1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 14:23:28.04 ID:lmhY3kQv0


yuko-tomo

モバP(以下P)「とりあえず事務所にいた朋を拘束した」

朋「何!?なんなのいきなり!?」スマキー

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1459574607

広告

2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 14:28:20.82 ID:lmhY3kQv0


P「焼肉」

朋「は?」

P「焼肉行くぞ」

朋「こんな昼間っから?」

P「うん」

朋「2人で?」

P「もうちょい人数が欲しいな」

朋「じゃあどうすんのよ、誰か呼ぶ?」

P「いや、せっかくだし次に事務所に来た奴を拉致…もとい連れて行こう」

朋「良いの?茜ちゃんとか来ちゃったらそれなりに大変よ?」

P「奴がいると飯は美味くなるが財布は薄くなるな」

朋「テレビ的には撮れ高あって申し分ないんだけどね…」

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 14:32:58.45 ID:lmhY3kQv0


―――――――――――――――――――――――――

朋「でねーそれが臭いのなんのってさー」

P「ああ、確かにそれはディフェンス有利かもな」

朋「あっ、やっぱりそう思う?」


タッタッタッタッ


P「おっ」

朋「おっ」

P「誰か来たな」

朋「誰か来たわね」

P「ドアを開けたら」

朋「即座に確認」

P「間髪入れず拘束」

???「高速で拘束…ふふっ」

朋「時子さんだったら?」

P「速やかに謝罪、椅子となる」

朋「万事オッケーね」

P「誰だ今の」

4:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 14:36:36.20 ID:lmhY3kQv0


ガチャリンコ

ユッコ「おはようございます!今日も良いエスパー日和ですね!」

朋「ユッケ!」

P「確保ォ!!」

グルグルグルグルトカゲノシッポ

ユッコ「えっあっ」

グルグルグルグルベームベーム

ユッコ「ちょっおまっ」

5:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 14:43:19.32 ID:lmhY3kQv0


ユッコ「何なんですかいきなりこの仕打ちは!?」スマキー

朋「ふぅ」

P「成し遂げたぜ」

ピッガシグッグッ


ユッコ「そこで友情深め合ってないでこの状況どうにかしてくださいよ!」

ユッコ「というか朋さん!!あなた普段はストッパーじゃないですか!なんで悪ノリしてるんですか!」

朋「たまにはこういうのも良いかなってね」

ユッコ「出来れば簀巻きじゃない状態で聞きたかったですねそれ」

6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 14:49:03.33 ID:lmhY3kQv0


P「焼肉」

ユッコ「はい?」

P「焼肉行くぞ」

ユッコ「こんな昼間っからですか?」

P「ああ」

ユッコ「まあ別に構いませんけど…」

P「ちなみに断るなら簀巻きのままベランダにサイキック干しにする」

ユッコ「選択肢皆無じゃないですか!何でもサイキック付ければ釣られると思わないで下さいよ!」

7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 14:52:14.41 ID:lmhY3kQv0


朋「サイキック、カルビ」

ユッコ「うっ」ピクッ

P「サイキック、牛タン」

ユッコ「うううー…………」ソワソワ



朋・P「サイキック、ユッケ」

ユッコ「それ言いたかっただけじゃないですか!!」

8:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 14:56:52.10 ID:lmhY3kQv0


P「じゃあ出かけるかー」

朋「そういえば出かけちゃうと事務所誰もいなくなっちゃうけどいいの?」

P「こんなこともあろうかとあらかじめ千川に連絡してある」

ユッコ「こういう時だけ手回しが早いですね…」

P「ちなみに緊急時の連絡手段を使ったので大急ぎでこっちに向かってるはず」

ユッコ「ちひろさんを酷使するの止めてあげてください!」

P「焼肉代を経費で落とさないだけありがたいと思うがいい」

ユッコ「何様ですかあなたは…」

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 15:02:38.84 ID:lmhY3kQv0


ズダダダダダダダダ


P「おっ」

朋「おっ」

ユッコ「ああ…」



ガチャバーン!!



ちひろ「すいません!遅れました!!ユッコちゃんのサイキックが暴走してウサミンロボが超巨大化して街を襲ってるって本当なんですか!?」

ユッコ「あからさまな嘘っ!!」

朋「鵜呑みにしちゃう辺りちひろさんも純粋ね」

ユッコ「純粋というかちょっと残念というか…」

10:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 15:06:35.50 ID:lmhY3kQv0


P「ちひろさん」

ちひろ「はい……」

P「ウサミンロボで地球がヤバイと言ったな」

ちひろ「はい……」

P「あれは嘘だ」

ちひろ「」



ユッコ「あー…」

朋「どう誤魔化すのかと思ったら直球投げ込んだわね」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 16:44:29.58 ID:lmhY3kQv0


ちひろ「じゃあ、じゃあ、襲われてる街や被害にあった人達は」

P「ええ、誰一人何一つ傷ついてませんよ」


ちひろ「…はぁ、よかったぁ…」



朋「ちひろさんが天使過ぎて良心が辛い」

ユッコ「あの涙目は強力ですね、サイキックバリアーを張ってなければイチコロでした」

13:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 16:50:54.74 ID:lmhY3kQv0


P「でも」

ちひろ「はい…?」

P「たとえウサミンロボが巨大化しようが」

ちひろ「はい…」


P「巨大な隕石が迫ろうが」

P「世界規模のパンデミックが起ころうが」

P「地球が逆回転しようが」

P「その時、イデが発動しようが」



P「俺達のアイドルがなんとかしてくれます」


ユッコ「ファッ!?」

朋「さすがにアイドル万能すぎやしないかしらね」

14:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 16:56:41.12 ID:lmhY3kQv0


ちひろ「………本当でしょうか………」

P「ええ、あなたが育てたアイドルですよ?あなたが信じてあげなくてどうするんですか」

ちひろ「………そう、そうですよね」

P「ですからあなたは何も恐れることはありません、俺達はいつも通り業務に励めば良いんです」

ちひろ「…あなたの言うとおりです、プロデューサーさん。私、日々の仕事に忙殺されて何か大切なものを見失ってたみたい」



ユッコ「まるめこまれちゃいましたよ」

朋「私達責任重大になっちゃったわね」

ユッコ「ちひろさんには今度何かお詫びしよう…」

朋「さすがにそれは同感だわ」

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:00:06.56 ID:lmhY3kQv0


P「それじゃあ俺達は世界の平和を護るべく外出してきますね」

ちひろ「はい、お気をつけて」

朋「ゴメンねちひろさん、今度奢るから!」

ユッコ「ゴメンなさいちひろさん、今度サイキックを披露しますから!」

ちひろ「大丈夫よ2人とも、大事なことだもの。しっかりね」

朋(焼肉食べに行くだけなんだよなぁ……)

16:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:03:15.39 ID:lmhY3kQv0


P「というわけで焼肉屋まで歩くぞ」

朋「たかが焼肉食べに行くだけであんだけ壮大なでっちあげをするアンタには恐れ入ったわ…」

ユッコ「おお…朋さんが常識人に戻りつつある…!」

朋「さすがにP相手に追随出来るほど人格破綻してないわよ」

P「なんだよ人を人格破綻者のゲイのサディストみたいに」

朋「違うの?」

ユッコ「違いませんね」

P「……お前ら覚えてろ、焼肉屋で目に物見せてくれる」

朋「具体的には?」

P「ライスの大きさを小に限定してやる」

ユッコ「何とも小規模な仕返しですね」

朋「これがホントの」

P「器が小さい」


朋・P「HAHAHAHAHA!!!!」

ユッコ(このテンションにはちょっと着いていけない)

17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:05:15.29 ID:lmhY3kQv0


ラッシャッセーラッシャッセー

P「着いたな」

ユッコ「着きましたね」

朋「着いたわね」

P「さすがに客入りは少ないな」

朋「まあお昼から焼肉って珍しいし仕方ないんじゃない?」

ユッコ「でもあそこの人見てくださいよ、一人なのにこれでもかってくらい食べてますよ」

P「まるで人間火力発電所だな」

朋「うおォんとか言ってそうね」

18:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:07:49.47 ID:lmhY3kQv0


サンメーサマアッシャース
オセーコッチャンナリャース

P「じゃあ適当に頼むか」

朋「あっここサラダバーあるのね」

ユッコ「普通のサラダもありますけどおかわり自由はやっぱり惹かれますね…」

P「サラバダー!!」

朋「そしたらあたしはサラダバーにしようかな、ユッコちゃんは?」

ユッコ「では私もサラダバーで」



P「……サラバダー!!」

19:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:09:37.73 ID:lmhY3kQv0


朋「お肉はタン塩とカルビ、ロースハラミ辺りは外せないわね」

ユッコ「とりあえずファミリー盛りみたいなの頼んでそれから追加していったらどうです?」

朋「ん、そうしましょうか」

P「あ、そうそう、焼肉屋に来たらこれをやって欲しかったんだ」

20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:11:34.68 ID:lmhY3kQv0


P「名乗るほどでは…………」

ユッコ「ユッケです!!!」



ユッケ「って何やらすんですか!!」

朋「美味しいわよユッケちゃん、二つの意味で」

ユッケ「そんな芸人需要求めてません!私はエスパーユッケとして!!」

P「エスパーユッケとして?」

朋「エスパーユッケとして?」

エスパーユッケ「…………うう……///」

21:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:13:05.52 ID:lmhY3kQv0


P「後はライスだな、お前ら2人は小で決定な」

朋「まだ根に持ってるのね、まあいいけど」

ユッコ「まあそこまで食べられませんし」

P「俺は男らしく大だな!食べ切れんかもしれんがガツンと行くぜ!ゴメンな小のお2人さん!」

ユッコ「通訳すると?」

朋「とりあえず大きさが分かんないから2人には小さいの頼んでおいて少なかったら来てからわければ良いや」

ユッコ「なるほど」

P「この気遣いが人気の秘訣」


朋「………」

ユッコ「………」


P「真顔になるの止めてよ悪かったから」

22:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:14:49.20 ID:lmhY3kQv0


P「あ、せっかくだし特選カルビ三種盛りも頼んでみよう」

朋「食べきれるの?知らないわよ?」

P「ダイジョウブダイジョウブ、ピーウソツカナイ」

ユッコ「一気に不安要素が増しましたね…」

朋「へー手が込んでるのね、これ注文受けてから色々準備するらしくて時間かかるらしいわ」

P「まあ鉄板が暖まって丁度良い頃合になるんじゃないか?」

ユッコ「特選だけあってサシも尋常じゃありませんね」


P「じゃ、とりあえず頼むか」

チューオンエリァース

23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:16:39.00 ID:lmhY3kQv0


P「さてサラダバーを取ってきた訳だが」

朋「好きなだけとなるとつい取りすぎちゃうのよね…」

ユッコ「そこまで意地汚くはないつもりなんですけどね…」

P「もうサラダだけ食って帰って良くないかな?」

朋「それはさすがにダメでしょ…」

ユッコ「サラダが普通に美味しいから余計に満足感がありますね」

24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:19:35.20 ID:lmhY3kQv0


ッタセシャーシター

朋「順番かと思ったら一気に来たわね」

P「良い感じに美味そうだ」

ユッコ「さすがにお肉が来ると食欲が沸きますね!」

P「それにしても」

朋「うん」

ユッコ「はい」



P・朋・ユッコ「ご飯が多い」

25:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:21:04.95 ID:lmhY3kQv0


P「しまった、これはぶっちゃけ想定してなかった」

朋「小なのにご飯茶碗2杯分くらいはあるわね…」

ユッコ「プロデューサーの大に至っては…」

P「何これ洗面器?」

朋「そこまではいかないにしてもちょっと尻込みするレベルね」

ユッコ「あらかじめ店員さんに確認するべきでした…」

P「サイキックテレパシーでなんとかならんかったの?」

ユッコ「すいませんこの間のライブでサイキック力を使い果たしてしまって…」

朋「充電中なら仕方ないわね」

P「一応聞くけど食う?」

朋・ユッコ「」イランイラン

P「ですよねー」

26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:22:29.53 ID:lmhY3kQv0


ジュージュー

P「焼肉における初手の失敗は他の如何なる失敗よりも重い」

朋「何それ」

P「名言、今考えた、俺の」

ユッコ「わざわざ倒置してまで強調することですか、全然上手くないし」

P「とか言ってるうちに肉が上手く焼きあがっていく」

朋「やっぱタン塩は焼けるの早いわね」

P「匂いだけで飯をかっ込めるぜ!」ガーッ

ユッコ「ご飯のペース配分相当無茶してますね」

P「そうでもしないとこの量無くならないし」

ユッコ「まあそれは確かに」

朋「んー!んまい!!」モムモム

P「そうじゃろうそうじゃろう、たーんとお食べ」

ユッコ「何キャラですかあなたは」

27:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:25:16.03 ID:lmhY3kQv0


シャースコッチャユッケナリャーッス

P「おっユッケも来たな」

ユッコ「いつの間に頼んでたんですか」

P「無論貴殿の気づかぬうちに」

ユッコ「そんなバカな、このエスパーユッコの目を抜くなんて!」

P「実はユッコがサラダバーを取りに行ってる間にこっそり」

ユッコ「そこまで念を入れなくても…」

朋「♪~」モグモグ

28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:26:13.72 ID:lmhY3kQv0


P「さて、ユッケを頼んだということは」

朋「期待することは唯一つ」

ユッコ「………」

P「さあ!」

朋「さあ!」


ユッコ「あーもー分かりましたよ!やります!やりますから!!」

29:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:27:17.84 ID:lmhY3kQv0


ユッコ「えーコホン…



名乗るほどでは……y「「ユッケです!」」言わせてくださいよ!!」

30:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:28:30.86 ID:lmhY3kQv0


ユッケ?「分かってたのに!分かってたのに!!」

朋「いやーゴメンねユッkブフッ」

ユッケ?「謝るくらいなら笑わないで下さいよ!!」

P「いやー悪い悪いユッk…ユッケちゃん、ユッコ食うか?」

ユッケちゃん「逆です逆!悪いと思ってるなら笑わないで下さいってば!!」

朋「ユッケチャンって何か調味料みたいな響きよね」

ユッケチャン「確かにちょっと香辛料チックではありますけど!」

P「ドーモ。ユッケ=チャン。モバPです」

ユッケ=チャン「じゃーかしいです!!」

朋「ユッコちゃん、ユッケ食べる?」

ユッコ「いただきます!!」

31:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:30:14.25 ID:lmhY3kQv0


P「なんとか平らげた…」

朋「これはちょっとしばらくレッスンきつめにやらないと大変だわ…」

ユッコ「サイキック脂肪燃焼の訓練を積まねば…」

P「まーとりあえずお腹膨れたし少し休憩したら――――――」

32:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:31:34.16 ID:lmhY3kQv0


アッシャースコッチャトクセンカーッビッシャース
オソクナッテモーシャーッセー

P「あっ」

朋「あっ」

ユッコ「あっ」



朋「忘れてたわ特選カルビ盛り」

ユッコ「立派なお肉ですね、今でなければ最高に美味しそうなんですが」

P「サシも尋常じゃないな、わーいわーい」

三人「わーいわーい」



三バカ「どうしよう」

33:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:32:47.97 ID:lmhY3kQv0


P「朋」

朋「ゴメン今突然持病の頭痛が…」

P「お腹抑えながら言っても信用ならんぞ」

P「ユッコ」

ユッコ「すいません今突然持病のサイキック分不足が…」

P「サイキック分不足が持病かよしっかりしろよエスパーアイドル」

P「P」

P「すいません今突然持病の10連ガチャ病が…」

P「そうかそうか、養生して過ごせよ」

34:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:33:49.16 ID:lmhY3kQv0


P「…」

朋「……」

ユッコ「………」



「「「じゃーんけーん!!」」」

35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:35:05.93 ID:lmhY3kQv0


ユッコ「サイキックヴィクトリーです」

朋「また勝ってしまったわ、敗北を知りたい」

P「」


―――――――――――――

P「まあさすがにアイドルを腹痛で休ませるわけにはいかないからな…」ジュージュー

ユッコ「それじゃんけんで負ける前に言ってれば良かったんじゃないですか?」

P「それだけは出来ねえ!!!」

朋「そんな力一杯否定しなくても…」

36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:37:11.16 ID:lmhY3kQv0


※以下Pの断末魔でお送りします


P「食べれないってのはね、嘘吐きの言葉なんです」

P「カルビなんか怖かねえええええ!ヤロオオオオオオオブクラッシャアアアアアア!!!」

P「どこまで食っても油油と、お前ら肉として恥ずかしくないのか!」

P「あれは…カルビかな?いやカルビはもっと、バーってなるもんな…」



P「   にく うま 」

37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:38:38.20 ID:lmhY3kQv0


P「」チーン

朋「……すごいお腹だ」

ユッコ「今更ですけど残すって選択肢もありましたよね、お店には申し訳ありませんが」

朋「残す勇気、健康には換えられないしね…」

ユッコ「今回はさすがに想定外でしたからね、次のプロデューサーは上手くやってくれるでしょう」

P「…まだだ、まだ終わらんよ……」

朋「あっ生きてた」

ユッコ「大丈夫ですか?歩けますか?それとも転がりますか?」

P「その二つを等価で選択肢に置くのはどうかと思う」ウプ…

38:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:40:06.97 ID:lmhY3kQv0


朋「とりあえず歩けそうね、じゃあ帰りましょ」

P「あれ?お会計は?」

ユッコ「朋さんが出してくれましたよ」

朋「領収書貰ったからちゃんと精算しましょうね」

ユッコ「きっちりしてますねぇ…」

朋「さすがに全額負担は財布に大打撃なもんで…」


P「………ふじとも」

朋「ん?」

P「結婚しよ」

朋「はいはい相手がいなかったらねー」

ユッコ「あっずるい、朋さんは私も欲しいです」

朋「欲しいって物じゃないんだから…」

39:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:41:49.20 ID:lmhY3kQv0


ユッコ「ミステリアスガールズがある限り私達の絆は断ち切れませんよ!」

P「なら仕事持ってこない」

ユッコ「横暴過ぎます!!」

P「じゃあ解散」

ユッコ「それだけは勘弁してください、何でもサイキックしますから」

朋「何でもサイキックって何よ?」

ヤンヤヤンヤヤイノヤイノ

40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/04/02(土) 17:44:13.71 ID:lmhY3kQv0


―――――――――――――――

後日。

P「きょーおのお昼はどうしよっかなー」

ちひろ「♪~」

P「おっちひろさんご機嫌ですね」

ちひろ「えっへへー分かっちゃいます?実はちょっとお昼ご飯奮発しちゃったんです!」

P「……まさか」



ちひろ「ジャッジャーン!!!特選カルビ弁当でーす!!!」

P「アイエエエエ!!カルビ!?カルビナンデエエエエエエエエ!!!?」


おしり

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS
STARLIGHT MASTER 01 
Snow WingsTHE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER 01 Snow Wings日本コロムビア(2016-03-29)5つ星のうち5.0Amazon.co.jpで詳細を見る

元スレ:モバP「焼肉を食べに行く」 - http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1459574607/