」ケラケラ

高垣楓「お仕事お疲れ様です、Pさん。一緒にどうですか?」ニコッ

菜々「あっ、Pさん助けてください〜っ!!」

早苗「聞いてよP君、さっきから菜々ちゃんが一緒に飲んでくれなくて……」グスッ

楓「ちょっとお仕事でトラブルがありまして……早苗さんのやけ酒に付き合ってるんですけど」グビッ

楓「菜々ちゃんが付き合ってくれないんですよー……」グデー

菜々「で、ですからナナは17歳!お酒は飲めませんってば!」

菜々「というより、昼間から飲んじゃダメですよ!もうすぐ他の子達も帰ってきちゃいますよ!?」

楓「ふふっ、さあ菜々ちゃんもどうぞ」スッ

菜々「楓ちゃん、話聞いてましたか!?」

楓「菜々ちゃんもお酒飲みましょうよー……これはさけては、通れませんよ?」フフッ

183:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:56:08.84ID:hKsj13pB0


P「あー……これは困ったな……」

P「えっと、俺この後仕事ないんで行きましょうか。三人で」

早苗「おっ、P君付き合ってくれるの!?」

楓「では菜々ちゃんも含めて三人で……あら?」

P「菜々は事務所で留守番です。流石に事務所閉めるわけには行きませんので」

楓「一番シメられるべきは、早苗さんですね……ふふっ」

早苗「いいの〜?お姉さんシメちゃうよー?」グイッ

P「はいはい、今すぐそのお酒片付けて準備してください。タダ酒飲みたいでしょう?」

早苗「うぅ〜っ……仕方ないなぁー」

楓「これこそさけては通れない……」フフッ

菜々「楓ちゃん、それ気に入ってるんですか?」

184:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:56:55.52ID:hKsj13pB0


P「それじゃ、後は頼んだぞ菜々」

菜々「は、はいっ!ナナにお任せください!」

P「ほら、行きますよ二人とも」

早苗「はーいっ!菜々ちゃん、次は一緒に飲むわよー」

楓「ふふっ……楽しみにしていますね」

菜々「あはは……ナナは17歳ですけどね?」

バタンッ

菜々「……早苗さんに楓ちゃんとか、聞いてませんよ……」ガクリ

菜々「Pさんの代わりにお留守番してるんですから、お酒も飲めませんし……」ハァ

ガチャッ

菜々「……あっ!」

菜々「お帰りなさいませ——」

菜々「——ちゃんっ♪」

185:◆.FkqD6/oh.:2013/12/30(月)11:58:50.05ID:hKsj13pB0


以上で終わりです。

ありがとうございました。

元スレ:モバP「留守番、任せていいかな」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1383485405/