1:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 16:03:55.33 ID:xDSjdg/6O


hibiki_ganaha2

事務所

真「プロデューサー!おはようございます!」

P「おっ、真。おはよう。」

真「プロデューサー、この後時間ありますか?」

P「この後か?まぁ、少しは暇かな……」

真「じゃあ!前みたいにゲームセンターに行きませんか!?」

P「ゲームセンター…真、ハマったな?」

真「へへへ……」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1407395035

広告

3:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 16:09:57.74 ID:xDSjdg/6O


真「だってあのガンシューティングゲーム、結構楽しかったじゃないですか!」

P「まぁ、ハマったら最後、お金が尽きるまでやっちゃうんだよなぁ……」

真「でしょ!?」

真「しかも、最近新しく出たヤツも面白そうなんですよ!」

P「へぇ、何てやつ?」

真「ダークエスケープとかいうヤツで……」

P「ダークエスケープか……」

4:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 16:14:31.02 ID:xDSjdg/6O


ガチャ

響「……おっ、誰かいるな?」

響「はいさ………」

響(……いや、ちょっと待って…)

響(そうだ!急に出て来て皆を驚かそう!)

響(いっつも自分が驚かされてるからな!逆襲さー!)コソコソ

響(………ここなら、バレないはず)コソッ

P「いいな!響がいいよ!」

真「でしょ!?響が……」

響(??)

響(自分の話してるのか?)

5:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 16:18:19.09 ID:xDSjdg/6O


P「いいなー、本当に」

P「そんで、早く撃ってみたいなー」

響(!?)

響(う、撃つ!?)

響(な、何の話だ!?)

真「銃も撃ちやすい感じでしたよ!」

P「おぉ、そりゃあ楽しみだ」

響(銃……撃つ………)

響(ヒッ!?)

響(プロデューサー……まさか……)

響(じ、自分を銃で撃つ気じゃ……)

7:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 16:25:11.82 ID:xDSjdg/6O


響(そ、そんな……)ガクガク

P「しかし、ダークエスケープって、名前の響がいいなぁー」

真「確か名前の3Dって付いてましたよ?」

真「グイーンッて飛び出るんじゃないですか?」

響(えっ?な、なに?)ガクガク

響(ふ、震えてて、聞いてなかったぞ……)ガクガク

響(と、とにかく、隠れるのをやめて、2人の所に行って話を聞いてみなきゃ……)ゴソッ

P「へぇー」

P「じゃあ、飛び出て来た時に仕留めたいな」

響(!!!??)バッ

10:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 16:34:06.68 ID:xDSjdg/6O


響(い、今出たら、撃たれちゃうぞ……)ブルブル

P「早く撃ちたいなー」

真「プロデューサーの最高ってどれくらいなんですか?」

P「ん?今まで撃った中で最高の?」

響(か、過去にも人を撃った事あるのか!?)

P「えーっとな……確か……」

P「覚えてる限り、68000(ポイント)くらいかな……」

響(!!!!???)

響(そ、そんなに人を撃ったのか!?)

響(ぷ、プロデューサーは何者なんだ!?)ガクガク

真「へぇ!凄いじゃないですか!」

11:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 16:40:36.31 ID:xDSjdg/6O


響(な、何で真はそんな呑気に反応してるんだ!?)

響(国家レベルの犯罪者だぞ!?)

真「ボクはそれの半分くらいですよ~」

響(うぎゃーー!!同業者だったぞーー!!)

P「今度は交代でするんじゃなくて、2人一緒にしような」

真「へへへっ、いいですよ!2人プレイ!勝負です!」

響(さ、最悪だぞ……)

響(史上最強のガンマン2人が、タッグを組んじゃったぞ……)ガクガク

P「………それにしても、響遅いなー」

響(!!!??)

12:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 16:48:30.72 ID:xDSjdg/6O


真「呼んでるんですか?」

P「うん、響に渡したいものがあるって言ってね……」

響(そ、そうだぞ……)

響(だから今日は来たんだけど……)

響(この状況じゃ、どう見ても誘き出してるとしか思えないぞ……)ガクガク

真「響に何か渡すんですか?」

P「あぁ、これを」スッ

真「あっ、鉄砲………」

響(!!!!???)

響(ひ、ひぃ!!もっと、ちゃんとした所に隠れないと!!)タタタ

響(しゃ、社長室!これだぁ!)

ガチャッ

真「水鉄砲?」

P「合宿の時に、響が忘れててな……」

13:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 17:10:13.55 ID:xDSjdg/6O


響(はぁ……はぁ……)ハァハァ

響(そ、それで、鉄砲を自分に渡すって……?)ススッ

響(何とか、声や音は社長室からでもわかるな……)

真「懐かしいですね」

P「あぁ……小さい時はよくこれで遊んだなぁ」

響(あ、遊んだって……)ガクガク

P「俺、小さい時もうまかったんだぞ?」

P「よく友達を撃ったもんだ……」

響(と、友達を……撃つって……)ガクガク

P「当たったらあいつら、よく『ヒャァッ!』『イテッ!』『冷たっ!』とか叫んでたなぁ」

響(そんな軽い感じに叫んでたの!?)

響(というか、弾丸って当たったら冷たいのか!?)

16:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 17:19:15.03 ID:xDSjdg/6O


真「響も運動神経いいんだし、撃つの上手そうですよね?」

響(!!?)

響(自分、鉄砲なんて撃たないぞ!!)

P「そうだな……そうだ!」

P「今度、皆で海に行って、響と勝負しよう!」

真「あっ、いいなぁ!ボクも一緒にしたいです!」

響(うぎゃーーー!するわけないだろぉ!!)

響(ふ、2人の世界にはついていけないぞ!)

P「途中、俺達が響を集中狙いしたりして……」

響(ひっ!!)

真「ははは!そしたら響、『もう!ずるいぞ~!』とか言いそうですね!」

響(そんな呑気言わないぞ!必死に助けを乞うぞ!!)

19:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 17:25:04.05 ID:xDSjdg/6O


P「しっかし、響遅いなー」

P「響に渡して、早く撃ちたいのに……」

響(て、鉄砲を渡して、自分を撃つつもりなのか!?)

響(な、なにがしたいんだ!?プロデューサーは!?)

響(ま、まさか決闘でも……)ガクガク

真「ボクも早く一緒に撃ちたいなぁ…」

響(に、2対1!?)

真「近くに来てるかもしれませんね、見て来ます!」ダッ

P「!!!」

P「真!!待て!!」

真「えっ?」

P「………いるぞ……近くに」

響(!!!??)

20:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 17:30:50.11 ID:xDSjdg/6O


響(ば、ば、バレたぁ!?)

響(話なんて聞いてる場合じゃない!)

響(部屋の隅に隠れるぞ!!)タタタ

真「近くにって……響が?」

P「………いや、違う」

P「…………蚊、だ」

真「え?蚊?」

P「いま、耳をブーンって通る音が聴こえた」

真「そ、そんな、大げさに言わなくても……」

P「いや、最近の蚊は噛まれると凄く痒く……」

P「!!」

P「真!腕に乗ってる!」

真「え!?え!?」

21:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 17:35:01.80 ID:xDSjdg/6O


響(……………)

響(な、なかなか音沙汰ないぞ……)

響(どうしたんだろ……やっぱり、聞いちゃお)ススッ

P「動くな!!」

響(!!!!!????)

響(ば、ば、バレてたぁ!!)

P「動くな……じっとしてるんだ……」

響(う、うぅ……怖いぞ……)ガクガク

真「そ、そんな……」

P「静かにするんだ!!」

響(しゃ、喋ってないぞ!)

P「俺が……殺してやるからな……」

響(ひゃあぁぁあ!!)ガクガク

22:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 17:43:09.04 ID:xDSjdg/6O


P「さぁ……手を……」

真「は、はい……」スッ

響(手って……上げるん、だよね?)スッ

P「よし……じゃあ、行くぞ!」

響(ヒィ!)ビクッ

響(目を覚ましてぇ!!プロデューサー!)ブルブル

ペシィッ

響(……………)

響(…………え?)

響(な、何?今の音?)

P「ちぃっ!!外したか!!」

真「惜しかったですね……」

響(えっ!?今の銃声!?)

響(音ショボッっ!!)

24:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 17:51:57.87 ID:xDSjdg/6O


P「逃したか……次こそは……!」

響(えっ!?いや、自分いるぞ!?)

響(か、勘違いしてるのか……?)

響(よ、よかった、なら逃げるぞ!)

響(このまま、逃げ…………)

響(………………)

P「くそっ、遅く叩き過ぎたか……」

真「僕に構わずにもっと早く叩いてよかったのに……」

P「いやいや、大事なアイドルに傷何かを……」

ガチャッ

響「……………」

P「ん?あれっ?響?」

真「社長室にいたの?何でそんな所に……」

P「あっ、響。渡したいもんが……」

響「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁあん!!」グスッ

P&真「!!!?」

27:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 17:59:34.45 ID:xDSjdg/6O


P「えっ……泣っ……えっ!?何!?」

真「ひ、響!?どうしたの!?」

響「やだぞぉお!自分、皆と仲良くアイドルしたいぞぉお!!」グスッ

響「プロデューサぁ!!真ぉ!!」

響「もう人殺し何てやめてぇぇえ!!」グスッ

響「2人と……2人と、ずっと一緒にいたいんだぁぁぁあ!!」グスッ

響「765プロで……皆と一緒にぃ!!」グスッ

響「うわぁぁぁぁぁん!!えぇぇぇえん!!」グスッ

P&真「………………」

P「人………殺したか?俺達?」

真「あ、ありませんよ!!」

28:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 18:14:47.73 ID:xDSjdg/6O


1時間後

響「プロデューサー!真!早く行くぞ!」

P「まったく……さっきまでは勘違いに気付いて、顔真っ赤にさせて、枕に顔をうずめてたくせに……」

真「ゲームセンターに行くって言ったら、ついて来ちゃいましたね」

P「泣いたり笑ったり、元気なやつだなぁ……」

響「ふふん!自分、ガンシューティングゲームでも完璧な所、見せるぞ!」

真「よぉし、勝負だよ!響!」

P「長い勝負になりそうだな……」

32:◆p3yuNM37DY2014/08/07(木) 18:22:55.69 ID:xDSjdg/6O


次の日

春香「おっはよー!皆!」

春香「………あれ?いない……皆、奥かな?」スタスタ

春香「……あっ、皆ソファーに……おはよう、みん……」

響「昨日はいっぱい敵を撃ったぞ!」

真「プロデューサー、本当に撃つの上手いですね!」

P「まぁな。あの銃も撃ちやすかったしな」

P「しっかし、撃ったらあんなに血がブシャーッてなるとはな……」

響「うぅ~!自分、また撃ちたいぞ!次は100人は撃ちたいぞ!」

真「そうだね~……あっ、春香、おはよう!」

P「………春香?」

春香「」

春香「ひっひっ……」

春香「人殺しぃぃぃぃぃぃぃぃぃい!!」




THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny【限定盤CD+BD-A】THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 FINALE Destiny【限定盤CD+BD-A】日本コロムビア(2016-02-16)5つ星のうち4.8Amazon.co.jpで詳細を見る

元スレ:響「ぷ……プロデューサーが……自分を……殺……」 - SS速報VIP 過去ログ倉庫 - http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407395035/