1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 20:40:25.67 ID:bXYqxGJ1o


miho_nishizumi-03

眼鏡「>>3でもしたら」

角谷杏「わかりました! >>3ですね!」

SSWiki : http://ss.vip2ch.com/jmp/1458646815

広告

3:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 20:44:39.63 ID:zQITgUzRo


ボコミュージアムを黒字にする

6:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 20:49:05.87 ID:bXYqxGJ1o


杏「というわけで、ボコミュージアムを黒字にするぞ」

みほ「……」キラキラ

沙織「みぽりんは乗り気だけど……」

華「あの寂れ具合からすると、相当難しいかと」

麻子「無理だろう」

優花里「みなさん! ここはこの、秋山優花里にお任せを!」

沙織「何かいい考えがあるの?」

優花里「>>7ですよ!」

7:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 20:50:05.99 ID:egNPFLwU0


無い

9:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 20:54:40.30 ID:bXYqxGJ1o


優花里「無いですよ!」

麻子「怒るぞ」

沙織「じゃあなんで、任せてとか言っちゃうわけー?」

優花里「まあまあみなさん。確かに私には案はありませんが、私たちには頼れる仲間がいるじゃないですか」

華「もしかして、大洗の他の生徒に聞いてみるのですか?」

優花里「ええ。それ以外にも、他の高校の洗車道をやってる方にアドバイスをもとめるのもいいと思うんです」

みほ「そうか。みんなにアイデアを求めたら、いい考えもでるかも知れないね」

杏「よし、じゃあまずは>>12に聞いてみよう」

12:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 20:55:50.80 ID:GI69wYzWO


プラウダ

15:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 20:59:45.28 ID:bXYqxGJ1o


杏「よし、じゃあまずはプラウダに聞いてみよう」

みほ「プラウダ高校……ですか」

沙織「どこだっけ?」

優花里「奇港は青森ですが、たしかちょうど近くの海を航行中ですよ」

華「偶然ですわね」

麻子「都合よすぎる」

杏「じゃあ連絡しとくから、あんこうチームのみんなで入ってきてよーん」

みほ「はい!」

17:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:04:51.44 ID:bXYqxGJ1o


――プラウダ高校学園艦――

みほ「というわけなんです」

優花里「何かいいアイデアがあったら、うかがいたいのですが」

カチューシャ「ボコミュージアムを黒字にねえ」

華「やはり難しいでしょうか?」

カチューシャ「そんなことないわよ! プラウダは実業系高校なんだから、そういう商業的な事はお手の物よ」

沙織「おおー、頼もしい」

カチューシャ「そうね……まずは>>20からね!」

20:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:06:59.85 ID:iGAw1XHOO


ヱロ要素

23:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:10:33.12 ID:bXYqxGJ1o


カチューシャ「そうね……まずはヱロ要素からね!」

みほ「え、えろようそ……////」

沙織「ちょ、ちょっと! なんてこと言い出すのよ!」

カチューシャ「あなたたち、なんにも知らないのね。ヱロ要素は重要よ! ヱロ要素さえあれば、お客なんてドンドン来るんだから」

華「そうかも知れませんが……////」

優花里「私たち、そういうのにはちょっとうとくて……////」

麻子「////」

カチューシャ「仕方ないわね。とりあえず、名前をボコミュージアムからパコミュージアムに変更するのよ」

24:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:15:22.89 ID:bXYqxGJ1o


麻子「とりあえず、不自然な名称変更ではないな」

カチューシャ「でしょ?」

華「待って下さい。そうするとメインキャラクターのボコさんは?」

カチューシャ「当然、パコられグマのパコに変更よ」

みほ「いやあああぁぁぁ!!!」

麻子「テーマソングはどうなる?」

カチューシャ「姦ってやーる♪ 姦ってやーる♪姦ーってやるぜー♪」

優花里「それはちょっと……」

26:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:17:55.38 ID:bXYqxGJ1o


カチューシャ「じゃあ他に方法があるっていうの?」

みほ「どうしよう……」ヒソヒソ

優花里「このまま任せていいのかな?」ヒソヒソ

華「ちょっと妖しい雰囲気ですわね」ヒソヒソ

麻子「ここは……>>28しよう」ヒソヒソ

28:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:20:12.68 ID:NoWhcV6Fo


ノンナにチクる

35:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:24:22.78 ID:bXYqxGJ1o


麻子「ここは……ノンナにチクることにしよう」

華「そうですね。ノンナさんは、カチューシャさんのお目付役みたいな感じですものね」

みほ「私、呼んできます」

ノンナ「あら、大洗のみなさん。プリヴェッ」

沙織「呼ぶ前に来てくれた」

ノンナ「?」

優花里「あ、あのですね。実はカチューシャさんが……」

36:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:28:28.43 ID:bXYqxGJ1o


カチューシャ「無駄よ、あなたたち」

優花里「えっ!?」

カチューシャ「ノンナは私の事信頼してるの。私が雪が黒いと言ったら、ノンナも黒いって言うぐらいよ」

ノンナ「はい」

麻子「そこは否定して欲しい」

カチューシャ「私がヱロいと言ったら、ノンナもヱロいって言うぐらいよ」

みほ「なんで言い直したんですか!?」

37:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:30:30.78 ID:bXYqxGJ1o


カチューシャ「とにかく、ノンナも私と同意見なのよ」

ノンナ「はい」

みほ「ど、どうしよう……」ヒソヒソ

優花里「このまま任せていいのかな?」ヒソヒソ

華「ちょっと妖しい雰囲気ですわね」ヒソヒソ

麻子「ここは……>>40しよう」ヒソヒソ

40:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:32:11.67 ID:OYt9JvKiO


無かったことに

43:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:36:16.11 ID:bXYqxGJ1o


麻子「ここは……無かったことにしよう」

みほ「そうだね。私たちまだ未成年だし」

優花里「プラウダのみなさんには申し訳ありませんけど」

沙織「そうそう。お嫁に行けなくなっちゃうよ」

華「行く予定、あるんですか?」

麻子「悪いが失礼する。他の人の意見も聞きたいから」

カチューシャ「あらそう。気が変わったらいつでも協力するわね」

みほ「あ、は、はい……」

44:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:38:12.09 ID:bXYqxGJ1o


麻子「なんのために来たのか、わからない」

華「しかたありませんわ」

沙織「次のトコに行こうよ」

優花里「次の所……どこにします?」

みほ「それじゃあ……>>48に行こうよ」

48:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:39:42.15 ID:2x2UenfYo


継続

49:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:43:30.96 ID:bXYqxGJ1o


みほ「それじゃあ……継続高校に行こうよ」

華「継続高校……ですか? 確か結構強い高校なんですよね」

みほ「うん。黒森峰にいた時に、あやうく負けそうになっちゃったんだ」

沙織「それってどこにあるの?」

優花里「石川が帰港ですけど、日本中をさすらってるらしいですよ」

麻子「風天か」

アキ「あれ? 確かあなた達は、大洗女子の人じゃないですか?」

51:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:46:38.09 ID:bXYqxGJ1o


みほ「あ、お久しぶりです。私、前に対戦したことのある西住みほです。前は黒森峰でしたけど」

アキ「あー。久しぶり」

華「実は私たち、困っていまして」

アキ「?」

優花里「ボコミュージアムを黒字にしないと、私たちの学校は廃校になっちゃうんです」

ミカ「話は聞かせてもらったよ」ボロロン

麻子「びっくりした」

ミカ「それなら……>>55したらいいんじゃないかな」

55:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:48:30.86 ID:UVC7h7cdo


有料駐車場に

62:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:53:23.83 ID:bXYqxGJ1o


ミカ「それなら……有料駐車場にしたらいいんじゃないかな」

沙織「駐車場を有料に?」

優花里「しかしそれでは、かえって客足が遠のくのでは?」

麻子「まずは客が来ないと始まらないと思う」

華「ええ。駐車場が有料では、来るお客さんも来ないのでは?」

ミカ「来ればいいってもんじゃないんじゃないかな……」ボロロン

みほ「……」

63:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:57:52.08 ID:bXYqxGJ1o


アキ「ご、ごめんね。ミカっていっつもこうなの」

麻子「ちょっと浮き世離れしているな」

アキ「こんなだから、予算とかそういうの全然考えてくれなくて……」

沙織「苦労してるんだ」

アキ「なにかあったら謝るのはいつも私で」

ミカ「謝ればいいってもんじゃないんじゃないかな……」ボロロン

アキ「……みたいな態度だから、謝っても許してもらえなかったり」

ミカ「泣いて土下座をすればいいんじゃないかな……」ボロロン

アキ「……」キッ

華「困りましたね。これでは相談になりません」

優花里「早々においとまして、>>65に向かいましょう」

65:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 21:59:01.85 ID:ECEfjbvNO


黒森峰

68:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:03:02.58 ID:bXYqxGJ1o


優花里「早々においとまして、黒森峰に向かいましょう」

みほ「え? 黒森峰に?」

華「まあ。いい考えですわ」

沙織「みぽりんが前にいた学校、行ってみたいよね」

麻子「興味ある」

みほ「いいけど……」

69:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:07:18.26 ID:bXYqxGJ1o


――黒森峰――

みほ「なんだか懐かしいけど、ちょっと居心地悪いというか、なんというか……」

沙織「とりあえずどうする?」

優花里「まずは西住殿のお姉さんに、会いに行きましょう」

華「そうですわね」

麻子「ちょっと聞いてみよう。ちょっと聞きたいが……」

エリカ「え? あ!」

沙織「えりりん。ひっさしぶりー」

エリカ「誰がえりりん、よ。変な名前で呼ばないで」

優花里「ちょっうど良かった。西住まほ殿は、今どちらに?」

エリカ「隊長なら今、>>75だけど」

75:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:10:56.41 ID:UVC7h7cdo


みほの部屋で発電中

78:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:14:08.36 ID:bXYqxGJ1o


エリカ「隊長なら今、副隊長……あら、元でしたね……の部屋で発電中 だけど」

みほ「えっ!?」

エリカ「行くなら家元に見つからないように、せいぜい気をつけることね」

優花里「……」

華「……」

沙織「……」

麻子「……」

みほ「た、だふん冗談だよ。エリカさんの冗談」

80:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:19:45.00 ID:bXYqxGJ1o


――西住邸――

みほ「私の部屋の前まで来たけど、お姉ちゃん本当に中に……」

まほ「みほ! みほ! みほぉぉおおおわぁああああああああああああああああああああああん!!! あぁああああ……ああ……あっあっー! あぁああああああ!!!みほみほみほぉおおぉわぁああああ!!!」

みほ「ほんとにやってないでよお姉ちゃん!」

まほ「ハッ! みほ……? みほの幻覚が……?」

麻子「本物だ」

まほ「も、もしかして……見たか?」

優花里「はい」

沙織「バッチリ」

まほ「こ、この事は内密に……」

華「じゃあ……>>82をしていただきましょうか」

82:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:20:40.30 ID:zQITgUzRo


ヤークトティーガーを寄付

88:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:23:44.03 ID:bXYqxGJ1o


華「じゃあ……ヤークトティーガーを寄付していただきましょうか」

まほ「なっ! あれは黒森峰のもので、私の私物では……」

華「では先程の事を……」

まほ「わ、わかった!」

90:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:26:19.11 ID:bXYqxGJ1o


沙織「というわけで、ヤークトティーガーをゲットしたけど」

麻子「これ、どうするんだ?」

華「シュトゥルムティーガーの方が良かったかしら」

みほ「いえ。どちらにしても、ボコミュージアムの黒字には結びつかないんじゃあ……」

優花里「ヤークトティーガー……えへへ」スリスリ

華「いえ、このヤークトティーガーを>>93するのです」

93:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:28:17.55 ID:ECEfjbvNO


ボコミュージアムの目玉アトラクションに

95:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:32:36.18 ID:bXYqxGJ1o


華「いえ、このヤークトティーガーをボコミュージアムの目玉アトラクションにするのです」

優花里「なるほど! これはいけそうです」

みほ「確かにヤークトティーガーはちょっと珍しいけど、どうアトラクションに?」

華「それはもちろん……ふふっ」

みほ「?」

96:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします2016/03/22(火) 22:43:41.68 ID:bXYqxGJ1o


――ボコミュージアム――

ボコ「うぎゃあああぁぁぁあああぁぁぁ!!!」

ズガーン

ボコ「ぎゃあああぁぁぁあああぁぁぁあああ!!!」

杏「いやー。大好評だよ。ボコを戦車でボコるアトラクション」

沙織「なんかちょっと罪悪感が……」

麻子「もはやボコじゃなくて、ボロだな」

優花里「あはは……でも……ほら」

みほ「これが……これこそがボコだから!」キラキラ

優花里「西住殿があんなによろこんでいるんですから」

みほ「あ、じゃあ次のあなた。どうぞ」

愛里寿「このアトラクション最高……お母様に頼んで、買ってもらおう……」

杏「なんだかわからんが、謎の資金介入があってボコミュージアム、黒字達成だ!」

眼鏡「馬鹿な……」

杏「これで廃校はなくなった!」


お わ り

【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]【Amazon.co.jp限定】 ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) (戦車トークCD付) [Blu-ray]バンダイビジュアル(2016-05-27)5つ星のうち4.8Amazon.co.jpで詳細を見る

元スレ:【安価】西住しほ「どうすれば認めていただけますか?」眼鏡「まあ……」【ガルパン】 - http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1458646815/