1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 19:49:02.36 ID:u37htMRu0


yukari_akiyama-04

・『ガールズ&パンツァー』で、シリアスものを書いてみました。
・ヱロ、百合要素一切無し。ギャグ要素ほとんど無し。
非道徳的、反社会的な描写があります。ガルパンの雰囲気にそぐわないと思うかたは、このSSを無視していただいた方がいいかもです。
・オリキャラが、影がチラつく程度ですが登場します。名前が頻繁に出てきますので、苦手なかたは御注意ください。
・ガルパンSSは手軽に読める短編が多いですが、これは長いです。九つのパートから構成されています。

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1371293342

広告

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 19:51:58.54 ID:u37htMRu0





みほ「このお店、懐かしいね」

華「そんな……あの時から、まだ1年もたっていませんよ」

みほ「前に来たのは……」

華「みほさんとわたくしとで来たのは、沙織さんと一緒に生徒会へ乗り込んだ日です」

みほ「うん。あの後だった」

華「みほさんが今日選んだアイスは、あの時と同じですね」

みほ「あ、分かってた? そう言う華さんも、同じの頼んだよね」

華「何となく、です……」

みほ「あの日が何だか、すごく前みたいに感じる」

華「いろいろなことがありましたから」

みほ「あの日から、始まって……本当にいろいろなことがあったよね」

華「ここのアイスのおいしさは、何事もなかったみたいに変わっていませんけど」

みほ「華さん」

華「はい」

みほ「私たちは、変われたかな」

華「……」

みほ「私たち、あの全国大会を経験して……」

華「……」

みほ「ほんの少しでも、成長できたかのな」

華「みほさん……」

みほ「あ……今は、私が話をする時じゃないよね」

華「……」

みほ「華さんが、話があるって言うから、一緒にここへ来たのに。ごめんね」

3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 19:57:50.39 ID:u37htMRu0


華「いえ……」

みほ「何なの? 話って」

華「……優花里さんのことです」

みほ「優花里さんの、こと……?」

華「はい」

みほ「どんなこと?」

華「臭いが、するんです」

みほ「臭い?」

華「ええ」

みほ「えーと……優花里さんから?」

華「はい」

みほ「どんな臭い?」

華「みほさん」

みほ「うん」

華「――驚かないで、くださいね」

みほ「――どうしたの? 急に小声になったりして」

華「――タバコです」

みほ「……」

華「……」

みほ「た、た……」

華「……みほさん?」

みほ「た、た……たったた」

華「落ち着いて」

みほ「たっ、タバコぉ!?」

華「しっ」

みほ「あ……ごめん」

4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:00:28.34 ID:u37htMRu0


華「大丈夫ですか?」

みほ「――華さん」

華「――何でしょう。今度はみほさんが、声をひそめて」

みほ「――今、生徒が、このお店の中にいる?」

華「――待ってください。窓ガラスに映っているのは……」

みほ「――私から見える範囲には、誰も映ってない」

華「――それなら……いないようですね」

みほ「――……」

華「――こちらから見えるのは御婦人のグループだけ。自分たちの話に夢中です」

みほ「――それなら、私がさっき叫んじゃったのは、気付かれなかったね」

華「――わたくしが振り返って、目視で確認します」

みほ「――……」

華「大丈夫です。もう、普通に喋っても問題ありません」

みほ「うん……」

華「落ち着きましたか?」

みほ「……ごめん……驚かないで、って言う方が、無理」

華「そうですよね」

みほ「二人だけで話したい、って言うから……」

華「アイスクリームを食べながら、の話題ではなかったでしょうか」

みほ「ううん……それは別にいいんだけど……」

華「……」

みほ「何かの間違いでしょ?って訊いても、無駄だよね……」

華「ほぼ確実だと思います」

みほ「華さんが言うんだもの……香りや臭いに、敏感な」

5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:03:54.01 ID:u37htMRu0


華「吸う人が実家に一人もいなかったので、わたくしはそんなものと、無縁で過ごしてきました」

みほ「うん」

華「でも、たまに実家へ来る親戚に、すごく吸う人がいました」

みほ「じゃあ、その人と同じ臭いがするってこと?」

華「はい。優花里さんは、その親戚ほどひどい臭いではありませんけど」

みほ「華さん以外、例えば私には、分からないくらいだものね」

華「……みほさん、どう思いますか?」

みほ「どう、って……。正直言って、私……」

華「……」

みほ「まだ混乱してて、よく分からない」

華「……」

みほ「相変わらず、何かの間違いでしょ、としか……考えられないよ」

華「もちろんわたくしも、自分が間違っていたらいいと思います」

みほ「このこと、沙織さんと麻子さんには?」

華「まだ話していません」

みほ「……」

華「まず、わたくしたちのリーダーであるみほさんへお伝えしようと思いました」

みほ「うん……私たちは友達だけど、戦車道だと……」

華「みほさんは車長であり、隊長ですから」

みほ「……そういえば」

華「何でしょう」

みほ「戦車道、っていえば……」

華「はい」

みほ「最近の優花里さん、今までと何だか違った」

華「どのようにでしょうか」

6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:08:18.81 ID:u37htMRu0


みほ「口数が少なくなった。元気ないなぁ、それとも機嫌悪いのかな、って感じてた」

華「練習中、車内での様子に変わりはありませんけど……例の臭い以外は」

みほ「でも、動作が荒くなったよ」

華「そうなんですか?」

みほ「うん。そんなに勢いつけて装填する必要ないのに、って思ったことがある」

華「……」

みほ「まるで、自棄でやってるみたいだった」

華「……」

みほ「でも、それが無駄な動きになって、作戦行動に影響するほどじゃなかったから……」

華「本人へは、言わなかった……?」

みほ「うん」

華「わたくしも、気付いたことがあります」

みほ「どんなこと?」

華「以前は練習が終わったら、皆さんで一緒に下校していました」

みほ「うん。でも今は、先に帰っちゃったり……」

華「いつの間にか、挨拶もせずにいなくなってしまったり、ですね」

みほ「私も気付いてたけど、用事があって急いだりしてるのかな、って思ってた」

華「そうする理由をいちいち、訊いたりしませんし」

みほ「優花里さんが、そんなもの吸ってるって……どういうことなんだろ」

華「……」

みほ「どうしたらいいんだろ、私たち」

華「すごく、言いにくいのですが……」

みほ「何?」

華「最悪のケースも、あるのではないかと」

みほ「最悪のケース……?」

7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:11:11.02 ID:u37htMRu0


華「それは、優花里さんがグレてしまった、不良になってしまったというケースです」

みほ「そんな……友達が……」

華「……」

みほ「自分の友達が、そんなふうになっちゃうなんて……」

華「わたくしだって、そんなことは想像したくありません」

みほ「そんなの、本当に、もう……何て言ったらいいか分からないくらい、最悪だよ……」

華「……」

みほ「私たち、どうすればいいの……?」

華「みほさん」

みほ「うん」

華「本人に直接、わたくしが訊くつもりです」

みほ「えぇ? ほんと?」

華「本気です」

みほ「……」

華「わたくしなりに、知恵を絞ってみましたけど……」

みほ「うん」

華「今、とにかく大事なのは、これが露見しないことです」

みほ「このことを知ってるのは、多分……」

華「みほさんと、わたくしだけです」

みほ「沙織さんと麻子さんには……」

華「真相を確かめてからにしましょう。まだ事実だと決まったわけではありません」

みほ「これ以上、情報を広めちゃいけないんだね」

華「特に、風紀委員の皆さん。たとえ噂でも、耳に入ったら大変なことになります」

みほ「全国大会で、風紀委員のみんなとは、すごく仲良しになったけど……」

華「さすがにこれは、見逃してくれません」

8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:14:59.60 ID:u37htMRu0


みほ「うん。所持品検査の標的にされたら危ない」

華「まさか学校にまで、それを持ってきているとは思いたくありませんけど……」

みほ「マークされたら、何かの機会にバレる、っていう可能性は高くなるね」

華「形跡が見付かってしまうだけでも、査問の対象になるでしょう」

みほ「風紀委員のみんなと、いくら仲良くなっても……」

華「それとこれとは話が別、ですね」

みほ「真実を確かめなくちゃ」

華「もし事実だったら、一刻も早く、やめてもらわなければなりません」

みほ「ね、華さん。私も行くよ。優花里さんと会う時」

華「いえ、それには及ばないかと」

みほ「え……? 私も、優花里さんと話をするよ」

華「みほさん、繰り返しになりますけど……」

みほ「うん」

華「まだ、優花里さんがそんなことをやっていると、決まってはいません」

みほ「……」

華「わたくしが、事実を確かめます」

みほ「……」

華「まだ、あまり大袈裟な動きをしない方がいいでしょう」

みほ「うん……」

華「みほさんは、普段どおりにしていてください」

みほ「分かった……」

9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:18:09.40 ID:u37htMRu0





優花里「私に話なんて、珍しいですね。五十鈴殿」

華「お手間はとらせません」

優花里「しかも、こんな所に呼び出して」

華「人がいない場所を選びました」

優花里「格納庫の裏とは……」

華「穏やかじゃない、と思いますか?」

優花里「これから始まるのは、タイマンかカツアゲですか?」

華「……」

優花里「私、五十鈴殿に恨まれるようなこと、しましたっけ」

華「……」

優花里「それともまさか、告白ですか? 私、女ですよ?」

華「両極端ですね……。そのどちらでもありません」

優花里「分かってますけどね」

華「何ですか?」

優花里「私、分かってるんですよ」

華「何を、でしょう」

優花里「五十鈴殿の、用件」

華「……」

10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:21:18.58 ID:u37htMRu0


優花里「初めて会った時のこと、憶えてます?」

華「初めて、会った時?」

優花里「私たちの戦車道は、みんなで戦車を探すことから始まりました」

華「ああ、その時の……」

優花里「そして私たちは、38(t)を見付けた」

華「……」

優花里「そうできたのは、五十鈴殿のお陰でしたね」

華「……優花里さん」

優花里「すごい嗅覚を、お持ちです」

華「優花里さん、何の話をしているのですか?」

優花里「だから、五十鈴殿の用件を、分かってるって言ってるんですが」

華「……」

優花里「とぼけないでくれませんか」

華「……」

優花里「気付かれるとすれば、まず五十鈴殿だと思ってました」

華「ますます、言っていることが……」

優花里「だんだんイライラしてきました。はっきり、させましょう」

華「……」

優花里「五十鈴殿の、用件は……」ゴソ

華「あ……!」

優花里「これの、ことですよね?」

華「……」

11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:24:00.55 ID:u37htMRu0


優花里「ふん……。“やっぱり”って顔、してるじゃないですか。五十鈴殿」

華「……しまってください、それを。今すぐに」

優花里「五十鈴殿がそう言うのは、おかしいですねえ」

華「もし、誰かに見られたら……」

優花里「そうならないように、この場所を選んだはずですが」

華「いいから、早く……!」

優花里「こんなことくらいで、どうしてそんなに慌ててるんです?」

華「何を言ってるんですか? “こんなことくらい”では、済まないんです!」

優花里「……」シュボッ

華「!!」

優花里「……フーッ……」

華「……優花里さん」

優花里「何ですか?」

華「あなた、今、自分が何をしてるか、分かってますか?」

優花里「分かってますよ?」

華「……」

優花里「タバコを、吸ってるんです」

華「……」

優花里「五十鈴殿こそ、見て分かりませんか?」

華「あ、あなたは……」

12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:26:47.56 ID:u37htMRu0


優花里「五十鈴殿。大体、どう訊くつもりだったんです?」

華「……は?」

優花里「まさか私に、“タバコ吸ってますか?”って訊くつもりだったとか?」

華「……」

優花里「そんなふうに訊かれても、私が、さっきの五十鈴殿みたいに……」

華「……」

優花里「素ッとぼけて否定したら、それ以上どうしようもないのを、分かってますよね?」

華「それは……」

優花里「でも、五十鈴殿のことですからね」

華「……」

優花里「きっと、すごくうまい訊き方を、考えてきてたんでしょうけど」

華「……」

優花里「相手が絶対に白状してしまうような、誘導尋問みたいな訊き方を」

華「……もう、どうでもいいんです。そんなことは」

優花里「私は今、五十鈴殿へそんな手間を掛けさせずに、自分からバラしたんですよ?」

華「いい加減にしてください、優花里さん」

優花里「少しくらい、感謝してもらってもいいと思いますけどねえ」

華「優花里さん、あなたは……」

優花里「面白くないんですよ。いろいろと」

華「……何ですか?」

優花里「今、私の家、最悪なんです」

華「……」

13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:31:25.81 ID:u37htMRu0


優花里「両親が、ケンカばかりして……もうずっと」

華「……」

優花里「私がいる前でも、些細なことで延々と言い争ったりして」

華「……それと、タバコにどういう関係が?」

優花里「もう、どうでもいいんですよ。私」

華「……」

優花里「うちの親が床屋をやってるの、知ってますよね」

華「ええ」

優花里「あまり、儲かってないみたいなんです」

華「……」

優花里「そのくらい、子供の私にだって分かります」

華「……」

優花里「両親の仲が悪いのは、それが原因。ほとんど間違いありません」

華「でも、そうだとしても、だからといって……」

優花里「私に居場所なんて、ないんですよ」

華「……」

優花里「学校が大して楽しいわけじゃない。家は、もっと居心地が悪い」

華「……」

優花里「面白くないんですよ。どこにいても」

華「……だから、そうだとしても……」

優花里「でも、御心配なく。戦車道は続けますよ?」

華「わたくしは、そのことだけを気にしているのではありません」

優花里「今、楽しいのは、戦車道をやってる時だけ」

華「……」

14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:33:53.71 ID:u37htMRu0


優花里「さて、もういいですか?」

華「まだ、お話は終わって……」

優花里「こっちにはこれ以上、話すことはありませんが?」

華「……」

優花里「じゃあ、私は行きますね」

華「……待ってください、優花里さん」

優花里「……何ですか?」

華「それをどうするつもりですか?」

優花里「ああ、これですか。こういう物を持ってまして」

華「……携帯用の、灰皿……」

優花里「まだ私も、その辺りに吸殻を捨てるほど、やさぐれてないんでしょうね」

華「……」

優花里「でも、いつそうなるか分かりません。ま、どうでもいいですけど」

華「……まるで、他人事みたいに……」

優花里「じゃ、これで」

華「……」

15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:37:19.02 ID:u37htMRu0





沙織「……」

麻子「……」

みほ「二人とも、ごめんね」

沙織「……」

麻子「……」

みほ「うちへ来て、なんて急に言って。それで、こんなこと話して……」

華「ショックだったでしょうね」

沙織「……何か、雰囲気がおかしいな、とは思ってたよ」

麻子「秋山さんを呼んでないのは、どうしてかと考えてたが……」

沙織「これが、その理由なんだね」

華「はい」

みほ「それから……」

沙織「うん」

みほ「もう一つ、謝らなくちゃいけないことがあるの」

沙織「何?」

華「これを、沙織さんと麻子さんに黙っていたことです」

麻子「それなら、気にしないでほしい」

沙織「うん。ちょっと水臭いかな、とは思うけど……」

麻子「こんな話だ。当然、知ってる人間は少なければ少ないほどいい」

沙織「それに、ゆかりんが本当にタバコ吸ってるかどうか、分からなかったんでしょ?」

華「ええ」

麻子「その段階で不用意に情報を拡散してしまうのは、あり得ない」

みほ「うん……。ごめんね、二人とも」

華「申し訳、ありませんでした……」

麻子「いいから。気にしないでほしい」

16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:42:45.95 ID:u37htMRu0


沙織「ね、麻子」

麻子「何だ」

沙織「タバコって、吸ってるのバレたらどうなるの?」

麻子「少なくとも数週間の停学と自宅謹慎。最高で退学」

沙織「ええ!? 注意されるくらいじゃないの? そんなに厳しいの?」

麻子「今言ったのは、これまで実際にあった処分の例だ」

華「生徒がお酒とタバコに関わったら、待っているのは厳罰です」

沙織「どうしてそんなに厳しいの?」

麻子「学園艦では、酒とタバコに関しては全般的に厳しい。生徒に限ったことじゃない」

みほ「大人だって、買うのはすごく面倒なんだよね」

沙織「そっか……。確か、専用のカードが必要だっけ」

麻子「生体認証機能付きの購入許可証だな。本人以外は絶対に使えない」

華「それを手に入れるためには、審査を受けた上で、登録が必要です」

みほ「でも、カードを持ってる人に買わせる、ってのもできるけど……」

麻子「その横流しが発覚した事件が、昔あった。関係者は全員、退艦処分になったそうだ」

沙織「……もしも……もしも、だよ? 退学なんてことに、なっちゃったら……」

みほ「優花里さんの場合、家がここにあるから……」

華「御家族ごと、学園艦にいられなくなってしまうかもしれません」

麻子「“あの家は、子供が退学になったのに……”」

華「“どうして平気な顔で、ここに住んでいられるんだろう”」

沙織「……」

みほ「そう思う人がいても、おかしくないんだね」

麻子「退学は事実上、一家そろっての退艦処分といえる」

華「学園艦からの、追放です」

沙織「……ひどい……」

17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:46:30.43 ID:u37htMRu0


麻子「沙織、それは逆だ」

沙織「逆、って?」

麻子「そのくらいのリスクがあることを、秋山さんはやってるんだ」

沙織「うん……そうだね……」

みほ「絶対、絶対に、やめさせないと」

麻子「じゃあ、どうするか。それを考えなくては」

沙織「でも、華の話だと、原因は親のことなんでしょ?」

みほ「家庭の事情ってことだね」

沙織「他人の私たちが、口挟んでいいのかな……」

みほ「私たち、御両親に1回だけ会ったよね」

麻子「秋山さんがサンダース大付属へ、偵察に行ってくれた時だな」

華「仲が良さそうな御両親と、お見受けしましたけど……」

みほ「信じられないよね」

沙織「大会は、ほとんど全部の試合、そろって観に来てくれたんじゃなかった?」

華「決勝では、泣いていらしたそうです。優花里さんが前に言っていました」

みほ「お母さんが?」

華「いえ、お父様が」

沙織「超優しい、お父さんだね……」

みほ「うん」

麻子「お母さんもだ。例の、みんなで家へ押し掛けてしまった時には……」

みほ「突然だったのに、歓迎してくれたよね」

沙織「どうしてこんなことに、なっちゃうんだろ……」

みほ「御両親のことが原因だと、私たちじゃ、どうにもならないかも」

18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:50:35.97 ID:u37htMRu0


華「でも、みほさん」

みほ「何?」

華「確かに、御家庭の事情に立ち入るのは難しいかもしれません」

麻子「むしろそれは、やらない方がいいだろう」

華「ええ。ただの友人でしかないわたくしたちには、出過ぎた真似です」

麻子「だが、本人の行動について、諭すのはできる」

沙織「私たちは、ゆかりんのことだけを考えればいいんだね」

みほ「うん……私たちが優花里さんにできることを、考えなくちゃ」

沙織「今はとにかく、タバコをやめさせるのが最優先だよ」

華「わたくしが会った時の優花里さんは、取り付く島もないような雰囲気でした」

みほ「うん」

華「でも、説得に応じてくださる可能性はあると思います」

沙織「華、どうしてそう思う?」

華「彼女の態度は、目の前でタバコを吸ったり、とんでもないものでした」

みほ「……」

華「でも優花里さんは、おうちのことや自分の気持ちについて、素直に話してくれました」

麻子「完全には、自棄になっていないのか」

みほ「まだ、こっちの話を聞いてくれる余地は、残ってるかもしれないんだね」

華「わたくしが会った感触では、そう思います」

沙織「それなら、やるしかないね。タバコが誰かにバレる前に、一刻も早く」

華「ええ。……最後に、気になることも言っていましたし」

みほ「気になる、って?」

沙織「どんなこと言ったの?」

華「言葉をそのまま、憶えているわけではありませんけど……」

みほ「うん」

19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:55:17.81 ID:u37htMRu0


華「“まだそれほど、やさぐれてないんだろう。でも、いつそうなるか分からない”」

みほ「……」

麻子「……」

沙織「……何か、微妙な言い方だね」

みほ「……冷静だよね。自分のことなのに」

麻子「自分の現状を、冷静に把握してるのか。心は荒んでるはずだが」

沙織「ゆかりんって、ハッキリ言って“熱血戦車バカ”だけど、実は……」

麻子「その頭脳明晰さは、誰もが暗に認めてる」

華「ええ。彼女が持っている戦車や軍事関係の知識は膨大です」

沙織「それを、理路整然、っていうの? きちんと順序立てて喋るよね」

麻子「秋山さんは恐らく、チームの中で最も論理的な頭の持ち主だろう」

みほ「冷静なのは、その頭のよさが原因なのかな……」

麻子「だが本人が言うとおり、いつ状況が悪化しても、おかしくないのかもしれない」

華「放っておいたところで、事態が好転するとは思えません」

みほ「好転するきっかけを作るのは、私たちだね」

沙織「うん。今すぐ、ゆかりんと会う約束しようよ」

華「そうですね。次の練習までの間に、事態を解決すべきでしょう」

沙織「早く何とかしなくちゃ。こんなこと知った後で、普通に練習なんかできないよ」

麻子「チームワークに影響が出るのは、必然だ」

みほ「私がメールしようか?」

沙織「みぽりん」

みほ「何?」

沙織「でも、みぽりんはまだ、じっとしてて」

みほ「え? どうして?」

沙織「何でもかんでも、みぽりんに頼るなんてできないよ」

麻子「沙織の考えに賛成だ」

みほ「麻子さんも、どういうこと?」

20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:57:05.90 ID:u37htMRu0


麻子「西住さん、これまでのことを憶えてるか?」

みほ「これまで、って……そんな漠然とした言い方されても」

麻子「ほとんど全ての局面で、それを打開したのは西住さんだった」

みほ「それは……そうできたのは、みんなと一緒だったから」

沙織「そんなの分かってるよ。でも、私たちが言いたいのは……」

麻子「西住さん無しでは、決してここまで、やってこられなかったということだ」

沙織「今回くらい、私たちに任せてくれない?」

みほ「でも、私だって、みんなを手伝えたら……」

麻子「もちろん私たちでは、どうにもならない可能性がある」

沙織「そうなったら、みぽりんにお願いするよ」

みほ「……」

麻子「まあ十中八九、西住さんに出番がまわってくる結果になると思うが」

みほ「そうなの?」

沙織「それは、いつものゆかりんを見てれば、分かるでしょ?」

麻子「秋山さんは、西住さんを尊敬してる」

沙織「私たちの言うことは、聞かなくても……」

麻子「西住さんの言うことなら、ほぼ間違いなく、聞くと思う」

みほ「そんな……私なんて……」

21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 20:59:53.75 ID:u37htMRu0


華「わたくしも、二人と同じ意見です」

みほ「華さんまで。でも、もし、そうだったら……」

沙織「何?」

みほ「やっぱり私も一緒に行った方が、いいんじゃないかな……」

沙織「最初からみぽりんが出ていって、一気に決着をつけるってこと?」

みほ「うん」

麻子「確かに、戦力の逐次投入は天下の愚策といわれてる」

華「でもこの場合は、それに当てはまりませんね」

沙織「みぽりんは、切り札なんだよ」

麻子「私や沙織が、説得の下地を作る」

沙織「そして最後に、みぽりんというカードを切る」

みほ「……」

華「全員がどれだけ優花里さんを心配しているか、段階を踏むことで分からせるのです」

麻子「戦力の逐次投入じゃなくて、いってみれば波状攻撃だ」

沙織「それに、みぽりんに出てきてもらう前に、説得できちゃうかもしれないよ?」

麻子「可能性は低いけどな」

みほ「……」

華「今度は、わたくしたち3人で行きます」

麻子「西住さんは、もう少し辛抱していてほしい」

みほ「……分かった」

沙織「じゃ、私がメール送るね」

みほ「……」

沙織「ゆかりんのは……あ。あったあった」

22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:05:58.14 ID:u37htMRu0





優花里「これは皆さん、おそろいで」

麻子「秋山さん。用件は分かってるな?」

優花里「ええ。今度こそ、この格納庫裏で私をボコボコにするんでしょう?」

沙織「何言ってるの……?」

優花里「違うんですか? 西住殿がいないのはそれが理由だと思ってましたが」

華「優花里さん。まだ、タバコを吸っていますか?」

優花里「ええ。それが何か?」

沙織「……」

麻子「単刀直入に、言う」

優花里「何ですか?」

麻子「それを、今すぐやめてほしい」

華「露見したらただでは済まないし、何より、自分の体には害しかありません」

沙織「何も良いことないの、分かってるでしょ?」

優花里「用件って、そんなことですか」

華「前にも言いました。“そんなこと”では済まないのです」

麻子「理解してるはずだ、秋山さん」

沙織「タバコなんて、やめてよ。お願い」

優花里「お断りします」

沙織「……!」

23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:08:52.52 ID:u37htMRu0


麻子「秋山さん、なぜだ。理由を聞かせてほしい」

優花里「私は逆に、それ以前のことについて皆さんへ訊きたいですね」

華「それ以前のこと? 何でしょうか、それは」

優花里「どうして皆さんは、私にそんな命令をできるんですか?」

沙織「命令なんかじゃないよ。お願いしてるんだよ」

華「確かに、何をしようと個人の自由かもしれません」

麻子「でも、タバコは危険だ」

沙織「見付かったらどうなるか、知ってるでしょ?」

優花里「大きなお世話ですね」

沙織「なっ……」

麻子「バレたら間違いなく、家族へ影響が及ぶんだぞ?」

華「そんなリスクを冒してまで、することでしょうか」

優花里「……家族の話を、しないでください」

華「優花里さん、何がそんなに面白くないんですか?」

麻子「五十鈴さんから聞いたが、やはり、親のことなのか?」

優花里「……私は今、家族の話をしないで、と言いました」

沙織「親の仲が少し悪いからって、自分がタバコを吸っていいわけないでしょ?」

麻子「その二つは、無関係だ」

華「御両親だって、いつか仲直りするのでは」

優花里「聞こえませんか? 親の話をするな、って言ってるんです」

沙織「どうして? 大切なお父さんとお母さんのことでしょ?」

麻子「家族への迷惑を考えれば、タバコなんてすぐにやめられるはずだ」

華「それに、同じ家に住んでいれば、まず御両親に見付かってしまいます」

優花里「だから! 親の話をするな!って、言ってるでしょう!!」

24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:11:51.59 ID:u37htMRu0


沙織「……」

麻子「……」

華「……優花里さんが、そんなに大きな声を出すなんて」

優花里「大きな声を出さなくちゃ、分からない人たちが、いるからですよ……!」

沙織「……何よ……もう!」

麻子「沙織?」

沙織「さっきから何言ってるのよ、ゆかりん! もう、わけ分かんない!」

優花里「ふん。分かってもらわなくても、いいですよ」

沙織「どうして、親の話がそんなに嫌なの!?」

優花里「だから、その話をするな、と言ってるんですが」

沙織「お父さんとお母さんが、大事じゃないの!?」

優花里「もう一度、大きな声を出さなくちゃいけませんか?」

沙織「大体、親のことで悩めるなんて、幸せだと思わないの!?」

優花里「……武部殿、何を言ってるんですか?」

沙織「麻子なんて、親はもういないんだよ!!」

優花里「……」

沙織「親のことで悩みたくたって、悩めないんだよ!!」

優花里「……」

華「――麻子さん」

麻子「――私なら、大丈夫だ。沙織を止める必要はない」

優花里「それは……確かに……」

沙織「何よ?」

優花里「冷泉殿の事情は、お察しします」

25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:14:26.97 ID:u37htMRu0


沙織「そうでしょ?」

優花里「親がいないって事情が、あるんですよね」

沙織「やっと、分かってくれた?」

優花里「でも……」

沙織「何?」

優花里「私には、親がいる事情、ってのがあるんです」

麻子「!」

優花里「さっき武部殿は、こう言いましたよね」

沙織「な、何よ……」

優花里「私みたいに親のいる人は、“親のことで悩めて、幸せだ”って」

沙織「……」

優花里「私は逆に、こう思うんですが」

沙織「……」

優花里「親のいない人は、“親のことで悩む必要がなくて、幸せだ”って」

麻子「……」

沙織「……ひどい……何てこと、言うのよ……」

華「……優花里さん、ひど過ぎます」

優花里「そうですか? こんなの、当たり前のことじゃないですか」

沙織「当たり前……?」

優花里「親のいない事情ってのがある。一方で、親のいる事情ってのもある」

麻子「……」

優花里「両方とも、当たり前のことです。どっちが幸せか比べるなんて、意味ないですね」

沙織「……」

26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:17:47.30 ID:u37htMRu0


麻子「……秋山さんの、言うとおりだ」

沙織「麻子!?」

麻子「行こう。沙織」

沙織「ちょ、ちょっと麻子!」

麻子「……」

沙織「いいの!? 何か言い返さなくて!?」

麻子「言い返すことなんて、ない」

沙織「どうして!?」

麻子「秋山さんの言ってることは、正しい」

沙織「あ……ちょっと待ってよ! もう行っちゃうの!? ねえ麻子!」

麻子「……秋山さん。わざわざ来てもらって、すまなかった」

優花里「いえ。さすが冷泉殿です。理解してもらえると思ってました」

麻子「……」

沙織「華……私、麻子に付いててあげるから……!」

華「分かりました……」

優花里「……」

華「……」

優花里「……二人とも、行っちゃいましたね」

華「……」

優花里「さて、私は一服しますか」

華「……優花里さん」

優花里「何ですか?」シュボッ

華「見損ないました……優花里さん!」

優花里「……フーッ……」

華「あんなことを、言うなんて!」

27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:20:39.76 ID:u37htMRu0


優花里「大きい声出さないでください。聞こえてますから」

華「ひど過ぎる、残酷過ぎるって、思わないんですか!?」

優花里「へーえ?」

華「何ですか、その態度は! 真剣に話してるんですよ!」

優花里「ふーん……じゃあ、言いますけど」

華「何ですか?」

優花里「私、間違ったこと、喋ってます?」

華「……どういうことですか?」

優花里「誰にだって事情がある。そんなの、当たり前じゃないですか」

華「……」

優花里「何かの事情を抱えてない人なんて、この世にいるんでしょうか」

華「……」

優花里「それに、ひどいとか残酷とか言うんだったら、それは私じゃないですけど?」

華「何を、言ってるのか……」

優花里「さっきの武部殿の方が、よっぽど残酷だったと思いませんか?」

華「……」

優花里「親のいる人は“親のことで悩めて、幸せだ”なんて言ってましたよ?」

華「それは……」

優花里「まるで、それに比べて、親のいない人は不幸せで、惨めで、可哀想で……」

華「……」

優花里「劣ってる存在、みたいじゃないですか」

華「……」

優花里「五十鈴殿も本当は、ひどい言い方だって思ってるんでしょう?」

華「わ、わたくしは……」

28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:24:18.29 ID:u37htMRu0


優花里「よく、親のいない子や片親の子が、差別されたりいじめられたりしますよね」

華「……」

優花里「それは、あんな上から目線の考え方をする人が、たくさんいるからだと思います」

華「……」

優花里「五十鈴殿。これも私、間違ったこと言ってます?」

華「――それは……」

優花里「何ですか?」

華「――それは……確かに……」

優花里「何ですか? 聞こえませんよ?」

華「――確かに、あなたの言っていることは……」

優花里「まだ聞こえませんよ? ほら、さっきみたいに大声で喋ったらいいじゃないですか」

華「……」

優花里「どうして今、それが、できないんですかねーえ?」

華「確かに、優花里さんの言っていることは、正しいかもしれません」

優花里「ふっ。やっと理解してくれましたか」

華「でも、勘違いしないでください」

優花里「……勘違い?」

華「たとえ、その理屈を分かったとしても……親を失った悲しみ、心の傷……」

優花里「……」

華「そういうものが癒えるとは、全く思いません」

優花里「……」

29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:27:17.71 ID:u37htMRu0


華「さっきの麻子さんを見たでしょう?」

優花里「この場にいるんだから、見てないはずありませんが」

華「あんな、消え入りそうなくらいに、弱々しく、傷ついた麻子さん……」

優花里「……」

華「あんな麻子さんを、見たことがありますか?」

優花里「……」

華「沙織さんの言葉についても、そうです」

優花里「どうだって言うんです?」

華「あの言い方は確かに、親のいないかたを、少し見下してしまっているでしょう」

優花里「“少し”とかじゃなくて“見下してる”ってのが問題じゃないですか」

華「あなたは、あの言葉の背後にあるものを全然分かっていない」

優花里「……何を言ってるんでしょう」

華「あれは沙織さんが、人を思いやって、気遣っているからこそ出てきた言葉です」

優花里「……」

華「あなたの理屈に、それがありますか?」

優花里「……」

華「人への思いやり、気遣いがありますか?」

優花里「……」

30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:29:54.20 ID:u37htMRu0


華「優花里さん」

優花里「……何ですか?」

華「麻子さんに、謝ってください」

優花里「……」

華「ひどいことを言ったと、謝ってください」

優花里「……気が向いたら、そうしますよ」

華「!! なっ、何て……」

優花里「じゃ、もういいですか?」

華「……」

優花里「そういうことで」

華「優花里さん」

優花里「……まだ何か?」

華「一つ、訊きたいことが、あります」

優花里「何ですか? もったいぶって」

華「あなたは……」

優花里「早く言ってください」

華「タバコを、どうやって手に入れているんですか?」

優花里「……何を言うのかと思ったら」

華「答えてください、優花里さん」

優花里「……」

31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:32:33.45 ID:u37htMRu0


華「この学園艦ではお酒とタバコに関して、ものすごく制限がかけられています」

優花里「……」

華「陸の人たちには、異常と思われているくらいです」

優花里「知ってますよ」

華「それなのにあなたは、どうやってタバコを手に入れているんですか?」

優花里「……」

華「答えてください」

優花里「……」

華「どうして、何も言わないんですか?」

優花里「……それは、ですね」

華「何でしょう」

優花里「答える必要が、ないからですよ」

華「……」

優花里「私は今、“答える必要がない”と、答えました」

華「……」

優花里「これで、何か訊かれたことへの返事には、なりますよね」

華「……答えられない。言えない。そうなんですね、優花里さん」

優花里「会話は成立したはずです。で、こちらにはもう、言うことは何もありません」

華「……」

優花里「今、これ以上話をする理由なんて、ないですよね?」

華「……」

優花里「じゃ、これで」

華「……」

32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:37:28.23 ID:u37htMRu0





みほ「優花里さんは……思ってたより、状況が深刻みたいだね」

華「はい。率直に言って、そのとおりです」

沙織「まるで、違う人みたいだった……いつの間に、あんなになっちゃってたのよう」

麻子「もうボヤくな、沙織」

沙織「“最高だぜェ!”って叫んでた、明るい元気なゆかりんは、どこ行っちゃったのよう」

麻子「ボヤいたって何も解決しないぞ」

沙織「麻子、悔しくないの? あんなこと言われて」

麻子「前にも話したが、秋山さんの言ってたことは正しい」

沙織「そうかもしれないけど、でも……」

華「みほさん、申し訳ありません。わたくしたちではやはり無理でした」

沙織「ごめんねみぽりん。やっぱり、またみぽりんに頼っちゃうよ」

みほ「そんな、謝らないで。私にできることは何でもするから」

華「最後の頼みの綱は、みほさんです」

麻子「失敗が許されない役目を、担わせてしまうが……」

みほ「だけどここまでは、みんなで書いたシナリオと一緒だよね」

華「……それは、そのとおりなんですけど……」

沙織「……」

麻子「どうした、沙織」

沙織「……御飯が、おいしくない……」

みほ「え。そんなことないよ、おいしいよ」

華「沙織さんが作ってくださったんですから。いつもどおりにおいしいですよ」

沙織「ありがと……でもいいよ、みんな、無理しなくて」

麻子「食欲が湧くような気分じゃないと思うが、残さず食べろよ」

みほ「食べておかなくちゃ。どんな気持ちでいたって、お腹は空くんだから」

沙織「うん……分かってる」

華「それに残したりしたら、このお部屋のみほさんに御迷惑です」

みほ「そんなの、気にしなくていいけど……」

33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:41:03.70 ID:u37htMRu0


沙織「麻子」

麻子「何だ」

沙織「あの時……どんなこと、考えてたの?」

麻子「……」

みほ「……珍しいね。麻子さんが黙っちゃうなんて」

沙織「言いたくないなら、別にいいけど」

華「あの後、沙織さんは麻子さんを送っていったのでは」

沙織「うん。でも麻子は、帰り道で一言も喋らなかったんだよ」

華「……」

麻子「分かった。話そう」

華「麻子さん、無理をしないでください」

麻子「大丈夫だ。……あの時、私は、理性と感情が全く別に動いてた」

沙織「……」

麻子「何度も言うが、秋山さんの論理は正しい」

華「……」

麻子「人にはそれぞれの事情がある。こんなのは当たり前のことだ」

沙織「だから、それは分かるけど……」

麻子「いいから、食べながら聞け」

みほ「あ、そうだね。じっと聞いてたら、御飯冷めちゃうよ」

華「麻子さんも食べながら、ゆっくり話してください」

麻子「ああ。……何らかの事情を抱えてない人間など、存在しないだろう」

みほ「……」

麻子「そして、その事情について優劣を比較するなど、全くもってナンセンスだ」

沙織「……」

麻子「“あいつに比べれば良い方だ”とか、“どうして自分だけがこんな目に”とか」

華「……」

麻子「秋山さんの言ってたことは、徹頭徹尾、正しかった」

34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:43:45.35 ID:u37htMRu0


沙織「……ね、麻子」

麻子「何だ」

沙織「本当は、麻子が怒ってるのはゆかんりんじゃなくて、私なの?」

麻子「どうしてそう思うんだ?」

沙織「だって……私はあの時、あんなこと言ったでしょ」

華「……」

沙織「あれは、麻子とほかの人とを、比べる言い方だったよね……」

みほ「……」

沙織「……みぽりんには話が見えないと思うから、説明するね」

みほ「うん」

沙織「私は、ゆかりんを説得する時に、こう言ったの」

みほ「……」

沙織「“麻子には親はもういないんだ。親のことで悩めるなんて幸せだ”って」

みほ「……」

麻子「気にするな、沙織」

沙織「だって……」

麻子「私は分かってる。沙織が私を、いつも気にかけてくれてるのを」

沙織「……」

麻子「その気持ちが、秋山さんを説得する時に、ああいう言い方になって出たんだと思う」

沙織「……」

華「沙織さん」

沙織「何?」

華「麻子さんを気遣っていなければ、そんな言葉すら、決して出てくるはずがないでしょう?」

沙織「……」

麻子「私は分かってる。気にするな、沙織」

沙織「とにかく、ごめん……」

麻子「しつこいぞ。謝る必要など、ない」

沙織「うん……」

35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:47:34.36 ID:u37htMRu0


麻子「話を元に戻す。秋山さんの論理が正しいことは理解できる。だが……」

みほ「……」

麻子「感情は、その理性と全く違う動きをした」

沙織「……」

麻子「私は、怒るというより、悲しかった」

みほ「麻子さん、今もつらそうだよ……」

麻子「大丈夫だ、西住さん」

みほ「……」

麻子「親がいないという自分の境遇」

みほ「……」

麻子「私は親のことで、喜ぶのはもちろん、怒ったり悩んだりするのも永久に不可能だ」

華「……聞いているこちらが、つらいです……」

麻子「そして、それについて友達に、あんな言い方をされてしまった」

みほ「“あんな言い方”? 優花里さんは何て言ったの?」

麻子「秋山さんは、“親のことで悩む必要がないのは幸せだ”と言ったんだ」

みほ「え……?」

麻子「……」

沙織「……みぽりん?」

みほ「……」

華「……みほさん?」

みほ「……優花里さんは、そんなこと言ったの……?」

麻子「……」

みほ「優花里さんは本当に、そんなこと言ったの……?」

沙織「ヤバい……みぽりんが、激怒してる……」

みほ「ねぇみんな、教えて。優花里さんは本当に、そんなこと言ったの?」

華「みほさん、落ち着いて……」

36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:51:34.68 ID:u37htMRu0


麻子「西住さん、予断を持たないでほしい。本人に問いただすまで、この真意は分からない」

みほ「だけど……」

華「売り言葉に買い言葉で、思わず言ってしまっただけかもしれませんから」

みほ「……」

麻子「話の流れとしては、その可能性があるんだ」

みほ「……分かった。麻子さんがそう言うなら」

沙織「めっちゃビビったんだけど……こんなみぽりん、初めて見たよ」

麻子「論理は理解できる。あの言葉も、真意じゃないかもしれない」

みほ「……」

麻子「でもやはり、悲しかった。憤りを、通り越してた」

華「……」

麻子「もう、あの場にいたくなかった」

沙織「だから、早く帰っちゃったんだね……」

みほ「麻子さん」

麻子「何だ」

みほ「優花里さんを、怒ってないの? 許せないって、思ってないの?」

麻子「西住さん。どっちも、あり得ない」

みほ「……」

沙織「……」

華「……“あり得ない”? 完全否定、ですか?」

沙織「しかも今、麻子は……速攻でそう答えたよね」

麻子「ああ。あり得ない。即座に断言できる」

みほ「……」

37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:55:08.72 ID:u37htMRu0


麻子「それは、こういう理由だ」

沙織「どんな?」

麻子「これも理性と感情の話になる」

みほ「……」

麻子「まず理性面。私は、何か間違ったことを言われたわけじゃない」

華「……」

麻子「間違ったことや誤解があれば、私は断固、それを否定し、正しい内容を理解させる」

みほ「その時に、怒ったりするかもしれないんだね」

麻子「そのとおりだ。でも秋山さんの論理は正しい。私には怒る理由も必要もない」

みほ「……」

麻子「次に感情面。確かに私は、悲しい気持ちにさせられた」

華「……」

麻子「言葉も出ないくらいに、凹んだ」

沙織「……」

麻子「だが、秋山さんの発言は真意じゃない可能性が、まだ残ってる」

みほ「確かめる必要があるんだね」

麻子「それは、そうしたいとも思うが、そんなことはどうでもいいという気持ちの方が強い」

沙織「どういう意味?」

38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 21:59:10.33 ID:u37htMRu0


麻子「私は秋山さんを、仲間で、友達だと思ってる」

みほ「……」

麻子「西住さんの前でこんなことを話したら、大袈裟だと笑われるかもしれないが……」

みほ「何? 笑ったりしないよ、言って?」

麻子「戦車道のこと、全国大会のことだ」

みほ「うん」

麻子「私たちは勝ち上がっていったものの、その間に何度も窮地に立たされた」

華「……」

麻子「だが、その絶望的な状況を、何度も克服した」

沙織「……」

麻子「それは私にとって、“死線を越える”という表現が一番ふさわしい経験だった」

みほ「麻子さん、そんなふうに考えてたんだ……」

麻子「おかしな話だと、自分でも思う」

みほ「何が?」

麻子「私はそもそも、戦車道に大して興味があったわけじゃない」

華「麻子さんが参加してくださったのは、単位が理由でしたものね」

麻子「その動機は、一貫して変わらなかった。だが……」

沙織「やってるうちに、のめり込んじゃった?」

麻子「大会が終わり、単位取得のめどがついても、私はこうして戦車道を続けてる」

みほ「……」

麻子「これが、その答えだ」

みほ「私……麻子さんを、いつも落ち着いてるけど心の温かい人、って思ってたけど……」

華「“温かい”どころでは、なかったですね」

沙織「熱い女だよ、麻子は。クールに見えるけど」

華「神技的な操縦のモチベーションは、その熱い想いでしょう」

39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 22:03:25.07 ID:u37htMRu0


みほ「麻子さん。さっき、“大袈裟だと笑われるかも”って言ってたよね」

麻子「ああ」

みほ「全然、大袈裟じゃないよ。私たちは何度も絶体絶命になったんだから」

華「冷静に考えれば、本当に崖っぷちだったのは、ほんの数回だったかもしれません。でも……」

沙織「余裕で勝てた試合なんて、なかった。何だかいつも土壇場、正念場だった気がするよね」

みほ「だけど私たちは、それを乗り越え続けた」

麻子「そうだ。“私たち”は、それを乗り越えた」

みほ「……」

麻子「決して、一人でやったんじゃない。みんなで、やったんだ」

華「……」

麻子「みんなと一緒だから、できた」

沙織「みんなと……」

みほ「優花里さんと……」

華「一緒だから、できた……」

麻子「ああ。秋山さんと私は、共に死線を乗り越えた仲間なんだ」

みほ「……」

麻子「私たちは、仲間だ。友達なんだ」

みほ「……麻子さん……」

麻子「私は確かに、少し悲しい気持ちにさせられた。でも、それが何だ?」

華「……」

麻子「別に、殴られたのでもなければ、面と向かって絶交を言い渡されたのでもない」

沙織「……」

みほ「……だから……」

麻子「……」

40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 22:06:19.32 ID:u37htMRu0


みほ「だから、あの言葉の真意なんて、どうでもいい……」

華「これが、優花里さんを、怒っていない理由……」

麻子「ああ」

みほ「……」

麻子「私たちは……」

みほ「うん」

麻子「私たちは、秋山さんを取り戻さなければ、駄目だ」

華「……取り戻す……」

みほ「うん……こっち側へ、戻ってきてもらわなくちゃ」

沙織「今は別のところへ、ちょっと行っちゃってるだけだよね」

華「……」

麻子「もちろん私は、分かってる」

沙織「何を?」

麻子「いつかはこの5人も、離ればなれになってしまうことを」

みほ「うん……」

沙織「みんなだって、そんなの分かってるよ」

麻子「だが、それは……」

みほ「今じゃ、ない。そうだよね?」

麻子「ああ。断じて、今じゃない」

沙織「うん。絶対、そうだよ!」

華「……」

沙織「ガチで、そのとおりだよ! 今でいいわけないじゃん!」

華「……」

沙織「大体、私たち今、どうして4人だけで御飯食べてるの?」

華「……」

沙織「こんな理由で5人がそろわないなんて、マジあり得ないよ!」

41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/15(土) 22:11:04.70 ID:u37htMRu0


みほ「……華さん?」

華「……」

沙織「……華、どうしたの?」

華「お茶、淹れますね……」

みほ「あ。私がやるよ、華さん」

華「いえ……わたくしに、やらせてください」

沙織「ね、華」

華「はい」

沙織「ちゃんと言ってくれなくちゃ、分かんないよ?」

華「……何を、でしょう」

麻子「五十鈴さん」

華「はい、麻子さん……」

麻子「何か言いたいことがあるんだろ?」

華「……」

沙織「そんなの、私たちが気付かないとでも思ってるの?」

華「……ごめんなさい。図星です……」

みほ「どうかしたの? 華さん」

華「皆さん、実は……」

麻子「何だ」

華「悪いニュースが、あります」

沙織「悪いニュース?」

華「優花里さんに会った日から、こうして集まる今日までの間に……」

みほ「うん」

華「どうやって彼女がタバコを手に入れているか、調べました」

46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:28:28.67 ID:2JrnA4b70





沙織「お。華、やるね」

麻子「秋山さんのタバコ入手ルートか。どう調べたんだ?」

華「優花里さんがいる普通Ⅱ科に、わたくしの友達が何人かいます」

沙織「うん」

華「彼女たちから優花里さんについて、最近の様子を教えてもらいました」

みほ「何か分かった?」

華「ある生徒と親しく話している姿を何回か見た、と複数の友達が言っていました」

沙織「ある生徒?」

華「皆さんは、祐天寺順子という名前を聞いたことがあると思います」

麻子「……」

沙織「……こんなとこで、その子の名前が出てくるなんて」

みほ「ゆうてんじ……誰?」

麻子「西住さんは、まだ知らないか」

華「ある意味、学園の有名人です」

沙織「悪い意味で、ね」

麻子「不良ではない。だが、不良よりも厄介な存在だ」

みほ「どういうこと?」

華「不良とか、そういう半端な、チンピラみたいなものではないのです」

沙織「大洗にいる親が、組長さんなんだよね」

華「ええ。しかも東京の、もっと大きい組の幹部らしいですね」

麻子「祐天寺順子だったら、この学園艦の中でも……」

沙織「タバコを手に入れるくらい、簡単でしょ」

華「ここにも親の息がかかった大人は、間違いなく、いるでしょうから」

47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:32:04.49 ID:2JrnA4b70


麻子「五十鈴さん、その目撃情報は確かなのか?」

華「それを信じない理由は、わたくしには特にありません」

麻子「そうか……」

華「……」

麻子「五十鈴さんの友達を疑うような言い方をして、悪かった」

華「謝らないでください。麻子さんがそう訊く気持ちは、理解できますので」

沙織「何かの間違いならいいのに、って思っちゃうよね」

みほ「ねぇ、みんながそんなこと言うのって、一体……」

麻子「西住さんは知っておいた方がいいと思うから、伝えておくが……」

みほ「うん」

麻子「本人が入学してから学園で起こったほぼ全ての不祥事へ、裏で関わってるらしい生徒だ」

沙織「あの子の顔色を窺う教師までいるよね。要するに、この学園をシメてるの」

華「表の権力を握るのは生徒会。裏の権力は、祐天寺さんですね」

麻子「西住さん。学園に幾つか、素行のよろしくないグループがあるのは知ってるな?」

みほ「うん。どんな学校にもいるよね、そういう人たち」

麻子「祐天寺順子は、そういうグループ同士をまとめてる存在らしい」

華「それらは祐天寺さんを中心、あるいは頂点として、もっと大きな集団を形成しているようです」

みほ「……そんな人が、いるんだ……」

48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:35:06.43 ID:2JrnA4b70


華「でも、ここの不良たちがやっていることは、陸の学校に比べればかわいいものですけど」

麻子「学園艦はどこも生活指導が厳しいし、ここに関していえば一応は進学校だからな」

沙織「進学校っていっても、最近はレベル高い大学へ行った人、少ないよね」

華「進学に関しても目立った実績がない。これも恐らく、廃校にされかけた理由でしょう」

沙織「ぶっちゃけここは、不良の程度も勉強も、どっちも中途半端なんだよね」

麻子「だがそれでも、いや、だからかもしれないが、一通りの不祥事は発生してる」

沙織「飲酒、喫煙、万引き、原チャリ無免許運転、ケンカ……あと何かあったっけ?」

みほ「そういう人たちのリーダーが、その祐天寺っていう生徒……」

華「普通Ⅱ科。学年はわたくしたちや優花里さんと同じです」

麻子「本人は、すごくサッパリした性格の人間らしいけどな」

華「“竹を割ったような気性”というのは、彼女のためにあるような言葉だとか」

沙織「人当たり、っていうの? そういうのは超良いみたいだよね」

みほ「でも……」

華「何でしょう」

みほ「優花里さんがその人から、タバコをもらってるかもしれないんでしょ?」

沙織「買ってるのかもしれないけどね」

華「どちらにせよ、わたくしの友達が教えてくれた目撃情報が正しくて……」

麻子「秋山さんが祐天寺順子と親しいなら、ほぼ確実に、これが入手ルートだ」

沙織「……」

みほ「華さん」

華「はい」

みほ「“最悪のケース”……」

華「……」

49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:38:40.01 ID:2JrnA4b70


沙織「何の話?」

みほ「華さんが、私へ最初に相談してくれた時に、言ってたの」

華「優花里さんがグレてしまった、不良になってしまったケース、ということです」

麻子「祐天寺順子の仲間になってしまったケース、か」

華「皆さんは先ほど、“取り戻す”とか“こっち側”、“別のところ”と話していました」

沙織「うん」

華「それは、喩えで、そういう言葉を使ったのでしょうけど……」

麻子「そうか……五十鈴さんには、そう聞こえなかったんだな」

沙織「だから、さっき様子がちょっと、おかしかったのか」

華「優花里さんが、祐天寺さんの仲間になってしまったら……」

沙織「それは、本当に“あっち側”で……」

みほ「“別のところ”かも、しれないんだね」

華「はい……」

麻子「秋山さんを、“取り戻す”……」

華「それが、現実になってしまった……かも、しれません」

みほ「……」

華「……」

麻子「……」

50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:42:31.63 ID:2JrnA4b70


沙織「……でも……」

みほ「何?」

沙織「確かに、私たちはゆかりんの友達だけど……」

華「はい」

沙織「“そんな子とは絶交しろ”とか、“付き合う相手を選べ”なんて、言えないよ」

華「……」

麻子「ああ。私たちは友達だが、同時に、それ以上の存在じゃない」

みほ「ただの友達、ってことだね」

華「でも、そのかたは……祐天寺さんは、できれば……」

麻子「できれば、秋山さんと無関係であってほしい、付き合ってほしくない生徒だ」

華「……すごく、悩ましいですね……友達が、他のどんな人と友達であろうと……」

沙織「人の友達付き合いに文句言うなんて、そんなの、できないよ」

華「……」

沙織「それに、私たちがどこかで、そう言われてるかもしれないんだし」

みほ「……その可能性は、あるよ」

麻子「西住さん、そう思うか?」

みほ「うん。戦車道に対する偏見は、絶対なくならないと思うから」

華「確かに……わたくしの母が、以前、その偏見の持ち主でした」

沙織「私たちは全国大会で優勝した。でも、だからって……」

麻子「偏見を持ってた人の中で、戦車道そのものへの見方を変える人は、多くないだろう」

沙織「私たちを、こう思ってる人たちだっているかもよ?」

華「どのように、でしょう」

沙織「“戦車道なんかやってる、関わらない方がいい奴ら”って」

華「……」

みほ「うん。いても全然、不思議じゃないよ」

華「もし、わたくしたちが優花里さんへ“祐天寺さんと絶交してください”と言うなら……」

沙織「誰かが“戦車道の人たちと絶交してください”って言っても、何も文句言えないよね」

麻子「ほかの友人との付き合いを断ち切ろうとする。その意味では、どちらも同じだ」

52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:46:35.84 ID:2JrnA4b70


華「……やはり、わたくしたちにできることは、一つしかありませんね」

みほ「うん。タバコを、やめさせること」

沙織「それしか、ないよ」

麻子「秋山さんが誰と友達でいようと、そんなものは個人の自由だ」

みほ「優花里さんが私たちと友達でいるのと、同じだから」

華「そして、わたくしたちが、優花里さんの友達であり続けるためには……」

麻子「秋山さんが、今ここからいなくなってしまう可能性。それを排除すべきだ」

みほ「その可能性を生んでるのが、タバコだね」

沙織「うん。それをやめさせる、これが私たちの最優先事項だよ」

麻子「……じゃあ、どうするか」

華「……それが、問題です」

みほ「入手ルートは、分かったけど……」

麻子「それを突破口にするか?」

沙織「そこへ手をまわすしか、ないんじゃない?」

麻子「十分に策を練る必要があるぞ。その方法を採るとすれば」

華「そもそも、彼女へ接触するという手段が、一番良いのか……」

麻子「ああ。相手は高校生にして、いわゆるホンモノだからな」

華「祐天寺さんは決して、親の威光を笠に着て威張っているのではありません」

麻子「本人にカリスマ性と実力がある。一言、何かを言っただけで学園艦中の不良が動く」

華「あの存在感、そして威圧感は、持って生まれたものでしょう」

沙織「うん。オーラがすごいよね、あの子」

華「“持って生まれた”などという言い方は、問題あるのかもしれませんけど」

麻子「だが、親も子供もそういう種類の人物なのは、事実だ」

みほ「……」

沙織「私が……」

華「何でしょう」

53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:49:58.87 ID:2JrnA4b70


沙織「私が、祐ちゃんに話してみるよ」

麻子「……何だと?」

華「沙織さん、今、何て言いました?」

沙織「え……どっか変? 私が祐ちゃんに話してみる、って言ったんだけど」

麻子「おい沙織、“祐ちゃん”って何だ?」

華「その呼び方は、一体……」

みほ「沙織さん。それって、その祐天寺って人のこと?」

沙織「うん」

麻子「沙織。まさか、知り合いだったのか?」

沙織「顔見知り程度だけどね」

華「これは、驚きです……」

麻子「おい。そんな大事なことを、どうしてもっと早く言わないんだ?」

沙織「怒らないでよ……。だって、話すタイミングがなかった、っていうか……」

みほ「でも沙織さんは、さっきから言い方が私たちと違ったよね。その人のことを喋るときに」

華「……そうでした。“あの子”と言っていましたね」

みほ「私は、“あれ? 実は友達なの?”って思ってたよ」

麻子「いつからだ? 沙織」

沙織「入学したすぐ後くらいだったかなあ。知り合ったの」

華「きっかけは何だったのでしょう」

沙織「あの子の髪質、びっくりするくらい、私のと似てるんだよね」

麻子「そんなのを、見ただけで分かるのか?」

沙織「たまたま気が付いただけ、かもしれないけど。それで、話しかけて……」

華「では、祐天寺さんがその筋のかたと分かったのは、知り合った後でしょうか」

沙織「うん。最初会った時も、何かすごいオーラの子だなあ、とは思ったけど」

華「……」

沙織「でも、それが分かったからって、その後の態度を変えちゃうのもおかしいしね」

54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:53:25.48 ID:2JrnA4b70


みほ「沙織さんって、やっぱりすごい……。誰とでも友達になれるんだね」

華「相手がどんなかたでも、決して物怖じしないのですね」

麻子「そして、知り合うきっかけを作るのが、絶妙だ」

沙織「だから、顔見知り程度だって。友達ってわけじゃないよ。それに……」

麻子「何だ」

沙織「こんなの、誰でもやってるんじゃない?」

みほ「こんなの、って?」

沙織「相手をほんの少しだけよく見れば、話しかける理由なんて、すぐ見付かるよ」

みほ「そんな、簡単に言われても……」

麻子「沙織は恐らくほかの人より、それを見付ける能力に長けてるんだ」

華「そして見付けたら、すぐに話しかける……」

みほ「そんなの、私だったら絶対、無理」

麻子「沙織と祐天寺順子に、共通の話題があるのか?」

沙織「別に、話すことなんてないけど……挨拶くらい。“よう沙織”“祐ちゃん元気?”とか」

華「……」

沙織「それに大体、あの子はⅡ科だから、会う機会あんまりないしね」

麻子「だが、それでも……学園随一の問題児が、知り合いとは……」

みほ「恐るべし、だね。沙織さんのコミュニケーション能力……」

華「そして、人脈……」

55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 19:59:26.21 ID:2JrnA4b70


みほ「沙織さん。話す、って言っても……」

沙織「何?」

みほ「優花里さんのことを、その人へどう話すの?」

沙織「うーん……“ゆかりんに、タバコやめさせたいんだけど”とか?」

麻子「まあ、そんなところか」

沙織「私には、このくらいしか考えつかないけど……どう思う?」

華「それ以上まわりくどい言い方よりも、よろしいのでは」

みほ「そうだね。相手がサバサバしてる人だったら」

華「どのような接し方や話し方がいいのかは、面識のある沙織さんにしか分かりません」

麻子「沙織が一番良いと考える言い方が、まさに一番良いだろう」

華「では皆さん、祐天寺さんの件については……」

みほ「うん」

華「沙織さんへ、全権委任でよろしいでしょうか」

麻子「異議無し」

みほ「私も異議無し。沙織さんは自由に動いてくれたら、いいと思う」

華「どんな結果が出ようと、構わないと思います」

麻子「ああ。この役目は、沙織でなければ不可能だ」

みほ「私たちにできるのは、沙織さんへ完全に任せることだけ」

沙織「うん、分かった。やってみる」

麻子「私たちに祐天寺順子との接触ルートがあると分かったのは、一筋の光明だな」

華「みほさんという切り札以外に、もう一枚カードが増えましたね」

麻子「五十鈴さんからこの名前を聞かされた時は、絶望的ともいえる気分になったが」

華「補給路を断つ、というやり方は、あまりフェアではないかもしれませんけど」

みほ「……やっぱり実は、華さんにも抵抗ある?」

華「それは……やはり、多少は……」

沙織「……」

麻子「どうした、沙織」

56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:02:39.12 ID:2JrnA4b70


沙織「自分で言い出したくせに、こう言うの、変なんだけど……」

麻子「何だ」

沙織「これってゆかりんが知らないところで、本人に関係あることを勝手にやるんだよね」

麻子「この場合は、五十鈴さんが言った“補給路を断つ”というやり方だな」

沙織「みぽりん。戦車道的に、こういうやり方はいいの?」

みほ「ていうか、最初からそんな考え方はないよ」

沙織「あ……そうなの?」

みほ「戦車道は戦争じゃないから。ほかの武道と同じだよ」

麻子「鍛錬し、互いに万全の準備をして、正々堂々と技を競う」

華「そこに“補給路を断つ”などという、戦争のような考え方が入り込む余地はありません」

沙織「でも、だとしたら……」

みほ「うん」

沙織「私たち、何しようとしてるんだろ。いいの? そんなことして」

みほ「……」

麻子「……それは、こういうことだ」

沙織「何?」

麻子「今、私たちは戦車道と、それ以外の実際の生活とを、分けて考えられてない」

沙織「……ごめん。麻子が何言ってるのか、よく分かんない」

麻子「戦車道の世界は、さっきも言ったが、互いに真正面からぶつかり合うというものだ」

沙織「うん」

麻子「だが実際の生活では、それとは全然違うやり方が行われてる」

みほ「資金源や供給源に手をまわす。それで相手に打撃を与える。そんなの当たり前だよね」

華「兵糧攻めですね。正面突破以外で、成果を上げようとする方法です」

麻子「“補給路を断つ”や“兵糧攻め”以外にも、いろいろな言葉があるぞ」

華「“経済封鎖”“糧道を断つ”“干す”“資産凍結”……」

沙織「……」

57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:06:58.02 ID:2JrnA4b70


みほ「麻子さんはやっぱり鋭い。私は今、分けて考えられてなかったかも」

華「わたくしもです。戦車道ではないのだから、フェアも何もありません」

沙織「そっか。戦車道じゃないから、いいのか……」

華「でも、沙織さん」

沙織「何?」

華「だからといって、このやり方を良しとするかどうかは、別の問題では」

みほ「うん。私は、大人のずるいやり方だと思う」

沙織「……」

みほ「大人が、こういうやり方をしてる。私は昔、それを知った時にすごく嫌な気分になった」

沙織「……」

みほ「相手へ正面から向き合うのとは別に、相手のバックにいる人たちへ接触する」

麻子「そのバックにいる存在を、味方にできれば……」

華「もう、勝負はついたといっていいですね」

沙織「相手は、そのバックの言うことを、聞かなくちゃ駄目なんだもんね……」

みほ「大人は、もっとひどいやり方だって、平気でするよ」

沙織「もっと、ひどい?」

みほ「例えば、こういうことをするのが、相手へ何か言う前だったりするの」

沙織「……」

みほ「それどころか、相手に何も言わないで、こういうことだけを隠れてやったりする」

沙織「……」

みほ「でも実際はこの方法で、すごくたくさんの人が幸せになる場合もあるんだよね」

華「“ずるい”などと言っている場合じゃないことも、あります」

麻子「だからこそ大人たちは、この方法を使うんだ」

沙織「……」

58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:09:31.91 ID:2JrnA4b70


華「沙織さん」

沙織「何?」

華「先ほど、祐天寺さんへの接触という役目を、引き受けていただきました」

沙織「うん」

麻子「どうする?」

沙織「どうする、って?」

麻子「本当に、それをやるか?」

沙織「……」

みほ「その役目は、私が“大人のずるいやり方”って言ったことを、する役目だよ?」

華「沙織さん自身も、“そんなことしていいの?”と話していた役目です」

麻子「抵抗があるなら、やめても構わない。誰も沙織に強制はできない」

沙織「はぁ? みんな、何言ってるの?」

華「……」

麻子「……」

沙織「特に、みぽりん」

みほ「え……」

沙織「答えは、決まってるでしょ」

みほ「………」

沙織「意地の悪い言い方しないでよ。みぽりんらしくない」

みほ「……」

59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:12:15.94 ID:2JrnA4b70


沙織「私、やるよ。私が祐ちゃんへ手をまわして、ゆかりんへのタバコの供給ルートを断つ」

華「沙織さん……」

沙織「ここで私が何もしないでいてみ? 私が祐ちゃんに何も言わなかったら、ゆかりんは……」

みほ「……」

沙織「タバコ吸い続けて、それで、いつか見付かって……」

麻子「後は、前に話したとおりだな」

沙織「ねえみぽりん? 友達を一人救えるなら、安いもんだよ。そうじゃない?」

みほ「何が……?」

沙織「私がその“ずるいやり方”をして、“ずるい奴”“卑怯な奴”って思われるくらい、だよ」

みほ「沙織さん、違うの! 私は、沙織さんのことを言ってたわけじゃ……」

沙織「ストップ」

みほ「……」

沙織「みなまで言うな、西住殿」

麻子「……何だ?」

華「優花里さんと時代劇が混ざったような話し方ですね」

沙織「西住殿の思いは、よく分かっておる」

みほ「……」

沙織「わしかて、思いは同じじゃ」

みほ「……」

沙織「だが、わしらは、手段を選んではおられぬのじゃ」

麻子「沙織、普通に話していいぞ」

沙織「え、もうやめちゃう? 場を和ませようと思ったのに」

麻子「その気持ちは結構だが、和むというより、不気味だから」

みほ「沙織さん、ありがとう……分かってくれて」

沙織「いくらおバカな私でも、みぽりんの言いたい中身くらい、分かるに決まってるじゃん」

華「……どうなることかと思いました。この二人の対立なんて、完全に想定外でしたから」

沙織「まったくもう。みぽりんが、らしくない言い方するからだよう」

みほ「ごめんなさい……」

60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:17:19.79 ID:2JrnA4b70


麻子「それにしても、五十鈴さん」

華「はい」

麻子「五十鈴さんはいわゆるお嬢様だが」

華「はい……と答えるのも妙ですけど」

麻子「“チンピラ”や“その筋”という言葉をボキャブラリーに持ってて、少し驚いた」

華「実家へ時折、そういうかたが来ていましたので」

沙織「ええ? 何それ?」

麻子「なるほど」

華「恥ずかしい話ですけど」

沙織「どういうこと? 華んちがそんなのと、関係あったってことじゃないよね?」

華「それは、もちろんです。関係などあるはずがありません」

麻子「失礼なことを言うな、沙織」

みほ「これから、関係を持とうとしてたんだよ」

華「はい。家が、目をつけられるらしくて」

沙織「そっか、ごめん……あんなに大きいお屋敷だから、お金を強請りに来てたのか」

華「大抵は新三郎が追い返していましたけど、あまり邪険にするのも上策とはいえません」

沙織「どういうこと?」

麻子「うまく付き合ってくのも、必要か」

華「ええ。何をされるか分かりませんから。母も少々、苦労していたようです」

沙織「すごい世界だね」

華「自分の将来なんて、まだ分かりませんけど……」

みほ「何?」

華「恐らくわたくしは五十鈴流を継いで、あの家の当主になるのだと思います」

麻子「五十鈴家では代々、家元である奥方が当主か」

華「はい。当主として家を守っていく中では、様々なことが起こるでしょう」

沙織「……」

華「綺麗事ばかりでは、済まされませんわ」

61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:21:11.42 ID:2JrnA4b70


沙織「みぽりんの実家は?」

みほ「うちも、事情は似てるかな」

華「差し支えなければ、お話を聞かせてください」

みほ「うちの場合は武道だから、華さんちより、もっと状況はすごいかも」

麻子「武器や兵器を扱うからな」

みほ「うん。うちにもそういう人たちが来てたけど、多分、狙ってたのはそれだと思う」

沙織「やっぱり追い返したり、うまく付き合ったり?」

みほ「お手伝いさんの中に逞しい人がいて、その人が怒鳴りつけるの。すごい迫力だよ」

華「ですが、うまく付き合うといっても……」

麻子「戦車を触らせるわけには、いかないと思うが」

みほ「うん、絶対に駄目。そこは華さんちと違うところ。完全にシャットアウトする方針みたい」

華「甘い顔をしていると、つけ上がるでしょうから」

みほ「前に1回、こんなことがあって」

沙織「どんな?」

みほ「お母さんはそういう人たちと、一切会わないようにしてるんだけど……」

華「はい」

みほ「1回だけ、どうしても会わなくちゃ駄目、って事態になったらしいの」

麻子「恐らく、周囲を巻き込んで、しがらみを作られてしまったか」

みほ「そうだと思う。それでお母さんは、家へ上げて、お茶と和菓子を出した」

華「でも、ああいうかたがたは、何を出されても全く手をつけないんですよね」

沙織「どうして?」

麻子「何を盛られてるか分からないからだ」

沙織「あ、そっか」

みほ「だけどその人は、食べようとする振りくらいはしよう、と思ったみたいで」

華「茶碗や食べ物へ触っても、結局、口を付けなければいいのですから」

みほ「和菓子に菓子箸を刺した。そしたら、中から出てきたのは……」

62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:25:38.05 ID:2JrnA4b70


沙織「何が入ってたの?」

みほ「機銃弾の、弾頭」

華「……」

沙織「……」

みほ「多分、MG34のだったんじゃないかな」

麻子「……これは、笑う話なのか、そうじゃないのか」

華「冗談が強烈過ぎて、分かりませんね」

沙織「それで、どうなった?」

みほ「その人は急にそわそわし始めて、話なんかしないで、すぐ帰っちゃった」

麻子「まあ、そうなるだろうな」

華「この場合、何をされるか分からないのは、そのかたですね」

麻子「とっとと退散しなければ屋敷の中で消される、とでも思ったんだろう」

華「そうなったら死体すら残らないかもしれない、と考えるでしょうから」

沙織「何か……すごいね、みぽりんのお母さん」

麻子「何がどうすごいのか、分からないけどな」

華「みほさんのお母様は、さすが武道の師範でいらっしゃいます」

みほ「お母さんは、“菓子に手をつけるとは思わなかった”って、笑ってた」

麻子「実弾を送りつけるのは、そういう種類の人間たちがやる常套手段だ」

華「お株を奪ったのですね」

みほ「“相手のレベルへ合わせてやったのに、話もしないで帰るとは失礼な”って言ってたよ」

63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:29:53.60 ID:2JrnA4b70


沙織「大人って、いろいろ、あるんだね……」

麻子「大人になるのが嫌になったか? 沙織」

沙織「だからって、どうにもならないでしょ?」

華「少なくとも、身体の成長は止められませんから」

沙織「華がさっき言ってたとおりだよね。綺麗事ばっかりじゃ、済まされない」

みほ「私たちにはちょっと早く、それを経験する機会が来ちゃったのかもね」

華「とにかく、次回が最後のチャンスだと思います」

みほ「うん。もう、次の練習までほとんど日数がない」

沙織「今度、説得に失敗したら……」

麻子「この雰囲気のまま、練習へ突入する羽目になる」

沙織「私、そんなの絶対に嫌……耐えられない」

華「全員、気持ちは同じです」

沙織「それに、隊長車の私たちがギクシャクしてたら、他のチームに迷惑が掛かるよ」

みほ「それは、絶対、絶対に、避けなくちゃ駄目だね」

華「絶対、絶対に……」

麻子「……」

華「……“絶対に勝ちたいです”」

麻子「……“無論、負けるつもりはない”」

みほ「何、それ?」

沙織「決勝の試合中に、二人が言ったことだよ」

華「今回もわたくしたちは、絶対に勝たなくてはなりません」

麻子「そして今回も、負けるつもりはない」

華「でも、今回は……誰も敗者にならない、という戦いです」

麻子「全員が、勝者になるという戦いだ」

みほ「うん。相手を撃破すればいい、っていうことじゃないんだよね……」

沙織「全国大会の方が、楽だったかもね」

華「でもわたくしたちは、やらなければなりません」

麻子「仲間のために。友達のために」

64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:34:07.52 ID:2JrnA4b70





優花里「ついに全員、そろいましたか」

みほ「……」

優花里「ここへ呼び出されるの、もう3回目なんですが」

みほ「……」

優花里「いい加減にしてくれませんかね」

沙織「相変わらず、何言ってるのよ……」

優花里「私のことは放っといてくれ、って言ってるんです」

華「そんなこと、するはずがありません」

麻子「いい加減にしろとは、こっちのセリフだ。秋山さん」

優花里「冷泉殿。前回、私のことは理解してもらったと思ってましたが」

麻子「秋山さん。いい加減、目を覚ませ」

華「わたくしたちは、仲間です。友達なんです」

沙織「ほっとくなんて、できるわけないじゃない」

優花里「ふっ。友情の押し売りですか。暑苦しい」

みほ「……」

優花里「皆さん、今回はとうとう西住殿まで連れてきましたね」

みほ「……」

優花里「喩えるなら“ラスボス登場”ってところですか」

麻子「――五十鈴さん」

華「――はい」

麻子「――秋山さん、明らかに動揺してるな」

華「――ええ。みほさんの顔を、まっすぐ見られないようです」

沙織「――口じゃ強がってるけど、すごく落ち着かない様子だよね」

65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:37:15.87 ID:2JrnA4b70


優花里「それにしても、私もこうして、御本尊を引きずり出すところまで来ましたねえ」

華「何て言い方を……」

優花里「少しは、自分を褒めてやっていいのかもしれませんね」

麻子「褒められるようなことをしてると思ってるのか?」

優花里「何言ってるんですか?」

麻子「……」

優花里「そんなの、思ってるはずがないですけど」

沙織「もう……言ってること、おかしいよ……この前と同じ、わけ分かんない」

優花里「私だって、わけ分かりませんよ?」

沙織「……」

優花里「もう、どうでもいいんです。私なんて。何もかも」

みほ「……」

沙織「――麻子」

麻子「――何だ」

沙織「――みぽりんがさっきから、ちょっと変じゃない?」

麻子「――ああ。一言も喋ってない」

華「――優花里さんの顔から、全く目を離してません」

沙織「――みぽりんは前に、ゆかりんの言ったこと聞いて、ブチギレてたよね」

華「――ええ……少々、嫌な予感がします」

優花里「西住殿……」

みほ「……」

優花里「どうして、何も言わないんですか?」

みほ「……」

優花里「怒ってるんですか? それとも……」

みほ「……」

優花里「そんなの通り越して、呆れてるんですか?」

みほ「……」

66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:40:28.61 ID:2JrnA4b70


優花里「ま、そりゃ、呆れますよね。隊長として」

みほ「……」

優花里「隊員が、タバコ吸って、グレて……」

みほ「……」

優花里「ほかのみんなに、ひどいこと言ってるんですから」

みほ「……」

優花里「私をチームから外してもらって構いませんよ?」

みほ「……」

優花里「Ⅳ号から、降ろしてください」

みほ「……」

優花里「私に戦車道をやる資格なんて、ないでしょう?」

みほ「……」

優花里「何か言ってくださいよ」

みほ「……」

優花里「私を、怒ってください」

みほ「……」

優花里「どうして、何も言わないんですか?」

みほ「……」

優花里「どうして、何も……言って、くれないんですか?」

みほ「……」

優花里「何か、言ってくれたって、いいじゃないですか……!」

みほ「……」

優花里「声をかける価値も、ないんですか……私なんかには!」

みほ「……」

優花里「西住殿! 何か、何か言ってくださいよ……! 私に……!」

みほ「……」スッ

優花里「……!!」

67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:43:26.88 ID:2JrnA4b70


沙織「――みぽりんが、ゆかりんに近寄った」

華「――あんなに、近づくなんて」

麻子「――これは……まずい」

華「――みほさんは、優花里さんを……」

麻子「――殴るつもりだ」

沙織「みぽりんやめて! ぶったりしちゃ駄目!」

麻子「よせ! 西住さん!」

華「暴力は、絶対に、あってはいけません!」

優花里「なっ……何ですか!? 殴る気ですか!?」

みほ「……」

優花里「な、殴るなら! 殴ればいいじゃないですか!!」

みほ「……」

優花里「殴ってくださいよ!! 早く!! 早く殴……あっ」

みほ「……」ギュッ

華「……あ……」

沙織「……ひゃー……」

華「みほさん……優花里さんを……」

沙織「だ、だき……」

麻子「抱き締めた……」

沙織「みぽりん……」

68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:45:35.98 ID:2JrnA4b70


優花里「……」

みほ「……」

優花里「………………う。ううっ」

みほ「……」

優花里「……うう……ぐすっ……」

みほ「……」

沙織「……あー、ゆかりん……」

華「……泣き出して、しまいました」

麻子「……」

優花里「ぐすっ。うう。うううう」

みほ「……優花里さん」

優花里「うぐっ。ぐすっ。ううう」

みほ「もっと、泣いていいんだよ?」

優花里「う……」

みほ「私のことも、抱き返して?」

優花里「……うう。うううっ。うわあああああん」ギュッ

みほ「もっと強く、抱いて」

優花里「うわああああん。ぐすっ。うわあああああん」

みほ「痛いくらいでも、いいよ?」

優花里「うわあああん。ぐすっ。ひぐっ。うわああああああん」

69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:49:37.70 ID:2JrnA4b70


沙織「あーあ……もう、号泣だよ」

華「やはり、優花里さんは……」

麻子「自棄になって、強がって……」

華「ずっと、無理をしていたのでしょう」

沙織「みぽりんに抱き締められて、その“無理”が、一気に弾けちゃったか」

麻子「もうとっくに、限界だったんだな」

華「恐らく、誰にも話さず、話せずに……」

麻子「悩みを自分の中へ、溜め込み続けていたんだろう」

華「それを、わたくしたちへ打ち明けて……ぶつけてきて、ほしかったです」

沙織「うん。グレたりなんか、しなくてもよかったよね」

麻子「荒んでいく自分を、冷静に見てたくらいだ」

華「本当は、不良の真似事なんて、どうでもよかったのでしょう」

優花里「ううっ。ぐすっ。に、西住殿、ごめ……ごめんなさい……」

みほ「……」

優花里「わ、私……ずっと、ずっと、分からなく……て……ぐすっ」

みほ「……」

優花里「ど、どうしたら、いいか……ううっ。自分が、どうしたら、いいのか……」

みほ「……」

優花里「それに、だんだん……自分が、ぐすっ。何やってるのかも、分からな……」

みほ「……」

優花里「ごめんなさい、西住殿……ぐすっ。ほ、本当に、ごめんなさい」

みほ「ほら、優花里さん?」

優花里「は……はい……ううっ。ぐすっ」

みほ「みんなにも、ちゃんと言わないと」

70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:53:43.86 ID:2JrnA4b70


優花里「は、はい……ぐすっ。み、みなさん、ごめんなさい。本当に、本当に……」

沙織「……」

優花里「ほ、本当にご、ごめんなさい。わ、私、私……ぐすっ」

華「……」

優花里「わ、私、バカだから……ううっ。どうしたらいいか、ずっと、わ、分から……」

麻子「……」

沙織「いいから。ね? ゆかりん」

華「わたくしたちは、優花里さんのことを分かっていますよ?」

麻子「秋山さん、こっちへ来てほしい」

沙織「私たちもゆかりんのこと、ぎゅっとしてあげるから」

華「みほさんほど、抱き心地がよくないかもしれませんけど。わたくしたちは」

優花里「うわあああん。み、みなさ……ごめ、ごめんなさい……うわあああん」

華「ほらほら、優花里さん。しっかり抱き締めてくれないと」

優花里「うわあああん。ひ、ひどいことばかり言って、ご、ごめんなさい。うわあああん」

沙織「ゆかりんが泣いてると、私たちまで……泣きそうに、なっちゃうよ」

麻子「もう泣いてるだろ、沙織」

71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 20:56:52.34 ID:2JrnA4b70





沙織「もう、みぽりんも華も、そんなに早く歩かないでよう」

みほ「だって、もう日が暮れちゃうよ」

沙織「こっちは、まだベソかいてる人、連れてるんだからさあ」

華「早くしないと、優花里さんをおうちへ送り届ける前に、暗くなってしまいますよ」

沙織「ゆかりんが麻子にしがみついて離れないから、ゆっくりしか歩けないんだよう」

麻子「もう泣くのをやめろ、秋山さん」

優花里「ぐすっ……はい、冷泉殿。ううっ。ごめんなさい」

麻子「秋山さん。私は怒ってないし、気にしてもいない」

優花里「はい。うう。ぐすっ……ごめんなさい冷泉殿。ごめんなさい」

麻子「だから、もう泣くのをやめてほしい」

優花里「はい……ぐすっ。ごめんなさい……」

華「……やはり、優花里さんは気にしていたのですね」

みほ「うん。元々、あんなことを言うような人じゃないもの」

華「あの言葉が本心だなんて、そんなはずがありません」

みほ「頭のよさが、ちょっとだけ変な方に、発揮されちゃったんだよね」

華「ええ。売り言葉に買い言葉で、話がエスカレートしてしまっただけですね」

みほ「自分がしたことや話したことへ何か言われると、つい、強い言葉を返す」

華「引っ込みがつかなくなって、さらに何か言われると、もっと強い言葉で応じる」

みほ「これの繰り返しだね」

72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:05:36.99 ID:2JrnA4b70


華「みほさん、今回も……」

みほ「何?」

華「やっぱり今回も、みほさんが事態を解決しましたね」

みほ「ううん。今回も、みんなと一緒だからできたんだよ」

華「あの時わたくしたちは、みほさんが優花里さんを殴るとばかり、思っていました」

みほ「そんな、友達を殴るなんて……そもそも、人を殴るなんて、私にはできないよ」

華「優花里さんも、殴られると思ったようですね」

みほ「うん。だけど、そんなことしたって、状況をこじらせるだけだったと思う」

華「でもまさか、抱き締めるとは。予想外の一手で、効果はてきめんでした」

みほ「そうかな……」

華「みほさんは、皆さんの気持ちを分かっているのですね」

みほ「……」

華「隊長として。仲間として」

みほ「……」

華「そして何より、友達として」

みほ「華さん」

華「はい」

みほ「それは、違うの」

華「え?」

みほ「私は、人の気持ちなんて、分からないよ」

華「……」

みほ「だって私は、私自身でしかないから。私は、その人じゃないから」

華「……」

みほ「“気持ちは分かる”って言う人が、よく、いるけど……」

華「……それは違う、と……?」

みほ「うん。何でそんなの言えるのかな、って思う」

華「……」

73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:11:44.19 ID:2JrnA4b70


みほ「それに、そんなの言う人に限って、“気持ちは分かる”だけ」

華「……どういうことでしょう」

みほ「私が、黒森峰を離れる時がそうだったの」

華「……」

みほ「ほとんどの人は、“気持ちは分かる”って言ってくれた」

華「はい」

みほ「だけど、そう言うだけで、何かをしてくれるわけじゃなかった」

華「……」

みほ「何かをしてほしいなんて、甘えちゃいけないのかもしれないけど」

華「……」

みほ「口では、何とでも言える。実際の行動は、また別の話」

華「それを、目の当たりにした……ということですか?」

みほ「もし、私と一緒に悩んでくれて、泣いてくれる人が、一人でもいたら……」

華「……」

みほ「私は、黒森峰を離れなかった……と思う」

華「“気持ちは分かる”と言うかたがた……その中に、そういうかたは一人もいなかった……」

みほ「うん。だから、人の気持ちが分かるって、言葉だけのことなんだって理解した」

華「……」

みほ「結局、黒森峰ではずっと、私の気持ちなんて、誰も考えてくれなかった」

華「……」

みほ「お姉ちゃん、お母さん……家族でさえ、そうだった」

華「でも黒森峰の隊長さん、いえ、お姉様、それからお母様とは、今……」

みほ「うん。一応、和解っていう状態なのかな」

華「……」

みほ「でも、だからって私、黒森峰には戻らないよ?」

華「それは……そんなことをされたら、わたくしたちは困ってしまいます」

74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:15:06.17 ID:2JrnA4b70


みほ「私が優花里さんを説得する番になって、その方法を考える時、こう思ったの」

華「はい」

みほ「私が優花里さんの立場だったら、どう言ってほしいか、どうしてほしいか」

華「……」

みほ「私は、人の気持ちなんて分からない。分かるのは、私自身の気持ちだけ」

華「……」

みほ「だから、私自身の気持ちだけ、考えたの。私だったら、どうしてほしいか」

華「それで、抱き締める、ということに……?」

みほ「うん。私、誰かに抱き締められた経験なんて、なかった」

華「……」

みほ「多分、赤ちゃんの頃はあったんだろうね。でもそんなの、憶えてないから」

華「……」

みほ「だけどここへ転校したら、そうしてもらえたことが2回もあった」

華「……そのうちの1回は、ひょっとして、サンダース大付属の隊長さんの時でしょうか」

みほ「うん、そう。ケイさんっていったよね」

華「では、もう1回は会長……角谷先輩の時。決勝の試合の後……」

みほ「華さん、両方とも憶えてた? どっちも、みんなの前でやられちゃったからね」

華「ええ」

みほ「2回ともすごく驚いた。でも、人に抱き締めてもらえるのって……」

華「……」

みほ「体が温かくなるだけじゃなくて、何だか心も、温かくなれるんだなぁ、って思ったの」

華「……」

みほ「自分だったら、悩んで、すごく追い詰められた時……誰かに抱き締めてほしい」

華「そうすれば、心が温かくなれる……」

みほ「うん。もちろんそんなこと、何の解決にもならない。だけど……」

華「……」

みほ「うまく言えないけど、心が、優しくなれるんじゃないかって、思ったの」

華「はい」

75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:17:56.49 ID:2JrnA4b70


みほ「それに、優花里さんみたいな頭のいい人を説得するなんて、私には無理」

華「……」

みほ「私が、言葉でそうするなんて、無理だと思った」

華「言葉以外の方法を採る。それが、抱き締めるという実際の行動だった……」

みほ「うん」

華「……」

みほ「華さん」

華「はい」

みほ「人の気持ちなんて分からない。……そんなこと言う私って、冷たい女だと思った?」

華「いえ……。それはみほさんの、経験に裏打ちされた考えだと思います」

みほ「……」

華「なので、わたくしには、何も言うことはありません……」

みほ「……人の気持ちなんて分からない。自分は、自分の気持ちしか分からない」

華「……」

みほ「だから、自分がその人の立場だったら、どうしてほしいか考える」

華「……」

みほ「そして、考えるだけじゃなくて、言葉だけじゃなくて、行動する」

華「それが、人の気持ちを考える、そして、考えた、ということ……」

みほ「うん。黒森峰ではずっと、誰も私の気持ちなんて考えてくれなかった」

華「……」

みほ「それなら、私は人の気持ちを考えよう、考えてあげよう、って決めたの」

華「優花里さんは……そうして、もらえたのですね」

みほ「何かを人にしてあげる、なんて……偉そうかもしれないけど」

華「いえ。優花里さんは、みほさんにそうしてもらえて、本当に良かったと思います」

76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:20:48.47 ID:2JrnA4b70


沙織「……ふー、やっと追いついた」

みほ「あ、沙織さん」

華「優花里さんは泣きやみましたか?」

沙織「ううん。まだぐしぐしやってる」

優花里「ぐすっ……ううっ……ごめんなさい、冷泉殿」

麻子「もう分かったから」

優花里「うう。ぐす。ごめんなさい。ごめんなさい……」

麻子「いい加減、泣くのをやめろ」

沙織「もう、みぽりん、何とかしてよ」

華「きりがありませんね」

優花里「うう。ごめんなさい。ごめんなさい冷泉殿。ぐすっ」

麻子「……謝るくらいならあんなこと、最初から言わなければいいと思うが」

優花里「あ…………う…………」

みほ「麻子さん、それは……」

華「ちょっと、余計に……」

優花里「う……ううっ。うわああん。うわああああああああん」

みほ「あー、また号泣になっちゃった……」

優花里「うわああああん。ごめんなさい冷泉殿ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

沙織「もう、麻子!」

麻子「何だ」

沙織「ゆかりんを許してるんだったら、もっと泣かすようなこと言わないの!」

みほ「でも……」

沙織「何?」

みほ「ちょっと怒ってあげても、いいんじゃないかな」

華「そうですね。今回は少々、わたくしたちも振り回されましたので」

優花里「うわあああん。ごめんなさい冷泉殿ごめんなさいごめんなさい。うわあああん」

沙織「じゃあ、みぽりん」

みほ「何?」

77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:22:58.33 ID:2JrnA4b70


沙織「この子さあ、いつまでたってもピーピー泣いてて、ちっとも静かにできないからさあ」

みほ「うん」

沙織「ちょっと、気合入れてやってくんない?」

みほ「よし分かった。任せといて」

華「あらみほさん、ノリノリですね」

麻子「沙織のヤンキー臭い口調に感化されたか」

みほ「……優花里さん!」

優花里「……!!」ビクッ

みほ「泣いてないで、話を聞いて!」

優花里「は、はい」

華「優花里さんが、一瞬で泣きやみました」

沙織「やっぱ、みぽりん効果はハンパないなあ」

みほ「優花里さん。今回のことで、どれだけ私たちを心配させたか分かってる?」

優花里「……はい……」

みほ「どれだけ、私たちが優花里さんを気にかけてたか、分かったでしょ?」

優花里「……はい……すみません、でした……」

みほ「不良の真似なんかして、あんなの、カッコいいとでも思ってたの?」

優花里「も、申し訳……」

みほ「あんなの、迷惑なだけだったんだよ?」

優花里「ごめんなさい……」

みほ「大体、不良娘ってことだったら、私に全然敵わないよ?」

優花里「……な……何のこと、なのか……」

78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:25:14.90 ID:2JrnA4b70


みほ「私なんて、ただ今現在進行形で、絶賛家出中なんだから」

優花里「……」

みほ「親にパンツ洗わせてるくせに、その親のことで文句言ってる人とは、わけが違うんだよ?」

優花里「うう……」

沙織「みぽりん、良いこと言うなあ」

麻子「西住さんらしからぬ下ネタだが、心に響く喩えだ」

優花里「はい……おみそれ、しました……」

みほ「そう言ってくれるなら、優花里さん」

優花里「はい……」

みほ「今回のことでは、私の言うことを聞いてくれる?」

優花里「はい」

みほ「じゃあまず最初に! 優花里さん!」

優花里「は、はい!?」

みほ「出して」

優花里「え……?」

みほ「出して。私に渡して。人に見られないように、素早く」

優花里「あ。ああ……これの、ことですね……」ゴソ

みほ「もうこんなこと、やめてくれるよね?」

優花里「はい……」

華「みほさん、わたくしが穏便に処分します」

みほ「うん。お願い、華さん」

華「優花里さん。――ライターも。携帯灰皿も」

優花里「……お手間掛けます、五十鈴殿……」

華「わたくしからもお願いします。こんなこと、もう、やめてくれますね?」

優花里「はい……もう二度と、やりません」

79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:28:15.19 ID:2JrnA4b70


麻子「それにしても、すぐにやめられるんだな。秋山さん」

華「大人の中にはやめたくても、やめられない人がいるそうですね」

麻子「そういう人は病気とみなされて、専門の医者がいるくらいだ」

沙織「ゆかりんは元々、吸いたくて吸ってたんじゃ、なかったんだよねー?」

優花里「……」

華「ほんの気まぐれで、格好つけて吸っていただけ、でしょう?」

優花里「……そ、そのとおり、です……」

みほ「じゃあ、優花里さん。次のお願い」

優花里「はい」

みほ「それをくれてた人との付き合い方を、もう一回考える」

優花里「……それは……」

沙織「祐ちゃんだよね?」

優花里「……」

麻子「祐天寺順子、だろ?」

優花里「はい……。皆さん、何でもお見通しなんですね……」

華「決して、絶交してくださいとは言いません」

沙織「友達がどんな人でも、それはやっぱり大事な友達だもん」

麻子「だが、付き合い方というものがある」

優花里「それを、考え直せ、ということですね……。分かりました……」

麻子「ところで、沙織」

沙織「何?」

麻子「祐天寺順子に会ったんだろ?」

沙織「うん」

優花里「ええっ!?」

80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:31:36.46 ID:2JrnA4b70


沙織「ゆかりん。私たちを見くびってもらっちゃ、困るなあ」

優花里「……」

華「わたくしたちはやると決めたら、情報収集活動、工作活動だって、厭わず実行します」

優花里「……」

麻子「祐天寺順子は何か言ってたか?」

沙織「“そうか。じゃ、秋山にそれ、あげるのをやめるか”って」

優花里「……」

沙織「“沙織や秋山は、あたしにとって数少ない普通の知り合いだ”」

優花里「……」

沙織「“その沙織からのお願いだからな”って、言ってくれたよ」

華「沙織さんのお人柄がなせるわざですね」

麻子「この役目は、沙織でなければ絶対できない」

沙織「あの子は元々、ゆかりんは自分の仲間になれるタイプじゃない、って思ってたみたい」

麻子「祐天寺順子と本気で仲間になろうとしてるのか、それとも……」

沙織「今だけ少し、グラついちゃってるだけなのか」

華「祐天寺さんは最初から、分かっていたのですね」

麻子「やはり祐天寺順子は、学園の裏を仕切ってるだけのことはあるな」

華「どんな道であろうと、人の上に立つ人は、何かを見通す力を持っていますね」

みほ「……私なんて、隊長やってるくせに、そういうのは全然駄目だなぁ」

沙織「何言ってんの。みぽりんはそんなことより、ちゃんと結果を出し続けてるじゃん」

華「ええ。今回も、優花里さんを“取り戻した”という結果を出しました」

沙織「ま、そもそも完全に“あっち側”へは、行ってなかったみたいだけどね」

華「そうでした。ちょっと拗ねて、ソッポ向いただけのようでしたね」

麻子「西住さんはそんな秋山さんを、“こっち側”にちゃんと向けさせた」

みほ「優花里さん、手間の掛かる子供みたいだったね」

優花里「……面目、ありません……」

81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:34:17.97 ID:2JrnA4b70


沙織「でも祐ちゃんと、この件は話がついたけど……」

華「何かありましたか? 沙織さん」

沙織「あの子、意味の分かんないこと言ってたんだよね」

みほ「何て?」

沙織「“じゃ、その代わり今度は、秋山に……”」

優花里「……」

沙織「“冷たいものでもやってもらうか。ガハハハ”って」

みほ「“冷たいもの”?」

優花里「何ですか? それ」

麻子「この解説は、五十鈴さんにお願いしよう」

華「……意地悪をしないでください、麻子さん」

麻子「清濁併せ呑む、五十鈴家の次代当主だ。意味は知ってると思うが」

華「麻子さんも、人が悪いです……。分かりました」

沙織「どんな意味?」

華「“冷たいもの”とは――シャブ、覚醒剤のことです」

みほ「……」

優花里「……」

麻子「まあ、祐天寺順子も冗談で言ったんだろうが」

沙織「……冗談にしちゃ、キツくない?」

華「彼女が言うと冗談に聞こえませんね」

みほ「優花里さん……」

優花里「何ですか?」

みほ「勧められても、絶対、やっちゃ駄目だよ?」

優花里「やっ、やりませんよ! そんなもの! ダメ。ゼッタイ。ですよ!」

82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:37:15.94 ID:2JrnA4b70


沙織「さあ? どうだかなー?」

優花里「な、何ですか武部殿」

麻子「秋山さん、自分の立場を分かってるか?」

優花里「冷泉殿まで、何を……」

華「優花里さんには“前科”がついてしまいましたからねえ」

優花里「……」

麻子「当分の間、私たちがしっかり見守ってないと、駄目だ」

優花里「うう……信用、なくなっちゃいました……」

みほ「でも、優花里さん」

優花里「はい」

みほ「私たち、ずっとそうしてたんだよ?」

優花里「……」

華「ずっと、優花里さんを見守って……気にかけていたんですよ?」

優花里「……」

沙織「私たち、ずっとゆかりんを心配してたの」

麻子「だから私たちは、秋山さんから何を言われても、何度も呼び出したんだ」

優花里「……はい」

華「優花里さんは恐らく、誰にも相談せず、一人だけで悩んでいたのでしょうけど……」

麻子「そんな必要など、なかったと思う」

優花里「……」

83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:39:55.54 ID:2JrnA4b70


みほ「いつも笑顔でいるだけが、友達じゃないよ」

沙織「一緒に怒ったり泣いたりする。たまにはケンカだってする」

華「全て、友達同士なら当然です」

麻子「一緒に悩むのだって、友達がすることだ」

優花里「……皆さんへ……」

沙織「何?」

優花里「……皆さんへ、相談しても、よかったんでしょうか……こんなこと」

みほ「当たり前だよ」

沙織「どうして駄目なの?」

華「“こんなこと”かどうかは、問題ではありません」

麻子「家族の話だから、確かに、他人へ相談しにくいかもしれない」

華「それに、わたくしたちでは何も解決できず、ただ悩みを聞くしかできないでしょう」

麻子「だが、誰かへ話すだけで、気が紛れたり楽になったりすることもあるんだぞ?」

優花里「……う。ううっ。ぐすっ」

みほ「あ、また泣き出しちゃった」

優花里「みなさん……ぐすっ。あ、ありがとう、ございます……」

沙織「もう、泣き虫だなあ、ゆかりんは」

優花里「だ、だって……ううっ。ぐす。み、みなさんが……」

麻子「いい加減に泣くのをやめろ。私の肩の辺りはもうベトベトだ」

沙織「気持ち悪い?」

麻子「いや……温かい」

沙織「温かい涙、か」

華「涙は、悲しいものばかりでは、ありませんから」

84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:42:21.32 ID:2JrnA4b70


みほ「じゃあ、優花里さん」

優花里「は……はい……ぐすっ」

みほ「私の言うことを聞いてほしい、最後のを言うね」

優花里「……はい」

みほ「これは、できれば、でいいんだけど……」

優花里「……」

みほ「今回のことを全部、御両親へ話す」

優花里「う……」

沙織「みぽりん、それはちょっとムズいんじゃない?」

みほ「うん。だから、できれば、でいいと思う」

優花里「……いえ……」

華「何でしょう」

優花里「話します。両親に……全部」

麻子「本当か」

優花里「はい、本気です……。今回のことを、全部」

みほ「優花里さん、無理しなくていいからね?」

優花里「大丈夫です……約束します。全部話します」

85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:44:40.43 ID:2JrnA4b70


沙織「ね、さっきのことなんだけど」

麻子「何だ」

沙織「みぽりんが、ゆかりんをぎゅっとしたの、驚いたよね」

麻子「まさか、ああするとはな」

沙織「ちょっと羨ましくない?」

華「沙織さんもそう思っていましたか?」

麻子「同じことを思わない人間などいない」

沙織「ねー? ゆかりん」

優花里「何ですか?」

沙織「いいなー。ゆかりんだけ、みぽりんにぎゅっとしてもらって」

麻子「秋山さん、どうだったんだ? 西住さんに抱かれた感想は」

優花里「えっ……そ、そんなこと……言わなきゃ駄目ですか……?」

沙織「言わなきゃ駄目」

華「駄目です」

麻子「駄目だ」

優花里「……」

みほ「ねぇみんな! さっきから、何てこと喋ってるの!」

沙織「みぽりんは黙ってて」

華「みほさん。今、わたくしたちは……」

麻子「非常に重要な話をしてるんだ」

みほ「……」

86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:46:55.40 ID:2JrnA4b70


沙織「で、どうだった?」

優花里「……よ、良かったです……」

沙織「ひゃー」

華「あらあら」

沙織「やだもー。羨ましー」

麻子「どんな具合だ?」

優花里「その……温かくて……柔らかいけど、芯があって」

沙織「――今の聞いた?」

麻子「――“柔らかいけど、芯がある”そうだ」

沙織「――どういうこと? 意外とムチムチってこと?」

華「――恐らく、何というかこう、優しい弾力というか」

麻子「――とにかく実際に、抱かれてみないことには分からんな」

沙織「くぅ~、私もみぽりんにぎゅっとされた~い!」

麻子「西住さんから、そうしてもらうには……」

華「その答えは、実に単純です」

沙織「単純? どんな方法?」

華「優花里さんと同じことを、すればいいのです」

沙織「あ、なるほど」

麻子「前例に学べばいいだけの話か」

沙織「答えが簡単過ぎて、気付かなかったわ」

華「成功例を、つぶさに見てきたのですから」

沙織「真似しない手はないよね」

麻子「西住さん」

みほ「何……?」

麻子「私たちもグレたら、西住さんが抱き締めてくれるか?」

88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:50:34.34 ID:2JrnA4b70


みほ「ま、麻子さん! 何てこと言うの!」

沙織「グレちゃおうかなー、私も」

麻子「何から始めるか」

華「やはり今回の例に倣って、タバコでしょう」

沙織「ね、ゆかりん。吸い方教えて?」

華「わたくしからもお願いします」

優花里「……さっきと言ってることが、同じなのに違いますけど」

麻子「酒という手もあるぞ」

沙織「それも楽しそうだよね。いつものお食事会を、飲み会にしよっか」

華「沙織さんなら、お酒のおつまみをレパートリーに加えることなど容易でしょう」

沙織「お酒飲む人だって、胃袋からゲットしちゃうよー?」

麻子「だが酒とタバコ、どちらも入手が困難だ」

華「それらを手に入れるには……」

沙織「大丈夫。私が祐ちゃんに頼んでみる」

華「沙織さん……頼もし過ぎますわ」

沙織「あの子だったら、お酒も全然オッケーだよ」

麻子「沙織の人脈は万能だな」

華「素晴らしいの一言ですね」

みほ「ちょっと! 何言ってるの! みんな!」

90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:54:19.37 ID:2JrnA4b70


沙織「だって、不公平だもん。いい思いしたの、ゆかりんだけだもん」

みほ「……」

沙織「私たちも、みぽりんにぎゅっとされたいもん」

みほ「だって、あれは……事情が特別でしょ?」

麻子「私たちも、同じⅣ号の搭乗員だが」

華「車長は、装填手だけ特別扱いですか?」

沙織「えこひいきだー」

麻子「ひいきだー」

みほ「やめてよ、もう……困らせないでよぉ」

華「では、こういうのはどうでしょう」

沙織「何?」

華「グレるのが駄目なら、逆に、褒めてもらえるようなことをするのです」

沙織「褒めてもらえること、って?」

華「そうですね……例えば……」

麻子「例えば、練習で活躍するとか」

沙織「あ、それがいいじゃん」

麻子「チームの中で、活躍して……」

華「その日、一番頑張った人を……」

優花里「西住殿が褒めて、抱き締めてくれる、と……?」

華「これなら、全員に機会が与えられて公平ですね」

優花里「練習の大きな励みになります!」

沙織「よし! 決まりー!」

みほ「決まり、って……みんなだけでそんなの、勝手に決めないでよぉ」

沙織「いーじゃん、堅いこと言わないの!」

華「わたくしたちも、たまには車長から御褒美が欲しいです」

優花里「そのために、頑張れます!」

麻子「それに第一、減るもんじゃなし」

みほ「納得いかないなぁ……」

91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 21:56:59.93 ID:2JrnA4b70


沙織「ほら、みんなでバカ言ってる間に、ゆかりんちへ着いたよ」

麻子「秋山理髪店」

華「久しぶりですね。ここへ来るのは」

沙織「ゆかりん」

優花里「はい」

麻子「私たちは、ここで失礼する」

優花里「はい」

華「御両親には、わたくしたちから何か言わなくても……」

優花里「はい」

みほ「ここから先は、一人で大丈夫だよね?」

優花里「もちろんであります!」

沙織「うん、いつもの明るい爽やかなゆかりんが戻ってきた」

優花里「皆さん。わざわざ送っていただいて、ありがとうございました!」

麻子「礼には及ばない」

優花里「それでは、これで」ガチャ

みほ「ほら、元気に、大きな声で」

優花里「はい! ただいまです!!」

92:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 22:01:17.57 ID:2JrnA4b70





みほ「……以上が車長からの、今日の練習についての講評です」

一同「ありがとうございました」

みほ「チームのみんなから、何かありますか?」

一同「……」

みほ「何もなければ、チームのミーティングの最後に……」

一同「……」

みほ「優花里さんが、みんなへ言いたいことがあるそうです」

優花里「戦車道とは関係ない、私事なんですが」

みほ「特別に認めたのは、練習前に言ったとおり。いいから優花里さん、前へ来て」

優花里「はい。……皆さん、今回は大変申し訳ありませんでした」

一同「……」

優花里「そして、私のような者をあんなに心配してくださって、ありがとうございました」

一同「……」

みほ「優花里さんは、あの日以降のことを、みんなへ報告したいそうです」

華「あの日、御両親はびっくりされたでしょうね」

優花里「はい。自分たちの娘が、涙でグシャグシャになって帰ってきたんですから」

一同「……」

優花里「皆さんが送ってきてくださったのは、気が付いてたみたいでした」

沙織「あれだけ騒いでれば、聞こえちゃうよね」

麻子「騒いでたのは主に沙織だが」

優花里「自分たちの子供が、泣きはらした顔で、友達みんなに送ってもらって帰宅した」

一同「……」

優花里「そんな状況を見て、何か異常な事態が起こってると、すぐ分かったようです」

一同「……」

94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 22:04:53.75 ID:2JrnA4b70


優花里「私は、今回のことを全部、話しました」

沙織「ほんとに、話したんだ……」

優花里「はい。全部」

一同「……」

優花里「両親は、かなりショックを受けてました」

麻子「無理もない」

優花里「だけど、父も母も、全然怒りませんでした」

一同「……」

優花里「娘は深く反省してると、理解してもらえたみたいです」

華「やはり、素敵なお父様とお母様です」

優花里「でも……」

一同「……」

優花里「私が、両親の信頼を裏切ったことは確かです」

一同「……」

優花里「それは、これから元どおりの生活を着実に続けて、回復するしかないと思ってます」

みほ「うん、そうだね。優花里さん」

優花里「あと、父と母は、呆れるほど急速に仲直りしました」

一同「……」

優花里「今ではいい年して、バカップルみたいにベタベタしてます」

沙織「……まるで、自分の家族のことみたいに、嬉しいよ」

麻子「ああ。本当にそう思う」

優花里「床屋の経営も、広告の方法やサービス内容を見直すとか、前向きに考えていくそうです」

華「御両親のことも、おうちの御商売のことも、今回がきっかけになったでしょうか」

沙織「間違いないね」

麻子「雨降って地固まる、だ」

95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 22:09:31.20 ID:2JrnA4b70


みほ「……以上ですか?」

優花里「はい。ミーティング中のお時間を頂いて、ありがとうございました」

みほ「一件落着、だね。優花里さん」

優花里「はい! 皆さん、本っ当にすみませんでした!」

みほ「じゃあ、チームのミーティングを終わります」

一同「お疲れ様でした」

みほ「続いて全体ミーティングを行いますから、格納庫前へ移動してください」

沙織「え? みぽりん?」

華「まだ終わってませんけど」

麻子「話が違うぞ」

優花里「まさか、忘れてるのでは」

みほ「え? 何かあった?」

沙織「とぼけちゃって」

華「なかったことにしようとしても、そうはいきません」

麻子「で、記念すべき初回は、誰なんだ?」

優花里「誰が一番、活躍しましたか?」

みほ「もう、まだ言ってるの? そんなの、決められないよぉ……」

沙織「やっぱ、憶えてるじゃん」

華「わたくしたちは、互いに競い合いつつ、戦車道に精進する」

麻子「その結果、各人の練度が上がる」

優花里「最後に、西住殿から褒めて、抱き締めてもらえる」

沙織「良いことづくめのシステムじゃない?」

みほ「……みんな、活躍しました。これで、もういいでしょ?」

96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 22:11:48.90 ID:2JrnA4b70


沙織「ぎゅっとしてくれるって、約束だったよね……?」

華「今日はそのためだけに、頑張りました……」

麻子「西住さん……私だと言ってほしい」

優花里「あの感触が忘れられません……!」

みほ「みんな、怖いよ……じわじわ近寄ってこないでよぉ……」

華「どうして、決めてくれないのですか……?」

麻子「実は……意外と、優柔不断なのか?」

優花里「期待してたのに……」

みほ「ね、もう諦めて。みんなを比べるなんて、そんなの不可能なんだから」

沙織「それなら、今日は……」

みほ「何?」

沙織「全員でみぽりんを、ぎゅっとしちゃえ!」

みほ「えぇ!?」

華「あら、いいですね」

麻子「賛成」

優花里「了解であります!」

みほ「……じょ、冗談だよね……?」

沙織「みんな、行くよー? せーの……」

一同「わー!!」

みほ「きゃあ! みんなやめてぇ!! 苦しいくるしい」

97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 22:14:21.99 ID:2JrnA4b70


おりょう「……隊長車のみんなは一体、何しゆうぜよ?」

左衛門佐「奇態だな」

澤「あー、あれはですね……」

カエサル「知ってるのか?」

澤「はい。先輩たちから聞きました」

エルヴィン「何をやってるんだ? アレは」

澤「その日、チームの中で一番頑張った人を、隊長が抱き締めてくれるらしいんです」

宇津木「え、ほんと? 隊長にぎゅっとしてもらえるの? いいなー」

阪口「いいなー」

山郷「“抱かれたい女”No.1だもんねー、隊長」

宇津木「ねー」

大野「隊長って、超可愛いのに、超カッコいいよねー」

阪口「ねー」

丸山「……」

左衛門佐「だが、今のアレは、隊長を皆でいたぶってるようにしか見えないが」

磯辺「早く、全体ミーティングを始めてもらわないと」

澤「今日はその後、車長会議もありますからね」

近藤「キャプテン、私たちもやります?」

磯辺「何をだ?」

佐々木「その日のMVPを、キャプテンがぎゅっと、してくれるんです」

近藤「ちょっと嬉しいかも、ですよ?」

磯辺「勘弁してくれ。お前たちにそんなことをしたら、私は窒息してしまう」

澤「……プフッ」

カエサル「くくく……」

磯辺「あ、笑うなよ。私の身長とこいつらの胸だと、どうしてもそうなるだろ?」

98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします2013/06/16(日) 22:17:18.43 ID:2JrnA4b70


河西「キャプテン……」

磯辺「何だ?」

河西「それって何気に、私へひどいこと言ってませんか……?」

山郷「まあまあ」

阪口「どうどう」

河西「あ。な、何よ? みんな、ひっつかないでよ!」

山郷「まあまあ河西さん。同じ学年のよしみで」

阪口「胸のことなんて、気にしなくていいから」

宇津木「みんなで前から、河西さんってカッコいいよねー、って言ってたんだよねー」

大野「ねー」

丸山「……」

河西「ちょ、ちょっと、丸山さんまでどこ触ってるの!?……ひゃあ!」

エルヴィン「……まあ、それにしても……」

澤「何ですか?」

エルヴィン「激闘の連続だった全国大会も、終わった」

カエサル「廃校騒ぎは去ったが、優勝の余韻もまた、去ったな」

左衛門佐「最近やっと、一段落着いた」

澤「はい」

磯辺「日常っていうか、そういうのが……」

澤「戻って、きましたよね」

カエサル「全て世は、ことも無し」

おりょう「学園艦は、今日も平和ぜよ」




【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]バンダイビジュアル(2016-05-27)5つ星のうち4.8Amazon.co.jpで詳細を見る

元スレ:【ガルパン】みほ「もっと強く、抱いて」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫 - http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1371293342/